美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.03.22

アイリスト

人工まつ毛の材料からの選び方

まつ毛エクステ施術後の目
まつ毛のエクステには、天然素材から人工のものまで、様々な原料が使われています。それぞれにメリットやデメリットがあり、値段も違います。性質を理解した上で、どの原料を選べばいいのか、詳しく見ていきましょう。

まつ毛を目立たせたい時は安い人工毛のエクステ

値段の安いまつ毛ほど、ポリエステルやナイロンなど化学的に合成された人工毛が原料です。簡単に大量生産できるので、それだけ値段を抑えられます。もちろん実用性も優れており、熱や摩擦に強いので長持ちします。水分や油分に対する耐久性もあるので、メイクや洗顔も他の原料よりは気兼ねなくできます。
 
ただし、本物のまつ毛に比べると色や質感がはっきりしているので、地毛の状態によっては、エクステを付けていることが分かりやすくなってしまうデメリットがあります。逆にまつ毛を目立たせたい時には、その性質がメリットになるでしょう。

動物の毛のエクステは本物に近い質感が魅力

少し割高なまつ毛のエクステには、動物の毛などの天然素材が原料に使われています。代表的なのがシルク(蚕)、ミンク、セーブル(イタチまたはテン)です。人工毛より、本物のまつ毛に質感が近く、値段はシルク<ミンク<セーブルの順で高くなります。
 
シルクは固めで弾力があり、カールが長持ちします。ツヤがあってまとまりやすいので、少ない本数でも自然に仕上がるのがメリットです。ミンクは柔らかで軽く、まつ毛に負担をかけない付け心地が魅力です。独自のふさふさ感がゴージャスに見せてくれるでしょう。セーブルはしなやかで違和感が少ないので、より本物っぽく見せたい人向けです。
まつ毛の長い女性

人間の毛はまつ毛のエクステに使えるの?

高級な天然素材ほど、本物のまつ毛と馴染みやすいなら、人間の毛こそ最適なのではないかと考えるでしょう。確かに人間の毛も、まつ毛のエクステ作成の材料に使われています。もちろん、生きている人が切った髪の毛です。だからと言って、そのままエクステにしているわけではありません。消毒と洗浄を済ませて、繊維状に加工してから使用しています。これは他の天然素材も同じです。
 
人毛は本物と同じくらい自然ですが、値段の割に長持ちしないのがデメリットです。最近では、体毛の成分である「ケラチン」から人工毛を作る技術が研究されており、実用化されれば、本物と見間違うくらい自然で、実用性を兼ね備えたエクステが登場するかもしれません。

TPOに合わせてまつ毛エクステの原料を使い分けよう

まつ毛エクステのついた目
まつ毛のエクステは安価な人工毛が主流です。動物の毛など天然素材を使うほど、自然な質感になり、付け心地も良くなりますが、値段は高くなります。原料によって独自の性質があり、それぞれにふさわしいTPOがあるので、上手に使い分けましょう。
 
人間の毛を材料にすると最も本物に近くなりますが、持ちが悪いのが難点です。開発が進んで、毛の成分を活かした人工毛が登場すれば、より気軽にまつげのエクステを楽しめるようになるでしょう。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。