美容スペシャリストな自分になるために

更新:2019.03.25

作成:2017.03.24

アイリスト

アイメイクですだれまつげの魅力を引き出す

下を向く美女
 

上まつげが下向きに生えていると、ビューラーでカールしてもすぐに取れてしまうのが悩みの種です。それなら「すだれまつげ」を活かして魅力的な目元に変えてしまいましょう。すだれまつげに合う大人のアイメイクを紹介します。

すだれまつげが魅力的に見える機会は多い

日本人の大半は、上まつげが水平よりも下向きに生えています。いわゆる「すだれまつげ」です。水平よりも上向きに生える欧米人と違って、カールさせるにはビューラーを使わなければいけません。ビューラーは強い力をかけて癖をつけるので、まつげに大きな負担をかけます。それでいてカールは長持ちしません。

 

ですが、すだれまつげにはメリットがあるのです。それは「伏し目」が美しく見えることです。誰かに目元を見られる時は、上や横など伏し目がちになる角度が多く、何らかのタイミングで視線を落とした時も、必ず伏し目になります。正面から見られる機会は意外と少ないので、「伏し目」が美しく見えることは女性の武器でもあるのです。

 

また、伏し目はアンニュイな大人の色気を醸し出してくれます。目に影ができるので、三白眼など白目の多さもカバーしてくれます。カールしてパッチリした目元は、確かに目が大きく見えて魅力的ですが、目力があるので気の強さも感じさせてしまいます。奥ゆかしさがある伏し目の方が男性受けは良いようです。

すだれまつげを引き立てるアイメイク

メイクをされる人
 

伏し目の要であるすだれまつげを作るには、マスカラを活用します。1本ずつきれいに分かれる「セパレートタイプ」が最適です。自分のまつげが短ければ「ロングタイプ」で伸ばします。コームタイプのブラシで梳かしながらつけましょう。

 

すだれまつげにする時のアイメイクは、ナチュラルに仕上げるのが基本です。まぶたのシャドウは、ベージュやピンクなど肌に近い色を選びます。アイラインは、ペンシルでまつげの隙間を埋める程度で十分です。眉毛もブラシで柔らかく描きます。

 

エクステですだれまつげにするなら、太さが0.15mm以下で、カールを抑えた「Jカール」が合っています。不自然にならないように、クロスタイプや毛束になっているものは避けましょう。長くするのが目的なので、本数は控えめに両目で30~40本くらいにします。

 

もちろん、自分のまつげですだれまつげを作れるのが理想です。まつげが長く成長するように、美容液を塗ってケアしましょう。同時に、ゴシゴシこすって抜けないように注意します。

すだれまつげで無理をしない美しさを目指そう

メイク用具
 

すだれまつげで作る伏し目からは、自然で無理をしない大人の美しさを感じさせます。ビューラーでカールさせる手間も省けるのでアイメイクの時短にもなり、まつげが傷む心配もありません。美容液でケアすれば、よりきれいで長いすだれまつげになりますよ。

 

もちろん、魅力を引き立てるにはマスカラやシャドウなどを効果的に使ったアイメイクをしなければいけません。様々なアイメイクを駆使して、自分に合った伏し目を見つけてみましょう。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。