美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.05.10

作成:2017.05.09

ネイリスト

ネイル初心者はこのアイテムを揃えろ!

初心者ネイルに必須アイテム

マニキュア

 

ネイル初心者が陥ってしまいがちなのは、いきなりマニキュアを塗ってしまうこと。まずは最低限揃えるアイテムを揃えてから、ネイルを楽しんでいきましょう。

塗りたい色のマニキュアを持っていることを前提にアイテムをご紹介します。

揃えるべきアイテム

ベースコート

ベースコートとは簡単に説明すると下地です。

基本的にマニキュアを塗る際は、ベースコートを塗ることが前提となっています。

ベースコートの役割は、マニキュアの塗布を促すだけではなく爪の保護です。

マニキュアは色の濃淡関係なく地爪に色素沈着する場合があります。

色素沈着を防ぎ、爪に負担をかけずネイルを楽しむためにもベースコートは必須アイテム。

色は無色透明や薄いピンク色が多く、ベースコートだけ塗っても結構爪が綺麗になりますよ。

ベースコートは人によって向き不向きがあるので、自分に合うベースコートをじっくり探してみるのもいいかもしれません。

初心者であれば、まずは評判が良い安定した商品のベースコートを選ぶといいでしょう。

値段は300円台から1,000円台と広く設定されているので、予算で選ぶのもひとつです。

トップコート

マニキュアを塗った後に塗る艶出しです。

トップコートを塗ることで、ネイルカラーの劣化を防ぎ発色を良くします。

マニキュアを剥がれにくくしてくれるので、トップコートがなければセルフネイルは完成しないと言っても過言ではないでしょう。

現在はさまざまなトップコートが販売されており、マットトップコートやジェル風トップコートなどがあります。

最近はジェルネイルの人気がとても高いですが、ぷっくりと爪を仕上げてくれるジェル風トップコートがあれば、トレンドにかなった爪に仕上げることが可能。

ツヤツヤのネイルにしたいなら従来のトップコートで、ツヤを抑えたネイルにしたいならマットトップコートと、どのトップコートを塗るかによりセルフネイルの仕上がりが大分変ります。

用途に合わせて複数トップコートを所有するのもありですね!

値段はベースコート同様に幅広く設定されています。安価な物でも十分に役立つトップコートはたくさん売っていますよ。

可能であれば揃えるアイテム

プレパレーションに使うアイテム全般

プレパレーションとはネイルをする前に行う下準備のことです。

プレパレーションを施し、甘皮や爪表面の処理を行うことでネイルをよりきれいに施すことが可能に。

ジェルネイルでは必須の工程ですが、マニキュアを塗る場合でもプレパレーションをすると全く塗り心地が違います。

エタノールやキューティクルリムーバーなどが必要ですが、揃えられる場合は揃えプレパレーションを施してみましょう。とても難しい工程でもないので、初心者であってもちゃんとプレパレーションができますよ。

ネイルをどう施していくのか

収納

 

初心者だとマニキュアをうまく塗れなくて困ってしまう人もいるはずです。

しかし順序を守って塗っていけば、誰でも綺麗にマニキュアを塗っていけます。

ベースコートとトップコートも同じく、以下の順序で塗っていくときれいに仕上がりますよ!

塗り方の順序

  1. まずは爪の真ん中を塗っていきます。
  2. 右もしくは左端と、塗った時に生じる真ん中との隙間を塗ります。
  3. 今度は2の工程を反対側に施しておわり。

塗る際ですが、マニキュアは継ぎ足さず一回で塗るようにします。

真ん中を塗った際に、結構な量のマニキュアが塗布される場合がほとんどなので、両端を塗っていく時は真ん中のマニキュアを側面に伸ばしていくようにすれば問題ありません。

継ぎ足しながら塗っていくと、マニキュアが多すぎてしまい乾くのにも時間が掛かります。

もっと濃く塗りたい場合は、①から③の工程をある程度乾いた後にくり返し、納得いく発色に仕上げていきましょう。

豆知識として、マニキュアを冷蔵庫に入れておくと乾きが早くなります。

また温度が一定の場所なので、マニキュアの質を落とすことなく保管ができます。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

ネイリストの仕事に就くための情報まとめ

ネイリストも憧れる!? 有名ネイルアーティストのデザインをチェック!

ネイリストによってデザインやテクニックが大きく異なるネイルアート。ネイリストという範囲に留まらず、芸能人のネイルや雑誌などで使われるネイルデザインを担当する“ネイルアーティスト”として活躍する人も多くいます。

通信講座でネイリストを目指す! そのメリット・デメリットや格安通信講座まで!

美容師とは違って、ネイリストになるため必須となる資格などはありません。とはいえお客様にネイルアートを施すために高い技術が求められますし、ポリッシュやジェルネイルなどネイルには様々な種類があるのでそれを上手く使うための知識も必要です。

ネイリストという職業――なるには・資格・検定・求人 etc

人の指先を美しく彩るネイルの専門家・ネイリストといえば、今や女性にとってはお馴染みの職業ですよね。その仕事内容はジェルネイルやポリッシュなどを用いてネイルアートを施したり、爪をケアしたりと奥が深いもの。ここではネイリストになる方法や必要な資格、求人情報などへのリンクをまとめています。

ネイリスト検定のモデルはこんな人にやってもらいたい! モデルの条件と注意点とは?

ネイリスト検定において、爪を施術するためのモデル選びはとても大切。上級の検定試験では、モデル探しで妥協したために不合格になるということもありえます。そのため、ネイリストとしてステップアップしていくには、良いモデルを見つけてその協力を得ることが必要不可欠です。

資格なしでネイリストとして働く方法&資格取得のメリットとは

美容業界には「美容師」や「ネイリスト」、「エステティシャン」などさまざまな職種があり、資格の数も豊富。ですがネイリストには特に資格がなくても働けるサロンが多数あって、実際に「資格なし」で働いている女性も多いようす。中には主婦と両立して働いている人もいるそうですよ。

減点される身なりは避けよう! ネイリスト検定に向いた服装や髪型

どんな試験でも試験官や他の受験者から見られることになるので、その身なりについては悩みどころですよね。特に“美”に関わる業界で、受験者やモデルも女性が多いネイリスト検定。そこではきれいに見られたい、オシャレに見られたいという気持ちで試験に臨まれる方も多いはず。

ネイリストの資格の代表格! 日本ネイリスト検定試験センターの「ネイリスト技能検定試験」に迫る!

多くの女性が憧れるネイリスト。もちろんなるには資格が必要でしょ? と思っている人が多いかもしれませんが、実は資格が何もなくてもネイルアーティストにはなれるのです。 しかし、ネイルサロンなどへ就職する時には、条件に資格取得者を掲げているところがほとんど。そのため、ネイリストの勉強をするのと同時に、資格に挑戦する人が多いようです。