美容スペシャリストな自分になるために

更新:2019.03.28

作成:2017.03.27

アイリスト

まつ毛にできた寝ぐせは改善できる?

眠る
 

目が覚めたら、まつ毛があらぬ方に向いていたことはありませんか。髪の毛と同じく、まつ毛にも寝ぐせがつくのです。忙しい朝には困ってしまいますよね。どうすれば早く直せるのか、予防法と合わせて紹介します。

まつ毛は湿った状態で力が加わると寝ぐせになる

まつ毛に寝ぐせがつくのは、眠っている間に力が加わるからです。例えば、うつ伏せになって顔を枕に押しつけたり、無意識に目元をこすったりすると寝ぐせがつきやすくなります。どちらかと言えば、太くて硬いまつ毛ほど寝ぐせになりやすいようです。

 

特に夜は、洗顔や入浴でまつ毛が水分を多く含んだ状態になります。眠っている間も自然に流れる涙のせいで、まつ毛は湿りがちです。水分の中にある水素は乾く時に固まる習性があるため、そのタイミングで負荷がかかると寝ぐせがついてしまいます。

忙しい朝にまつ毛の寝ぐせをすぐ改善する方法

ついてしまった寝ぐせは、髪の毛と同じく水で濡らして改善します。まずは綿棒に水を含ませ、寝ぐせがついたまつ毛を根元から梳かします。コーム型のブラシで梳かすのは、途中で引っかかって抜ける原因になるので、無理は禁物です。あらかじめ蒸しタオルで目元を温めるとより効果的です。あとは自然に乾燥させます。

 

それでも解消されなければ、洗顔してまつ毛を濡らしホットビューラーで正しい向きに修正しましょう。あるいはマスカラの下地を、寝ぐせに逆らうようにつけて、その上からマスカラを二度づけすれば、重みで正しい方へ向くようになります。

 
目をつむる

まつ毛の寝ぐせは原因を遠ざけて予防しよう

まつ毛の寝ぐせを防ぐには、原因になることをしないのが一番です。うつ伏せで寝ないように、普通の枕と一緒に抱き枕を併用してみましょう。せいぜい横向きにしかならないため、顔が圧迫されるのを防いでくれます。腕が巻きついた状態になるので、目元に手が行きづらい状態にもなります。

 

夜に洗顔や入浴をしたら、必ず乾かしてから寝ます。十分にタオルドライして、残った水分はドライヤーの弱い冷風で飛ばします。生乾きで終わらせてはいけません。普段から洗顔後にまつ毛美容液やトリートメントを塗ってまつ毛をしなやかにすると、寝ぐせがつきづらくなるでしょう。

まとめ

まつ毛に寝ぐせがつくのは、水分が多い状態で力が加わるからです。うつ伏せで寝るのを防いだり、夜の洗顔や入浴後に十分乾かしたりすることで予防できます。ついてしまった寝ぐせは湿らせて温め、正しい向きになるよう整えましょう。

 

まつ毛は髪の毛と同じく体毛なので、寝ぐせの原因もほぼ髪の毛と一緒です。困ったら、髪の毛の寝ぐせの改善方法が参考になるでしょう。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。