美容スペシャリストな自分になるために

2016年5月23日更新

ネイリスト

手軽に爪をオシャレにできる! ネイルポリッシュってどんなネイル?


ネイルポリッシュという言葉をあなたは知っていますか? 聞き慣れない言葉だと思う人もいるかもしれませんが、実はとても身近なものなんです。ネイルポリッシュは多くの人が想像する“マニキュア”のことを指し、直接ネイルカラーを塗って爪を綺麗に整えることを言います。
 
市販のカラーがたくさん販売されていることや、施術しやすいことから自分でネイルポリッシュを行う人も多いですが、サロンで施術してもらうこともできます。今回はサロンで施術を受けられるネイルポリッシュについて見ていきましょう。

ネイルポリッシュってどんなもの?

ネイルポリッシュは、一般的には多くの人が想像する“マニキュア”のことを指します。ただ、より厳密には「マニキュア」と「ネイルポリッシュ」は異なった意味とも言えます。「マニキュア」は専用の化粧品を使った手のお手入れ全般を表す言葉なので、カラーの施術を行っているかどうかに関わらず、爪の形を整えネイルエナメルを塗っていればマニキュアをしているということになります。
 
それに対して「ネイルポリッシュ」は、ネイルカラーを施すこと。ポリッシュには塗料という意味も含まれていて、爪に直接カラーを施すことをネイルポリッシュと呼びます。日本ではネイルポリッシュとマニキュアが混ざっていて、カラーも含めてマニキュアと呼ぶことが多いですが、ネイリスト検定やサロンではネイルポリッシュまたはネイルカラーという呼び方が一般的なので注意してください。
 

サロンの施術とセルフネイルの違い

サロンネイルとセルフネイルの違いは、何といってもネイルの仕上がり具合。サロンでは、ネイルポリッシュを行う前に爪の形を整えるなど、ネイルを行うのに適した爪の下地を作ってくれます。これによって、ネイルポリッシュの仕上がりや持続性は格段にアップ! もちろん色ムラや傷もないように綺麗に仕上げてくれるので、一度サロンでネイルポリッシュを体験すると、やみつきになってしまうかもしれませんね。

ネイルポリッシュのメリット

ジェルネイル、ジェルポリッシュ、スカルプチュア… さまざまな種類が続々登場するネイルですが、その中でもネイルポリッシュは安定した人気を誇っています。それでは、なぜネイルポリッシュは衰えることのない人気を保っているのでしょうか?

手軽に施術可能!

ネイルポリッシュの良いところは、何より施術が簡単なところ。ネイルポリッシュが一種類あれば、爪を綺麗に彩ることができます。また、手軽さゆえにサロンで施術する場合も値段がとっても安いんです。ジェルネイルの施術には1万円前後の費用がかかるのが相場ですが、ネイルポリッシュはどこのサロンでもハンドネイル10本で2,000円前後。メニューによっては、爪ケアが別料金のサロンもありますが、ケアやネイルトリートメント料金を含めて5,000円以下で綺麗な爪を手に入れられますよ!

爪が痛みにくい

爪が痛みにくいのもネイルポリッシュの特徴の一つ。ジェルネイルなどの場合、自爪をわざと削って傷を作り密着性を高める必要があるので、爪を傷めやすいのが難点です。それに対してネイルポリッシュでは、カラーが乗りやすくなるように爪を整えるだけなので、健康な爪を傷つけずに施術を行うことができます。また、薬品をあまり使わないので、アレルギー反応を起こす人がジェルやスカルプより断然少ないのも魅力! 他の施術方法が合わないと思った人はぜひチャレンジしてみてください。

自分で好きなときにオフできる

専用の除光液などで簡単にオフにできるのもネイルポリッシュの特徴です。わざわざサロンまで行かなくても、自分の好きなときに簡単に落とせるのはとても便利ですよね。そのため、ネイル禁止の職場に勤めている人がお休みの間だけネイルをするといった場合は、ネイルポリッシュがオススメです。
 

ネイルポリッシュのデメリット

施術が簡単で爪も痛みにくいネイルポリッシュですが、デメリットも存在します。次はネイルポリッシュのデメリットについて見ていきましょう。

他の施術と比べて長期間持たない

ネイルポリッシュは自爪に直接カラーを施すので、耐久性は一週間程度。水仕事など、手を使う作業が多い人はもっと短い期間でネイルが取れてきてしまう場合もあります。多くの場合、カラーが削れやすい爪先からネイルがはがれてきてしまうので、長期間ネイルをしておきたい人や、手先を使う仕事をしている人にはあまり向いていないと言えるでしょう。

爪をコーティングする効果がない

ジェルネイルをする人の中には、爪が弱かったり爪先を使う仕事に就いていたりして、爪を丈夫にする必要があって施術を行う人もいます。ジェルネイルとは違って、ネイルポリッシュは自爪にカラーを塗っているだけの状態。そのため、爪のコーティングをしたい人にはあまり効果がありません。

施術に時間がかかる

ネイルポリッシュは、施術後表面が乾くまで約15分程度、完全に乾き切るには1時間以上の時間がかかると言われています。ネイルサロンでは、ネイリストの技術によって半乾きの状態でさらに重ね塗りをしたり、トップコートを綺麗に塗ったりしてくれます。ですが、それでも施術後完全に乾くまでは他のものに触れられないので、時間に余裕のあるときでないと施術が難しいのが現状です。
 


 
 
ネイルカラーを綺麗に仕上げるのは、ネイルポリッシュだけでなくどの施術でも重要な技術です。また、技術を身につければ自分の爪もオシャレに彩れます。すべてのネイルの基本でありつつ、気軽に挑戦できるネイルポリッシュに、あなたもぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

ネイリストの関連求人

ネイリストになるための情報まとめ

ネイリストも憧れる!? 有名ネイルアーティストのデザインをチェック!

ネイリストによってデザインやテクニックが大きく異なるネイルアート。ネイリストという範囲に留まらず、芸能人のネイルや雑誌などで使われるネイルデザインを担当する“ネイルアーティスト”として活躍する人も多くいます。

通信講座でネイリストを目指す! そのメリット・デメリットや格安通信講座まで!

美容師とは違って、ネイリストになるため必須となる資格などはありません。とはいえお客様にネイルアートを施すために高い技術が求められますし、ポリッシュやジェルネイルなどネイルには様々な種類があるのでそれを上手く使うための知識も必要です。

ネイリストという職業――なるには・資格・検定・求人 etc

人の指先を美しく彩るネイルの専門家・ネイリストといえば、今や女性にとってはお馴染みの職業ですよね。その仕事内容はジェルネイルやポリッシュなどを用いてネイルアートを施したり、爪をケアしたりと奥が深いもの。ここではネイリストになる方法や必要な資格、求人情報などへのリンクをまとめています。

ネイリスト検定のモデルはこんな人にやってもらいたい! モデルの条件と注意点とは?

ネイリスト検定において、爪を施術するためのモデル選びはとても大切。上級の検定試験では、モデル探しで妥協したために不合格になるということもありえます。そのため、ネイリストとしてステップアップしていくには、良いモデルを見つけてその協力を得ることが必要不可欠です。

資格なしでネイリストとして働く方法&資格取得のメリットとは

美容業界には「美容師」や「ネイリスト」、「エステティシャン」などさまざまな職種があり、資格の数も豊富。ですがネイリストには特に資格がなくても働けるサロンが多数あって、実際に「資格なし」で働いている女性も多いようす。中には主婦と両立して働いている人もいるそうですよ。

減点される身なりは避けよう! ネイリスト検定に向いた服装や髪型

どんな試験でも試験官や他の受験者から見られることになるので、その身なりについては悩みどころですよね。特に“美”に関わる業界で、受験者やモデルも女性が多いネイリスト検定。そこではきれいに見られたい、オシャレに見られたいという気持ちで試験に臨まれる方も多いはず。

通信講座でネイリストを目指す! そのメリット・デメリットや格安通信講座まで!

美容師とは違って、ネイリストになるため必須となる資格などはありません。とはいえお客様にネイルアートを施すために高い技術が求められますし、ポリッシュやジェルネイルなどネイルには様々な種類があるのでそれを上手く使うための知識も必要です。

ネイリストの資格の代表格! 日本ネイリスト検定試験センターの「ネイリスト技能検定試験」に迫る!

多くの女性が憧れるネイリスト。もちろんなるには資格が必要でしょ? と思っている人が多いかもしれませんが、実は資格が何もなくてもネイルアーティストにはなれるのです。 しかし、ネイルサロンなどへ就職する時には、条件に資格取得者を掲げているところがほとんど。そのため、ネイリストの勉強をするのと同時に、資格に挑戦する人が多いようです。