美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.02.21

アイリスト

「メイクが好き!」を職業にしたい!選択肢はどんなものがある?

髪切りばさみとくし

 

メイクアップアーティストとアイリスト

メイク中画像


最初にとりあげる職業は、「メイクアップアーティスト」です。テレビ番組やドラマで活躍する俳優のメイクをしたり、特別な日(たとえば結婚式)に臨む人のメイクを担当したりします。
メイクだけをすることもありますが、髪の毛のセットを行うことが多く、美を総合的にプロジュースする人だと言えるでしょう。

「アイリスト」は、目元を美しくする専門家です。まつ毛エクステなどを行う職業であるため、原則として美容師資格を持っていなければなりません。まつ毛サロンや美容院に勤めていることが多く、目元の美を作るスペシャリストと言えるでしょう。現在まつ毛エクステの技術やクオリティは日々進化していっており、技術と知識、両方を身に着ける必要があります。

「髪の毛」を中心にする仕事

サロン内装

 

ヘアスタイリストは、一般的に「美容師」と呼ばれています。「ヘアスタイリスト」という言葉は、「美容師免許を持っており、かつある程度美容師としてのキャリアを積んだ人」に与えられる名称だ、とも考えられています。
美容師という職業は「髪の毛をカットする仕事」と思われてしまいがちですが、髪の毛を結ったり整えたりするのも仕事です。メイクアップアーティスト同様、テレビや結婚式場などの裏方として大活躍します。

ヘアメイクアーティストは、「髪の毛を整えること」を目的とした職業です。ヘアメイクアーティストの場合、「美容師資格がないと絶対になれない!」というものではありませんが、現在ヘアメイクアーティストとして活躍する人のほとんどが、美容師免許を持っています。「髪の毛」と「顔のメイク」はとても親和性が高いため、これらの資格を持っておくほうが仕事を円滑に進めやすくなるでしょう。

メイクを扱う職業の場合、「ここからここまではヘアメイクアーティストの仕事、ここから先はメイクアップアーティストの仕事」というような区切りをつけるのは難しいと考えられています。
ただ、どの仕事であっても、「美容師資格」は大事です。美容師資格がなくてもなれる職業ではありますが、非常に狭き門になるため、メイクを扱う職業に就きたいのであれば、必ずとっておきましょう。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。