美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.04.18

アイリスト

つけまつげを付けっ放しにすることのリスクとは

目を痛める女性
 
つけまつげは付けっ放しにせず、その日のうちに外すのが基本です。けれども付け外しが面倒なので、ついつい付けっ放しにしてしまいます。一方で目に対する影響も気になります。どのようなリスクがあるのでしょうか。

接着剤が目やまぶたに悪影響を及ぼす

つけまつげをまぶたに付ける時は接着剤を使いますが、安くて質が良くないと「ホルムアルデヒド」を多く含み、皮膚や目に悪影響を及ぼします。ホルムアルデヒドは「シックハウス症候群」の原因にもなる成分です。
 
つけまつげを付けている間は、接着剤の成分が常にまぶたと触れている状態なので、たとえアレルギーがなくても、皮膚がかぶれやすくなります。痒みが出たり赤く腫れたりするかもしれません。

雑菌が繁殖して目やまつげを傷めやすい

刺激が走る様子
最近では害が少なくて粘着性の高いアクリル樹脂やゴム、シリコンで付けられるつけまつげも増えています。ですが、つけまつげを長時間付けていると次第にゴミが付着するようになります。接着面には汗や皮脂が溜まりがちです。
 
このような汚れた状態になると、雑菌が繁殖しやすくなります。眠っている間に目に入り込むと炎症を起こしたり、最悪の場合失明したりするリスクがあります。まつげの毛穴に入り込むと、抜け毛や化膿の原因になるかもしれません。
 
本来つけまつげは1回きりの使い捨てです。繰り返し使うにしても、外した後で丁寧に接着剤を取り除き、メイク落としで洗った後、水気を拭いて保管するものです。自分の目やまつげを守るためにも、常に清潔な状態で使うように心がけましょう。

まぶたに負担がかかって弛みの原因になる

目元の皮膚は他の部位と比べて薄く、つけまつげを付けるだけでも大きな負担がかかります。
 
まぶたを開閉する時にかかる重さは、1年で100㎏分にも相当します。付けっ放しではさらに重くなるでしょう。まぶたに重みがかかると、やがて弛むようになります。老けて見られるだけでなく視界も狭くなります。
 
さらに皮膚が薄いので乾燥しやすくバリア機能が衰えがちなのでますます弛みを進行させてしまいます。つけまつげを付けっ放しでは思うような保湿ケアもできません。用が済んだら早めに外して、まぶたを休ませる時間を作ってあげましょう。

付けっ放しをやめてリスクを防ごう

きれいな眼球
 
つけまつげは目元を華やかに見せてくれますが、目やまぶた、自分のまつげへのリスクが大きいので付けっ放しは良くありません。せめて寝る時は外しましょう。雑菌が繁殖しないように、使い終わったら手入れして清潔に保つのも大事です。
 
つけまつげの重さはまぶたを弛ませる原因になります。外した後はしっかりと保湿し、マッサージで血行を良くして修復を促しましょう。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を都道府県から探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。