美容スペシャリストな自分になるために

保険適用で下まつ毛手術を受けるには


 

「逆さまつ毛」は、まつ毛が目の内側に向かって生える症状です。特に下まつ毛の逆さまつ毛はチクチクと痛みます。手術で改善する方法ももちろんありますが、健康保険は適用されるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

逆さまつ毛の種類とその原因

逆さまつ毛には、「眼瞼内反症」「睫毛乱生」の2種類があります。前者はまつ毛が生えるまぶたの縁が、皮膚の厚さや過剰な皮下脂肪によって内側を向いており、後者は本来外側に向かうまつ毛が、毛根の異常で内側に向いています。

 

どちらも子供の頃に発症することが多く、成長に伴い自然と治る可能性があります。逆に、高齢になってからまぶたが弛んだり、目の周りの筋肉が衰えたりするなどして眼瞼内反症になり、逆さまつ毛になるケースもあります。

まずは様子見~逆さまつ毛の治療法~

逆さまつ毛が眼球に触れていると、角膜を刺激して傷つけてしまい、そこに細菌が入り込むと視力の低下や失明の恐れがあります。そのため逆さまつ毛の治療は、まず角膜の炎症を防ぐ目薬を点眼して様子を見ます。

 

それでも治らなければ、問題のあるまつ毛を抜いたり、ビューラーでカールしたり、まつ毛パーマをかけたりして眼球に当たるのを防ぎます。まつ毛を永久脱毛したり、毛根を破壊したりする方法もあります。

 

かつては手術を受けることは最終手段でした。ただし、最近では短時間で簡単に手術を受けることが出来るため、脱毛やまつ毛パーマではなく手術という逆さまつ毛治療法を選択する人も増えているのです。

逆さまつ毛の手術の種類と流れ

治療台
 

逆さまつ毛の手術は、まぶたを縫い合わせる「埋没法」や、まぶたの皮膚を切る「切開法」でまつ毛が生える向きを調節します。ただし、埋没法ができるのは上まつ毛だけです。下まつ毛は切開法になり余分な皮膚を切除します。

 

逆さまつ毛の手術、と聞いても具体的にどんな流れで治療を進めていくのかが想像できない人も多いでしょう。まずは手術の流れを知って、不安なく治療を始められるようにしましょう。

1、病院の決定・予約

美容外科・眼科・形成外科など、逆さまつ毛の治療を行っている病院は多く存在します。手術の方法や費用も病院によって異なるため、まずはどこの病院で治療を受けるかを決定しましょう。病院が決定したら、希望の日時で予約を入れます。

2、カウンセリング

予約当日は、今の眼球の状態を確認した上で、手術のリスクや治療の進め方などの説明を受けます。説明された内容に同意をし、自分の希望の手術方法を選択したら、いよいよ手術を開始します。

3、手術開始

手術の方法にはいくつかありますが、1時間程度で終えられるものがほとんど。いずれの場合も、日帰りで手術を受けて帰宅をすることができます。

4、手術終了後

手術終了後は、麻酔が完全に切れるのを待ってから帰宅します。帰宅前に痛み止めや抗生剤などを処方され、帰宅後の過ごし方についても医師から説明があります。

 

手術当日からシャワーを浴びることが可能であり、顔にお湯をつけなければお風呂に入ることも可能です。洗顔はお湯ではなく冷水で行い、目をこすらないように気を付けましょう。化粧水や乳液を使用することも可能ですが、目の周りは避けてメイクをすることが必要。

5、抜糸

通常1週間程度で抜糸をすることができます。抜糸をする時点で大分傷口は塞がっていますが、念のため抜糸当日はアイメイクを避けましょう。人によっては内出血が生じる場合もあるものの、数日で収まることがほとんど。

6、経過確認

1か月程度で腫れや痛みは完全に収まります。ただ、手術の傷跡が完治していないところに菌が入り込んで腫れが再発してしまうこともあるため、手術後数か月~半年程度は定期的に通院をしましょう。

その間も、手術前と変わらずにメイクをしたり入浴をしたりしても問題ありません。

下まつ毛に要注意!健康保険は適用されるの?

逆さまつ毛の手術で健康保険を適用するには、眼科や整形外科など健康保険が使える病院で受診をする必要があります。

 

もちろん、眼科や整形外科で受診をしても、下まつ毛の状態によっては保険が適用されないこともあります。ただし、眼瞼内反症や睫毛内反症といった疾患の場合は角膜や眼球を傷つけてしまう可能性が十分に考えられるので、健康保険が適用される割合が多数。

 

健康保険が適用されない場合や美容外科で手術を受ける場合は、10万円以上という高額な手術費用が必要になることもありますが、保険が適用されれば1万円以下で手術を受けることができますよ。

 

下まつ毛の場合はまつ毛自体の本数が少なかったり弱かったりして、逆さまつ毛なのかが自分で分からないこともあります。「なんだか目に下まつ毛が刺さりやすいな・・・」と感じたら、そのままにするのではなく一度病院に行って相談をしてみましょう。
違和感を持ったままで放置しておくと眼を傷つけてしまいかねないので、注意して下さいね!

大人の逆さまつ毛は手術した方が安全

顔を覆う
 

逆さまつ毛は目が不快なだけでなく、角膜を傷つける恐れがあります。幼い子供であれば成長に伴い治る可能性があるので様子を見るのが基本ですが、大人になっても改善しないようであれば、手術をする必要があります。

 

逆さまつ毛の手術は主流になってきているので、手術のリスクもとても低く、手術後の傷跡も目立たないようになっています。特に下まつ毛の場合は傷跡が残ることがほとんどないため、安心して手術を受けることができるはず。

 

チクチクとした目の痛みをずっと我慢するよりも、安価で安全に受けられる手術を受けてみても良いのでは?

この記事に関連するキーワード

アイリストの関連求人

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。