美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.02.27

アイリスト

売上に直結するアイリストの販促について

SNSを確認する女性
アイリストが食べていくには、上手に販促をして売上を上げなければなりません。とはいえ、アイリストは技術力と対話力が命の職業ですので、分からない部分もあるでしょう。
 
今回はアイリストが売上を上げるために大切にしたいツールや使い方を紹介していきます。

自分のお店のホームページ

ホームページに関しては比較的多くのサロンが持っているかと思います。ですが、ホームページが「24時間働き続けてくれる優秀な営業マン」になることを知っているサロンの担当者は少なく、またあまり対策をしていないサロンがほとんどでしょう。
 
ホームページではお店の詳細な情報を掲載して、その店名で検索した人がお店に来てくれるよう工夫しましょう。
 
また、各IT企業が提供している無料のブログサービスを活用しているお店も少なくありません。サロンに紐付けた顧客のちょっとした悩みに応えるコンテンツを発信して、集客をして売上を上げるという手法もあります。

クーポンサイト

クーポン
大手クーポンサイトの中でも美容情報に特化したサイトでは、「サロンの施術を安い料金で受けたい」と願っている顧客が自分に合ったサロンを探しています。
 
利用者数が多く、サロンが増えた今日では最もポピュラーなサロンの探し方となっていますが、競合店が多いため価格競争を強いられているケースが非常に多いです。
 
価格が低ければ低い程集客しやすくなり、高くなれば高くなるほど集客しづらくなるという分かりやすくも残酷な世界があります。しかし、回転率を高めてしっかり準備すれば新規顧客からリピーターをゲットできるチャンスとして生かせます。

SNS

打合せ風景
写真を気軽にアップしたり、友人や他人のアップした有益情報を拡散したり、世は正にSNS全盛期。これらのSNSを活用しない手はありません。
 
サロン内装やイベント、キャンペーンやスタッフの様子など、写真の定期的な投稿、地域の見込み客への積極的なアプローチが気軽に発信できます。まつ毛のセルフケア方法や舞台裏に関する投稿でファンを増やし、集客をすることができます。
 
ブログと連携させて、そのブログの集客用として活用するのも悪くありません。その場合は別の集客術を使用した方が効果を発揮できるようになるため、始めるのであれば目的をハッキリさせてから始めましょう。

ITでの集客術を把握することが大切

アイリストが販促で売上を上げたいのであれば、ITでの集客術を把握して実際に活用し、それを評価して更なる改善につなげる、この一連の流れが大事になってきます。
 
地域によっては近隣住民へのビラ配りも有効ですが、都市部になればなるほど効き目がなくなってきます。
 
ITのあの字も知らない、というサロン担当者は、まずそれぞれのITツールについて知ることから始めてみましょう。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。