美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.03.28

作成:2017.03.14

アイリスト

まつ毛の寿命をのばす行動とは?

まつ毛のしっかりした女性
人間の体には、肌のターンオーバーのように、古い物が新しく生まれ変わっていく仕組みが色々あります。
 
そのような仕組みの中の1つとして、実はまつ毛も生まれ変わっています。今回は、まつ毛の生え変わり周期の事や、抜けるまでの期間を長くする行動についてご紹介しましょう。

まつ毛の仕組み

髪の毛の寿命は一般的に、2~6年と言われています。これを聞くと、まつ毛の寿命も長そうなイメージを持つかもしれませんが、実際のまつ毛の寿命は3~5ヶ月程度だそうです。もう少し具体的に言えば、まつ毛が生え始めてから1~3ヶ月間は少しずつ伸び続けます。ある程度伸びると成長は止まり、2~4ヶ月間その状態を維持しているような仕組みになっています。
 
また、まつ毛が短い人が悩んで、「まつ毛を切ると伸びる(濃くなる)」というような噂を信じ、実践している人もいるかもしれません。しかしこれは間違った事実ですので、自然に任せるようにしましょう。
 
それでも、女性であればまつ毛を濃くしたり、長くしたりしたいと思うものですよね。まつ毛エクステを付けたり、マスカラを重ね付けしたりする方が多いと思いますが、今回は自まつ毛をボリュームアップさせたい方に、まつ毛を多く見せる方法をご紹介します。
 
それが「まつ毛の寿命を長くする」という方法です。まつ毛の寿命が短く、すぐに抜けてしまうと、それだけ全体のボリュームも減ります。また、寿命が長いということは、健康でしっかりとしたまつ毛なのです。
 
細くて今にも抜けてしまいそうなまつ毛ではなく、太くしっかりとコシのあるまつ毛は、本数が同じだとしても、見た目が全然違いますよね。
化粧の濃い女性

まつ毛への負担を減らそう

まつ毛の寿命を長くする為には、まつ毛への負担を減らす必要があります。
 
日常生活の中でまつ毛に負担をかけてしまいがちな事は沢山あります。

  • 目をゴシゴシ擦る
  • メイクをしたまま眠る
  • メイクを落とし残す
  • ビューラーのゴムを長期間変えていない
  • うつ伏せ寝
  • 夜更かし
  • 栄養不足
  • ストレス

これらの行動に心当たりはありませんか?
 
まつ毛は皮膚表面の浅い部分に生えていますので、肌を刺激するような行動は基本的にNGです。
 
ビューラーのゴムも、古くなってくると硬くなり、負担が大きくなるので毎日使う方であれば1~2ヶ月程度で交換する事をオススメします。また、まつ毛も体の一部ですので、栄養や休息が必要です。まつ毛の為にも、体の為にも規則正しい生活と、バランス良く栄養を摂ると良いですね。
ビューラー

まつ毛の寿命を伸ばす為にできる事

まず1番大切なのは、上記のようにまつ毛への負担を減らす事です。
 
目は強く擦らない、アイメイクはきっちり落とす、ビューラーのゴムを定期的に変える、まつ毛に栄養を与えるといった行動は、基本的に毎日意識して行いましょう。
 
また、アイメイクはポイントメイク専用のリムーバーで優しく落とすと負担を小さく、メイクオフできます。また、まつ毛美容液等を使用する事や、まぶたの血行促進をする事もオススメです。
 
できれば、湯船に浸かりながら目の周りを優しくマッサージすると良いですが、時間がない場合は手のひらで温めたり、ホットマスクをしたりするといいでしょう。
 
いきなり全て実践する事は難しいかもしれませんが、少しずつまつ毛の為に行動できるよう心がけましょう。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。