美容スペシャリストな自分になるために

秋冬は、アンニュイな “ニュアンスネイル”でトレンドをキャッチ

ニュアンスネイルとは?

何色かのカラーを混ぜて、曖昧な色合いを生み出す「ニュアンスネイル」

ニュアンスとはそもそもフランス語で、「微妙な色合い」を表す単語です。

曖昧な印象でどこか儚げな雰囲気を醸し出し、人と被らない個性を楽しむこともできるニュアンスネイル。

ここ数年トレンドのネイルデザインで、秋冬のおしゃれにニュアンスネイルを組み合わせてみてはいかがでしょうか?

 

自分だけのオリジナルのニュアンスネイルで、他の人とは一味違う指先を楽しんでみましょう

 


 

一言でニュアンスネイルと言っても、デザインはさまざま。

ピンク系でまとめて可愛く、アースカラーを組み合わせてナチュラルになど、洋服に合わせて様々なデザインを楽しめます♪

優しい色合いの指先で、今年のトレンドをいち早く手に入れちゃいましょう!

 

クリアベースで上品に

ナチュラルなのに美しく、上品な手元を演出するのがクリアベースのカラー。

ジェルネイルだとどうしても、爪が伸びてしまったときに根元が気になってしまうもの。

ですがクリアベースなら根元の自爪も気になることなく、ネイルを長く楽しむことができます。

透明感溢れる印象は夏のイメージも強いですが、実は秋のコーディネートにもぴったり。

 

ベースがシンプルであるからこそ、その分パーツやラメがちょっぴり派手でも大丈夫です!

透け感のあるデザインで、女性らしい魅力をアピールしましょう。

 

べっこうを組み合わせて大人っぽく

同じくトレンドのべっこうネイル。べっこうとは、ウミガメの甲羅に似た模様のデザインの事です。

濃い色を組み合わせれば存在感も抜群、薄い色を合わせれば女性らしい柔らかい印象に。

 

2本だけをべっこうデザインにして、他の指はニュアンスネイルにすることで、ぐっと今年っぽさが増しますよ。

べっこう柄は主張が強いので、なるべく他の指はシンプルなデザインと色合いにすることがバランスを整えるポイント。

 


 

モノクロベースのニュアンスネイルならオフィスにも

「ニュアンスネイルは挑戦してみたいけど、会社の規則が厳しくて派手なネイルはちょっと・・・」そんな方でも、白・黒・グレーといったモノクロをベースに取り入れたニュアンスネイルなら挑戦しやすいはず。

 

ちらっと見た時にはとてもシンプル、だけどよく見るとしっかりトレンド感のあるデザインが、働く女子たちからも大人気!

主張しすぎないけどさりげなくトレンドを取り入れるのが、お洒落上級者さんの技ですよね♪

プライベートでもビジネスシーンでも楽しめるカラーを選んで、毎日のコーディネートを楽しんじゃいましょう!

 


 

セルフネイルでも簡単にできちゃう

何だか難しそうなニュアンスネイルですが、ジェル数色とホログラムを用意するだけで実は簡単におうちでできちゃうんです。セルフネイルの方法をご紹介♪

 

1.ベースのクリアジェルを塗る

2.ベースのカラージェルを塗る

シンプルにまとめたい場合は、ホワイトがおすすめ!

3.好きな色を2色~3色重ねて塗る

ピンクとアイスブルーなど、全く異なる色を合わせても可愛く仕上がります!

4.ホワイトカラーを中心に塗る

5.ホログラムやラメを乗せる

自分の好みで、なるべくランダムに乗せていくのがポイント!

6.トップジェルを塗って完成

 

ブラウン系の暖色でまとめると秋っぽく、ブルー系の寒色でまとめると冬っぽいイメージに仕上げることができます。

季節や気分に合わせてお好みの色とデザインで、自分らしく可愛くアレンジしちゃいましょう。

ネイリストの関連求人

ネイリストの仕事に就くための情報まとめ

ネイリストも憧れる!? 有名ネイルアーティストのデザインをチェック!

ネイリストによってデザインやテクニックが大きく異なるネイルアート。ネイリストという範囲に留まらず、芸能人のネイルや雑誌などで使われるネイルデザインを担当する“ネイルアーティスト”として活躍する人も多くいます。

通信講座でネイリストを目指す! そのメリット・デメリットや格安通信講座まで!

美容師とは違って、ネイリストになるため必須となる資格などはありません。とはいえお客様にネイルアートを施すために高い技術が求められますし、ポリッシュやジェルネイルなどネイルには様々な種類があるのでそれを上手く使うための知識も必要です。

ネイリストという職業――なるには・資格・検定・求人 etc

人の指先を美しく彩るネイルの専門家・ネイリストといえば、今や女性にとってはお馴染みの職業ですよね。その仕事内容はジェルネイルやポリッシュなどを用いてネイルアートを施したり、爪をケアしたりと奥が深いもの。ここではネイリストになる方法や必要な資格、求人情報などへのリンクをまとめています。

ネイリスト検定のモデルはこんな人にやってもらいたい! モデルの条件と注意点とは?

ネイリスト検定において、爪を施術するためのモデル選びはとても大切。上級の検定試験では、モデル探しで妥協したために不合格になるということもありえます。そのため、ネイリストとしてステップアップしていくには、良いモデルを見つけてその協力を得ることが必要不可欠です。

資格なしでネイリストとして働く方法&資格取得のメリットとは

美容業界には「美容師」や「ネイリスト」、「エステティシャン」などさまざまな職種があり、資格の数も豊富。ですがネイリストには特に資格がなくても働けるサロンが多数あって、実際に「資格なし」で働いている女性も多いようす。中には主婦と両立して働いている人もいるそうですよ。

減点される身なりは避けよう! ネイリスト検定に向いた服装や髪型

どんな試験でも試験官や他の受験者から見られることになるので、その身なりについては悩みどころですよね。特に“美”に関わる業界で、受験者やモデルも女性が多いネイリスト検定。そこではきれいに見られたい、オシャレに見られたいという気持ちで試験に臨まれる方も多いはず。

ネイリストの資格の代表格! 日本ネイリスト検定試験センターの「ネイリスト技能検定試験」に迫る!

多くの女性が憧れるネイリスト。もちろんなるには資格が必要でしょ? と思っている人が多いかもしれませんが、実は資格が何もなくてもネイルアーティストにはなれるのです。 しかし、ネイルサロンなどへ就職する時には、条件に資格取得者を掲げているところがほとんど。そのため、ネイリストの勉強をするのと同時に、資格に挑戦する人が多いようです。