美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.02.09

作成:2017.01.27

アイリスト

30代におすすめ!つけまつ毛をナチュラルにつける方法

30代、40代こそつけたい!つけまつ毛のメリット

まつ毛を長くボリュームたっぷりに見せるために、毎日のメイクで使うのがマスカラです。しかし、30代や40代は10代、20代のころに比べてまつ毛の量が少なくなったと感じている人が多いため、マスカラの重ねづけをしてしまいます。しかし、マスカラでは思うように長さやボリュームが出ません。そこで活用したいのがつけまつ毛です。地まつ毛が少なくても、つけまつ毛をつけるだけで目元が華やかになります。マスカラの重ねづけをしなくてもよくなるので、まつ毛に負担をかけることがなくなり、30代、40代にとってはいいことばかりなんです。

つけまつ毛をつけたらハデになりすぎると感じるかもしれませんが、ナチュラルに見えるつけまつ毛を選んだり、つけ方を工夫したりするだけで、まるで地まつ毛のような仕上がりになります。

自然に見えるつけまつ毛の選び方

つけまつ毛には種類がたくさんあります。ナチュラルに見せるには、部分用つけまつ毛がおすすめです。目じり2分の1、または3分1の長さのつけまつ毛で、目元に自然になじみます。まつ毛全体の量が少ない方は、毛量の少ないつけまつ毛を使ってみましょう。毛量の多いつけまつ毛だと、バサバサになってしまいますが、量の少ないタイプは地まつ毛がボリュームアップしたかのような印象になります。また、髪色の明るい方は、ブラウンつけまつ毛がおすすめです。目元が優しい雰囲気になるので、30代や40代の大人の女性にぴったりです。

ケバくならないつけまつ毛のつけ方

30代、40代の目元メイクは、ケバくならないことが鉄則です。そのため、つけまつ毛をつけるときは、ナチュラルに見えるようつけ方を工夫しましょう。買ったばかりのつけまつ毛は、カーブがついているものの、そのままつけると「つけている感」が出てしまいます。使用する前に、自分の目のカーブに合わせて曲げ、クセをつけてみてください。目のカーブに合った状態でつけると、地まつ毛となじんで自然に見えます。

つけまつ毛をつけるときは、あらかじめ地まつ毛をビューラーで上げておきましょう。つけまつ毛のカールと同じ程度のカールにすると、ナチュラルになります。つけるときは鏡を見ながら伏し目にし、目じり側からつけていきましょう。地まつ毛のすぐ上に装着し、隙間ができないように注意してください。

地まつ毛の量が少なくなってくる30代、40代こそ、つけまつ毛を使用してみましょう。ナチュラルでありながらも印象的な目元になるのでおすすめです!

Author:美プロ編集部

アイリストの関連求人

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。