美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.01.31

アイリスト

アイリストのスランプ時期対処法

悩みを抱える女性
人間なら誰しもスランプはあります。アイリストとして、日々まつげやお客様の美意識に真摯に向き合っている方ほど、知らず知らずのうちに自分を追い込んでしまうこともあるかもしれません。

アイリストとしてのスランプとその影響

ただ、「スランプ」という言葉にとらわれて、施術の効率やクオリティを落としてしまうと、さらにスランプの深みに入ってしまう危険性があります。これはアイリストという技術者としても、一人の人間としても精神的に大きな悪影響を及ぼしかねません。
 
スランプが続くと、施術にも影響が出てしまい、お客様のご要望にお応えできなくなってしまいます。お客様は施術中、目をつぶってアイリストに身をゆだねていますから、あなたが自信をもって施術を進められなければ、不安に思われるでしょう。
 
大きく要望から外れていたり、グルーが染みて痛い思いをされたり、帰宅後すぐ取れてしまったりなどはクレームにもつながり、お店の評判も落としてしまいます。一人のアイリストとして、サロンの看板を背負っていることは忘れないようにしましょう。

スランプへの対処法

友人と話す女性
スランプに陥ると、ついついマイナス方向に意識が向かってしまいます。友人や家族に相談したり、お休みをとってリフレッシュしたり、ゆっくり過ごしてみるのも良いでしょう。
 
それでもスランプが続くようであれば、一度お店の同僚や先輩に施術内容をチェックしてもらう手もあります。
 
スランプになっている原因は案外、早くスキルアップがしたいととりあえず多くの施術をこなしてきた結果、自己流で施術を進めてしまう点にあるかもしれません。
 
慣れてくると誰もが自己流に憧れたり、自分なりのやりやすい方法を選ぼうとしますが、実はとても危険な行為。場合によっては事故につながったり、クレームの元となってしまいます。
 
一度同じアイリストの視点から施術内容をチェックしてもらい、自己流になっていないか、余計な動きをしていないか見てもらいましょう。
 
自己流になっているようであれば、またお店のマニュアルを読んだり、講座の教材を読んだりと基本を復習することをおすすめします。
 
基礎から学びなおすことで余計な力が入っていた部分のガス抜きになり、スランプ脱却やスキルアップにつながります。

技術の問題以外の原因

またスランプの原因は、自分自身の技術とツールの相性が合っていないことで起きているかもしれません。施術に使う道具を見直して、新しい道具を探してみることも視点が変わってスランプ脱出への発見があるかもしれません。

スランプはステップアップのチャンス

f0030_20170131_3
スランプは、初心に立ち戻るきっかけでもあります。アイリストを目指していた頃の気持ちを思い出しましょう。今までの自分をリセットする意味で、初歩的な練習を重ねてみるのも良いでしょう。
 
スランプに陥っている自分をきちんと認め、素直な気持ちで取り組むことが大切です。新たな自分の発見や、アイリストとして成長のきっかけなるといいですね。
 
自信あふれるアイリストは、お客様の立場から見てとても魅力的な存在です。自分の価値を高めるためにも、メンタル面でのセルフコントロールはとても重要です。スランプがひどくなる前に時には人の助けを借りて、心身ともに健康な状態を保ちましょう。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。