美容スペシャリストな自分になるために

2016年6月6日更新

ネイリスト

「ネイルは女性だけのもの」はもう古い!? 男性向けのネイルを行うメンズネイルサロン


丁寧に磨いてツヤを出したり、きらびやかなネイルアートを施したりして美しい爪を作り出してくれるネイルサロン。どんなサービスを受けられるのか興味を持っているものの、「女性が利用するお店だから…」と敬遠している男性もいるのではないでしょうか?
 
実は最近では、男性向けのネイルサロンも決して珍しくはないんです。ここでは爪をキレイにしたいと願う男性に向けて開かれた、メンズネイルサロンについてご紹介。どんな需要があって、どんなサービスを行っているのか見ていきましょう!

男性でも入れるネイルサロン

美しい爪を演出するネイルアートの魅力にハマる人はどんどん増えていて、ネイルサロンの数も右肩上がりに増加しています。近年では、ネイルに興味を持つ男性も出てきました。特に仕事柄多くの人と接することになり、爪を見られる機会も多い営業職の人がネイルに興味を持つようになったと言われています。
 
そこで最近のネイルサロンでは男性向けのサービスを行っている店舗も増加中。まだまだ敷居が高いと感じる男性もいるようですが、そうした方に向けて男性ネイリストが在籍している、男性専用のメンズネイルサロンも開かれています。ネイルサロンに訪れた男性の中には、初めて受けるネイルケアやハンドマッサージの心地よさに病みつきになってしまう人も多いよう。興味がある男性は勇気を出して、一度訪れてみることをオススメします。
 
とはいえ、特にサラリーマンの方などは忙しくて通う時間が取れないという場合もあると思います。そうした人には、最短10分で施術を済ませるサービスを行っているサロンがうってつけ。そのほかにも男性のニーズに応える様々なサービスがあるので、自分に合った店舗を探してみると良いでしょう。
 

男性がネイルサロンに訪れる理由

男性がネイルサロンに行く理由には様々なものがあります。職種や体質などによって、それぞれ違った理由でネイルを求めるのです。以下では主な理由について見てみましょう。

清潔な爪を手に入れるため

最も多いのが爪を清潔にしたい、という理由です。ほとんどの男性は爪のお手入れについて無頓着で、適度な長さに切り揃えるくらいのことしかしていないと思います。ですが、爪の周りの薄皮を整えたり爪の表面を磨くだけでもパッと見の印象はかなり違ってくるもの。そこで、爪を他人に見られることの多い営業職の男性や、女性に好印象を与えたいという男性がネイルサロンに訪れるのです。

健康的な爪を求めて

爪は放っておくと色々な理由でダメージを受けます。乾燥していることはもちろん、長すぎても短すぎても良くないので、お手入れには意外と気を遣わなくてはいけません。そのため、爪の健康状態を気にする人や爪が傷つきやすい仕事に就いている人などがネイルの施術を求めます。

オシャレのため

営業職のサラリーマン以外にも、バンドをやっているミュージシャンの男性などがメンズネイルサロンをよく利用すると言われています。たんに爪を清潔にしたり、形を整えたりするだけでなく女性向けと同じきらびやかなネイルアートでオシャレをするようです。
 
有名人では韓国の『FTISLAND』というバンドのボーカルであるイ・ホンギがメンズネイルの開拓者として知られていますし、日本でもアイドルグループ・関ジャニ∞の安田章大がネイルアートでオシャレを追求していますね。メンズネイルが浸透していくことで、今後もよりカジュアルに爪のオシャレを楽しむ人が増えていきそうです。
 

どんな施術を受けられるの?

メンズネイルでは女性向けのネイルとは違って、ほとんどの場合ネイルアートを施しません。ここでは一般的に行われるメンズネイルの手順について、順を追って紹介します。
 
1.爪の形を整える
まずアルコールで手を拭いて、下準備をします。それから専用のファイル(爪やすり)を使って爪の形を整える「ファイリング」へと移行。爪の形には「スクエア」「ラウンド」「オーバル」という3つの種類があるのですが、メンズネイルでは自然な爪の形に近いラウンドが選ばれることが多いようです。
 
2.キューティクルを処理する
爪と皮膚の間にあるキューティクル(甘皮)をやわらかくするキューティクルリムーバーをつけたり、ぬるま湯に指先を浸すことで爪周りの薄皮を処理しやすくします。そしてプッシャーという器具で甘皮を押し上げて、余分なところはキューティクルニッパーで除去。爪の周りをキレイで清潔な状態にします。
 
3.爪を磨き上げる
バッファーを用いて爪の表面を磨いていきます。磨いたあとの爪はすべすべとした肌触りになり、肌に引っかけて怪我をしてしまうことも避けられるのが魅力ですね。ただ、磨きすぎると爪が薄くなってしまうので、ほどほどの厚さに調整するのが大切です。
 
4.仕上げをする
メンズネイルの仕上げは、お客様の希望に合わせた方法で行われます。その方法は大まかに分けて、磨いて光沢を出す方法とジェルを用いてコーティングをする方法の2種類。前者を選べば日常生活で目立たない自然な光沢を出せますし、後者ならネイルアートなしでも美しいツヤのある爪を実現できます。
 


 
 
今やネイルは社会に浸透し、女性だけでなく男性も楽しめる美容方法になっています。とはいえ男性向けのネイルはまだまだ知名度が低く、発展途上の分野です。逆にいえば成長の余地がたくさんあるということなので、爆発的なヒットの可能性も秘めているかも? もし興味があれば、ぜひメンズネイルサロンの世界に飛び込んで可能性を探ってみてください。

ネイリストの関連求人

ネイリストになるための情報まとめ

ネイリストも憧れる!? 有名ネイルアーティストのデザインをチェック!

ネイリストによってデザインやテクニックが大きく異なるネイルアート。ネイリストという範囲に留まらず、芸能人のネイルや雑誌などで使われるネイルデザインを担当する“ネイルアーティスト”として活躍する人も多くいます。

通信講座でネイリストを目指す! そのメリット・デメリットや格安通信講座まで!

美容師とは違って、ネイリストになるため必須となる資格などはありません。とはいえお客様にネイルアートを施すために高い技術が求められますし、ポリッシュやジェルネイルなどネイルには様々な種類があるのでそれを上手く使うための知識も必要です。

ネイリストという職業――なるには・資格・検定・求人 etc

人の指先を美しく彩るネイルの専門家・ネイリストといえば、今や女性にとってはお馴染みの職業ですよね。その仕事内容はジェルネイルやポリッシュなどを用いてネイルアートを施したり、爪をケアしたりと奥が深いもの。ここではネイリストになる方法や必要な資格、求人情報などへのリンクをまとめています。

ネイリスト検定のモデルはこんな人にやってもらいたい! モデルの条件と注意点とは?

ネイリスト検定において、爪を施術するためのモデル選びはとても大切。上級の検定試験では、モデル探しで妥協したために不合格になるということもありえます。そのため、ネイリストとしてステップアップしていくには、良いモデルを見つけてその協力を得ることが必要不可欠です。

資格なしでネイリストとして働く方法&資格取得のメリットとは

美容業界には「美容師」や「ネイリスト」、「エステティシャン」などさまざまな職種があり、資格の数も豊富。ですがネイリストには特に資格がなくても働けるサロンが多数あって、実際に「資格なし」で働いている女性も多いようす。中には主婦と両立して働いている人もいるそうですよ。

減点される身なりは避けよう! ネイリスト検定に向いた服装や髪型

どんな試験でも試験官や他の受験者から見られることになるので、その身なりについては悩みどころですよね。特に“美”に関わる業界で、受験者やモデルも女性が多いネイリスト検定。そこではきれいに見られたい、オシャレに見られたいという気持ちで試験に臨まれる方も多いはず。

通信講座でネイリストを目指す! そのメリット・デメリットや格安通信講座まで!

美容師とは違って、ネイリストになるため必須となる資格などはありません。とはいえお客様にネイルアートを施すために高い技術が求められますし、ポリッシュやジェルネイルなどネイルには様々な種類があるのでそれを上手く使うための知識も必要です。

ネイリストの資格の代表格! 日本ネイリスト検定試験センターの「ネイリスト技能検定試験」に迫る!

多くの女性が憧れるネイリスト。もちろんなるには資格が必要でしょ? と思っている人が多いかもしれませんが、実は資格が何もなくてもネイルアーティストにはなれるのです。 しかし、ネイルサロンなどへ就職する時には、条件に資格取得者を掲げているところがほとんど。そのため、ネイリストの勉強をするのと同時に、資格に挑戦する人が多いようです。

10周年サンクスキャンペーン、総額1000万円プレゼント