美容スペシャリストな自分になるために

2017年1月31日更新

アイリスト

アイリストが伝授!まつ毛エクステ前後のアイメイク方法

アイシャドウ

 

アイリストがおすすめする、まつ毛エクステ前のアイメイク

アイライン

 

アイリストがおすすめする、まつ毛エクステ前のアイメイクは、目元を大きくみせるためにハッキリと描くようにします。

まつ毛エクステ前のアイメイク

  1. まつ毛とまつ毛の間を埋めていくように、丁寧にアイラインを引いていきます。
  2. ブラウン系のアイシャドウを、1で引いたアイラインをなぞるようにチップでのせて馴染ませていきます。
  3. 下まぶたの目じり1/3に少し濃めのアイシャドウをチップでのせていきます。
  4. 目じりにリキッドアイライナーでしっかりとアイラインを引きます。
  5. ビューラーであげた上下のまつ毛に、マスカラを何度か重ねて塗ります。

まつ毛エクステを施していない場合は、はっきりとアイメイクをするようにメイクします。

アイリストがおすすめする、まつ毛エクステ後のアイメイク

つけまつげ

 

まつ毛エクステをしただけでも、目元はぱっちりしています。ですので、これまで同様にアイメイクをバッチリにしすぎてしまうと、くどいアイメイクになってしまいがち。マツエク後は、できるだけナチュラルメイクにして、愛されメイクを意識しましょう♪

まつ毛エクステ後のアイメイク

  1. まつ毛に負担にならないように、優しくアイラインを引きます。この時はあくまでも自然なラインを意識します。
  2. アイホール全体にアイシャドウを塗ります。アイメイクがくどくならないように、自然な色や薄い色などがおすすめ。
  3. ブラウン系の少し濃めのアイシャドウを、真ん中から目じりに向けてのせていきます。
  4. 1のアイライナーの上からなぞるように、細いチップで3と同じブラウンをのせて馴染ませていきます。
  5. 上下のまつ毛にマスカラを1度だけ塗ります。くどくなるので何度も重ねないように注意しましょう。

このように、まつ毛エクステをつけた後は、できるだけシンプルでナチュラルなアイメイクを心掛けましょう。あまりアイラインを濃めに引き過ぎたり、マスカラを何度も繰り返して塗ったり、濃い色のアイシャドウを引くと、目の印象が強くなり過ぎてしまいます。ぜひ、ナチュラルメイクを意識してみましょう♪

さいごに

いかがでしたか?今回は、アイリストがおすすめするアイメイク方法についてご紹介いたしました。

まつ毛エクステをやる前と、まつ毛エクステをやった後のアイメイク方法には、違いがあります。まつ毛エクステをやった後は、くどくなり過ぎないようにナチュラルなアイメイクを心掛けましょう♪

アイシャドウ

アイリストの関連求人

アイリストになるための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。