美容スペシャリストな自分になるために

2016年4月30日更新

ネイリスト

爪の先までおしゃれに! ネイルアートで美しい指先を目指しましょう!


さまざまな色や模様で楽しむネイルアート。ネイルポリッシュを塗っただけのシンプルなネイルから、パーティーなどに向けた華やかなネイルまで、さまざまなものがあります。道具もとてもたくさんあるので、何をそろえたらいいか分からない! という人もいますよね?
 
自爪を使ったネイルアートもありますが、自爪では長さが足りない人のために長さを出すための道具もあります。では、どんな道具をそろえればネイルアートを楽しめるか見ていきましょう。

チップ

自爪の上に付けて使用する付け爪のこと。付け方は、ネイルシールという両面テープで貼るもの、あらかじめ接着剤を塗布加工したもの、ネイルグルーで貼るものの3種類。自分でカラーを塗って使用する透明なものから、すでにカラーがついたもの、スタッズやラインストーンで飾られた、付けるだけでネイルアートができる完成品までいろいろとあります。シンプルなものであればあるほど価格は安く、アーティスティックな完成品になると2万円を超えるものも! 予算に合わせて購入すると良いでしょう。
 

スカルプチュア

フォーム

スカルプチュアを作るとき、爪の先に設置して土台として使用するシール。セロハンテープのようにロール状になっていているものが多いようです。指の形に添って格子状に目盛りが刻んであり、長さを分かりやすくしてあります。
 

プレプライマー/プライマー

爪表面の余分な油分・水分が残っていると、ポリッシュやジェル、スカルプチュアがきれいにのりません。余分な油分・水分を除去できる液体がプレプライマーです。プレプライマーを塗布したあと、自爪とスカルプチュアの接着効果を高めるのがプライマー。プライマーは強い酸性の液体なので、アレルギー体質の人、皮膚が弱い人は取り扱いにじゅうぶんな注意が必要です。爪以外に付着しないように気を付けてください。
 

アクリルリキッド(モノマー)/アクリルパウダー(ポリマー)

アクリルリキッドとアクリルパウダーを合わせることで化学反応が起こって硬化し、人工爪を作り出します。アクリルリキッドは揮発性で有機溶剤系の強いにおいがするので、しっかりと換気しないと気分が悪くなる人も出てしまいます。また、アクリルリキッドを入れておくための容器はプラスチック製だと溶けてしまうため、ダッペンディッシュという陶器やガラス製の容器を使ってください。前述の通りにおいがきついので、蓋つきが望ましいです。
 

アクリル用ネイルブラシ

絵の具で絵を描くための絵筆は使用不可です。必ずアクリル用のブラシを使用しましょう。ネイル用筆としてナイロン製のものも売っていますが、これはジェルネイル用。スカルプチュアで使用すると溶けてしまう可能性もあるので、ここでは動物の毛でできた筆を使います。
 

ファイル/シャイナー

スカルプチュアで伸ばした人工爪の形を整える道具がファイルとシャイナーです。ファイルは爪の形を削るもので、シャイナーは表面を磨くもの。作りたてのスカルプチュアは先端がふぞろいでデコボコしているので、ファイルとシャイナーで丁寧に形を揃えると良いでしょう。
 

爪にアートを!

ポリッシュ

エナメルネイルのこと。メタリック、パール入り、透明度の高いものなどさまざまなものがあります。除光液で簡単に落ちるため、気軽に色を変えられるのが利点である一方、トップコートで保護し続けても10日前後で落ちてしまいます。また、乾かしている最中に何かに触れると、跡がついてしまったりはがれてしまったりするので要注意。
 

ジェル

ポリッシュと同様、爪に色を付けるために使用。通常、ベースジェル、カラージェル、トップジェルの3種類を使います。塗布したあとにライトを使って硬化するため、乾かす時間が必要ありません。さらに、ポリッシュに比べると耐久性に優れています。塗ってから2~3週間はツヤツヤぴかぴかの爪をキープできるでしょう。しかし、オフするときは専用の道具を使ってジェルを削り、さらに専用のリムーバーを使わないといけません。手軽さがないのがジェルの欠点です。
 

ライト

ライトは、LEDライトとUVライトの2種類。ジェルを硬化するときに使いますが、使用するジェルの種類によってどちらのライトを使えるのか限られる場合があるので、確認してから購入すると良いです。また、LEDとUVのどちらにも対応しているMIXライトという商品もあります。いろいろな色やデザインがあるので、気に入ったものを準備してみてください。
 

ネイルシール

爪に貼って模様を作るためのシール。花や星、スマイルマークなど種類がとても豊富なので、どれを買うか楽しい悩みが出てきてしまいそうですね。シールを貼るときはピンセットを使ってのせ、トップジェルまたはトップコートで固定します。
 

ラインストーン/スタッズ/ネイルパーツ

シールと同じく、種類がたくさんあってどれを買うか迷ってしまいそうなのが、ネイルに載せて3Dアートを作り出すためのパーツ。キラキラ光るラインストーンやスタッズは、ネイルの雰囲気に合わせて選ぶと良いです。こちらもトップジェルまたはトップコートで固定します。
 

トップコート

ポリッシュを使用した場合、シールやパーツを固定させるために使用。透明のものが多いようです。
 


 
 
ポリッシュやネイルパーツは無数にあるので、自分で使いやすいもの、使いたいものを価格と見合わせながら模索していってください。また、道具が揃ってくるとそれらをどうやって収納するかという問題が出てきますよね? そんなときは、ネイル道具専用のメイクボックスやメイクバッグを活用して常に整理整頓! 清潔に使うことが大事です。

ネイリストの関連求人

ネイリストになるための情報まとめ

ネイリストも憧れる!? 有名ネイルアーティストのデザインをチェック!

ネイリストによってデザインやテクニックが大きく異なるネイルアート。ネイリストという範囲に留まらず、芸能人のネイルや雑誌などで使われるネイルデザインを担当する“ネイルアーティスト”として活躍する人も多くいます。

通信講座でネイリストを目指す! そのメリット・デメリットや格安通信講座まで!

美容師とは違って、ネイリストになるため必須となる資格などはありません。とはいえお客様にネイルアートを施すために高い技術が求められますし、ポリッシュやジェルネイルなどネイルには様々な種類があるのでそれを上手く使うための知識も必要です。

ネイリストという職業――なるには・資格・検定・求人 etc

人の指先を美しく彩るネイルの専門家・ネイリストといえば、今や女性にとってはお馴染みの職業ですよね。その仕事内容はジェルネイルやポリッシュなどを用いてネイルアートを施したり、爪をケアしたりと奥が深いもの。ここではネイリストになる方法や必要な資格、求人情報などへのリンクをまとめています。

ネイリスト検定のモデルはこんな人にやってもらいたい! モデルの条件と注意点とは?

ネイリスト検定において、爪を施術するためのモデル選びはとても大切。上級の検定試験では、モデル探しで妥協したために不合格になるということもありえます。そのため、ネイリストとしてステップアップしていくには、良いモデルを見つけてその協力を得ることが必要不可欠です。

資格なしでネイリストとして働く方法&資格取得のメリットとは

美容業界には「美容師」や「ネイリスト」、「エステティシャン」などさまざまな職種があり、資格の数も豊富。ですがネイリストには特に資格がなくても働けるサロンが多数あって、実際に「資格なし」で働いている女性も多いようす。中には主婦と両立して働いている人もいるそうですよ。

減点される身なりは避けよう! ネイリスト検定に向いた服装や髪型

どんな試験でも試験官や他の受験者から見られることになるので、その身なりについては悩みどころですよね。特に“美”に関わる業界で、受験者やモデルも女性が多いネイリスト検定。そこではきれいに見られたい、オシャレに見られたいという気持ちで試験に臨まれる方も多いはず。

通信講座でネイリストを目指す! そのメリット・デメリットや格安通信講座まで!

美容師とは違って、ネイリストになるため必須となる資格などはありません。とはいえお客様にネイルアートを施すために高い技術が求められますし、ポリッシュやジェルネイルなどネイルには様々な種類があるのでそれを上手く使うための知識も必要です。

ネイリストの資格の代表格! 日本ネイリスト検定試験センターの「ネイリスト技能検定試験」に迫る!

多くの女性が憧れるネイリスト。もちろんなるには資格が必要でしょ? と思っている人が多いかもしれませんが、実は資格が何もなくてもネイルアーティストにはなれるのです。 しかし、ネイルサロンなどへ就職する時には、条件に資格取得者を掲げているところがほとんど。そのため、ネイリストの勉強をするのと同時に、資格に挑戦する人が多いようです。

10周年サンクスキャンペーン、総額1000万円プレゼント