美容スペシャリストな自分になるために

カラーバリエーションが増える!ジェルネイルの色の作り方

オリジナルカラーを作ろう

お店に並んでいるネイルたち、サンプルチップに塗ってある時にはすごく可愛く見えたのに、実際に購入して自分の爪に塗ってみたら何だか浮いてしまう…!そういうことって、あるあるですよね。

ネイルチップは透明なので、どうしても実際の爪に塗った時とは異なる発色をします。ネイルサロンで施術をしてもらう時にはネイリストさんに相談して自分の肌の色に合ったカラーを選んでもらうことができますが、セルフネイルの時には自分でカラーを選ばなくてはいけません。

そんな時、肌馴染みするデザインに仕上げたいのなら、お店で購入したカラーに少しだけ手を加えて自分に合ったカラーを作ってあげることも大切。

 

また、手持ちのカラーが増えることで、デザインのバリエーションも無限に増やすことのできるのがジェルネイル。「もっとデザインのバリエーションを増やしたい!」という時におすすめなのが、色を混ぜてオリジナルカラーを作ることです。色の組み合わせを知っておけば、次々と新しいカラーを作ることができ、色を買い足さなくてもOKなのです。

 

とくにグレージュやベージュなどのくすみカラーは、原色を混ぜることで簡単に作ることができますよ。今回は、くすみカラーの作り方をご紹介します。

用意するもの

オリジナルカラーを作るときに用意するものは、次の2点です。

  • カラージェル(ブラック、ホワイト、クリア、青、ピンク、イエロー)
  • 絵の具用パレット(色を混ぜるときに使用します。ない場合は、アルミホイルなどで代用してください)

ジェルネイルを混ぜるだけ!くすみ色の作り方

ここでは、具体的なジェルネイルの色の作り方についてご紹介します。人気の高いベージュ、グレージュ、モーブグレーの3色の手順を解説します。

ベージュ

  1. パレットの上でイエローとブラックを混ぜてカーキを作ります。ブラックはほんの少量だけ混ぜます。
  2. 出来上がったカーキに、ピンクを少しだけ混ぜます。暗いキャラメル色になるので、色を見ながら少しずつ足していく感覚です。
  3. ホワイトとクリアを足して、明るくなるよう調整できたら完成です。もう少し明るいベージュにしたい場合は、ピンクを少量足して混ぜた後、クリアをたくさん入れてみてください。肌なじみのいいベージュになります。

グレージュ

  1. 上で紹介した手順で、ベージュを作ります。
  2. 色を見ながら、少しずつブラックを足していきます。
  3. 明るさを出したい場合は、ホワイトとクリアを入れて調整してください。

モーブグレー(青みがかったグレー)

  1. 青とピンクを混ぜます。青のほうを多めに、ピンクを少量にして、青紫を作りましょう。
  2. 次にイエローを少量混ぜます。くすんだ青紫色になります。
  3. 2で作った色にホワイトとクリアを混ぜて、明るさを足したら完成です。

色を混ぜるときは少しだけパレットの上にとり、色を確認しながら混ぜていくと失敗しにくいです。とくにブラックなど暗い色をたくさん入れてしまうと、急に色が変わってしまうので注意しましょう。ぜひここで紹介したくすみカラーを作り、ジェルネイルのカラーバリエーションを増やしてみてください。

オリジナルカラーでセルフネイルを楽しんで

今回ご紹介したのはグレーベースのくすみカラーですが、この他にも無限にオリジナルカラーを作ることができます。例えば、淡いピンクやイエローなどのパステルカラーにグレーや黒を少量混ぜてあげればトレンドのスモーキーカラーを作ることができますし、逆に赤や紫などのビビッドなカラーに白を混ぜることでヌーディーカラーを楽しむこともできます。

クリアをベースに好きな色を加えてあげると、ネイルサロンでも人気なシースルーのネイルに仕上げることもできますよ。

 

その他にもネイル同士だけでなく、使わなくなったチークやアイシャドウなどのコスメとクリアジェルを混ぜてカラーを作ることもできるのです。細かいパールやラメの入った、透明感のあるカラーを楽しんでみましょう。

 

自分でカラーを生み出すことで、無限のデザインを楽しむことのできるジェルネイル。お気に入りのカラーをたくさん生み出して、セルフネイルを楽しんで下さいね!

ネイリストの関連求人

ネイリストの仕事に就くための情報まとめ

ネイリストも憧れる!? 有名ネイルアーティストのデザインをチェック!

ネイリストによってデザインやテクニックが大きく異なるネイルアート。ネイリストという範囲に留まらず、芸能人のネイルや雑誌などで使われるネイルデザインを担当する“ネイルアーティスト”として活躍する人も多くいます。

通信講座でネイリストを目指す! そのメリット・デメリットや格安通信講座まで!

美容師とは違って、ネイリストになるため必須となる資格などはありません。とはいえお客様にネイルアートを施すために高い技術が求められますし、ポリッシュやジェルネイルなどネイルには様々な種類があるのでそれを上手く使うための知識も必要です。

ネイリストという職業――なるには・資格・検定・求人 etc

人の指先を美しく彩るネイルの専門家・ネイリストといえば、今や女性にとってはお馴染みの職業ですよね。その仕事内容はジェルネイルやポリッシュなどを用いてネイルアートを施したり、爪をケアしたりと奥が深いもの。ここではネイリストになる方法や必要な資格、求人情報などへのリンクをまとめています。

ネイリスト検定のモデルはこんな人にやってもらいたい! モデルの条件と注意点とは?

ネイリスト検定において、爪を施術するためのモデル選びはとても大切。上級の検定試験では、モデル探しで妥協したために不合格になるということもありえます。そのため、ネイリストとしてステップアップしていくには、良いモデルを見つけてその協力を得ることが必要不可欠です。

資格なしでネイリストとして働く方法&資格取得のメリットとは

美容業界には「美容師」や「ネイリスト」、「エステティシャン」などさまざまな職種があり、資格の数も豊富。ですがネイリストには特に資格がなくても働けるサロンが多数あって、実際に「資格なし」で働いている女性も多いようす。中には主婦と両立して働いている人もいるそうですよ。

減点される身なりは避けよう! ネイリスト検定に向いた服装や髪型

どんな試験でも試験官や他の受験者から見られることになるので、その身なりについては悩みどころですよね。特に“美”に関わる業界で、受験者やモデルも女性が多いネイリスト検定。そこではきれいに見られたい、オシャレに見られたいという気持ちで試験に臨まれる方も多いはず。

ネイリストの資格の代表格! 日本ネイリスト検定試験センターの「ネイリスト技能検定試験」に迫る!

多くの女性が憧れるネイリスト。もちろんなるには資格が必要でしょ? と思っている人が多いかもしれませんが、実は資格が何もなくてもネイルアーティストにはなれるのです。 しかし、ネイルサロンなどへ就職する時には、条件に資格取得者を掲げているところがほとんど。そのため、ネイリストの勉強をするのと同時に、資格に挑戦する人が多いようです。