美容スペシャリストな自分になるために

更新:2019.03.07

作成:2017.03.28

アイリスト

男性も必須!まつ毛と眉毛のお手入れとは


 

目元の印象が大切なのは男性も同じです。けれども女性がアイメイクに力を入れるのに対して、男性の手入れはおざなりになりがちです。

 

まつ毛美容液を使ったり眉毛の電動シェーバーを使ったりと、好感度の高い目元にするためにはどのようにお手入れすればいいのかご紹介します。

まつ毛は寿命を迎える前に成長させて

まつ毛にボリュームを持たせると、それだけで目元が華やかになり、まつ毛の分だけ目が大きく見えます。逆にまつ毛が少なくてまぶたが目立つと、眠たげで暗い印象を与えてしまいます。最近ではまつ毛の少なさをカバーするために、なんと女性と同じようにまつ毛エクステをつける男性も増えているほど。

 

自分のまつ毛で勝負するにしても、エクステをつけるにしても、元々のまつ毛が健康で無ければ意味がありません。まつ毛の寿命は約2ヶ月、その間に黒く太く長く成長させるには、毎日のケアが必要です。

 

洗顔の後は、まつ毛用の美容液を塗ってお手入れしましょう。最近は男性用の美容液も販売されているので、美容液を塗る際には根元から先端に向けて丁寧に塗ります。

 

時にはまつ毛用のシャンプーやコットンで、まつ毛や生え際、毛穴の脂汚れを取り除くと、より発毛しやすくなります。

 

まつ毛はちょっとした衝撃で抜けてしまうので、ゴシゴシこすったり、うつ伏せで寝たりするのはできるかぎり避けましょう。また、食事の乱れや睡眠不足、ストレスはまつ毛の成長期を短くするので、規則正しい生活を送ることも大切です。

眉毛は清潔に見えるように形とボリュームを整えて

まつ毛に加えて眉毛の存在はさらに重要です。伸びるままボサボサにしていたのでは好感度も下がってしまいます。例えば眉毛の形が分かるように周りをシェービングして、毛の長さや量を調節するだけでも清潔感が出ますよ。

 

眉毛の周囲をシェービングするのも、毛の長さや量を調節するのも、カミソリやハサミを使うよりは、電動の眉毛専用シェーバーを使うことでより綺麗に仕上がりますし、皮膚にも負担をかけません。

シェーバーは、シェービングにはそのまま使い、ボリュームの調節には専用のコーム(くし)をつけます。鼻毛や耳毛にも使えるアタッチメントがついた眉毛シェーバーもあります。値段は1,000円からとリーズナブルなものも販売されています。

 

慣れないうちはどのような眉毛が似合うのか分からずやみくもに手入れをして、自己流に切りすぎて失敗することもあります。どうしてもうまくいかない場合は、サロンで手入れをしてもらうと参考になるはず。最近では男性用のサロンも増えているので、自信のない場合にはまずは一度サロンに相談してみましょう。

対人関係を良くするために手入れしよう

ビジネスマン
 

ビジネスにおいて初対面の人と会う時にも、眉毛やまつ毛の印象はとても大切。眉毛を少し整えるだけで、顔の印象も大きく変わってくるのです。男性の身だしなみというと髪型のみを重視しがちですが、眉毛やまつ毛にもしっかりと気を使って、どんな相手にも好印象を与えられるようにしましょう。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。