美容スペシャリストな自分になるために

更新:2019.01.30

作成:2017.03.14

アイリスト

まつ毛の痒みを引き起こすダニとは

メイクをする女性
 

まつ毛にはダニが発生しやすいと言われており、なんと5人に1人はまつ毛ダニがいるそうです。

 

そしてもしも、まつ毛ダニが発生していれば、目元に400万匹ものダニが生息している事になるそうです。

 

自分の目元に400万匹もダニがいるなんて、考えただけでも恐ろしいですよね。そのような事にならない為にも、ダニが発生する原因や症状、ダニを防ぐ方法をご紹介しましょう。

ダニが発生する原因・症状

草むらに寝そべる女性
 

ダニが発生する1番の原因は【汚れ】です。

 

アイメイクしたまま眠ってしまう・メイク落としが不十分・メイク道具が汚れている・目のキワまでアイラインを引く等の行為に心当たりはないでしょうか。

 

皮脂や汚れは、ダニにとってご馳走です。アイメイクをしたまま眠ったり、メイク落としが不十分だったりするのは、汚れて油の浮いたダニの好物を目元に付けているのと同じ事です。

 

そして、ビューラーやまつ毛コームのようなメイク道具が汚れていると、これらに発生している雑菌もダニのエサになってしまいます。

 

目のキワの、粘膜ギラギリまでアイラインを引いている人も多いと思いますが、ここはメイク落としがし辛い部分ですので、やはり残り汚れがダニのエサになってしまいます。

 

このような状態を続け、ダニが発生すると下記のような症状が出てくるかもしれません。

  • 目元(特に目のキワ)に痒みが生じる
  • まつ毛にフケが出はじめた
  • まつ毛が今までより抜けるようになった
  • ものもらいがよくできる

これらのような症状がよくみられる方はまつ毛のダニを疑い、あまりに症状が酷ければ眼科を受診しなければいけないかもしれません。

ダニを防ぐ方法

ダニを防ぐためには、とにかく目元を清潔に保つ必要があります。まず1番は、洗顔を丁寧に行う事です。

 

しかし「キレイにしなくちゃいけない」と、ゴシゴシと洗顔してしまうと乾燥し、余分に皮脂を発生させる原因にもなり兼ねませんので、アイメイク専用のリムーバーを使ったり、ダブル洗顔不要のメイク落としを使ったりするとよいですね。

 

そして可能であれば、アイメイクの休日を作ってあげ、その日は美容液でケアしてあげられると良いでしょう。

 

またアイシャンプーと呼ばれる、まつげ専用の洗浄液も最近では販売されていますので、アイメイクを休めない人はこれを使うようにすると良いでしょう。

まつ毛を清潔に保つと良い事

目元を気にする女性
 

まつ毛を清潔に保っていると、ダニを防ぐだけではなく、ドライアイや眼病予防にも繋がります。また、毛穴の汚れが減っている状態でまつ毛美容液を使用すると、美容液の浸透率が上がったり、まつ毛の育毛促進になったりするメリットもあります。

 

そしてまぶたも清潔になれば、メイク残しが原因のシワやたるみも予防する事にも繋がりますので「アイメイクを残さず落とす」という事を意識してメイク落としできると良いですね。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

アイリストの関連求人

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。