美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.05.18

ネイリスト

ネイルはパーツの置き方で変わる!

赤いネイル

 

パーツの置き方でネイルは変わる

ネイルをもっと綺麗に仕上げるには、さまざまなパーツを活用していくといいでしょう。

ネイルパールやストーンを指しています。ブリオンと呼ばれるストーンより小さい粒のパーツがあります。これらはビジューと呼ばれるパーツになりますが、置き方ひとつでネイルの印象がガラっと変わりますよ!
カンタンにできるパーツの置き方をご紹介。

1点に集中してパーツを置く

3種類以上のパーツを、量とバランスを考えた上で一点に集中して置きます。

ネイルのどの部分に施しても目立つのでおすすめです。特に斜め下に置くデザインが人気ですよ。

並列にパーツを置く

フラワーモチーフやクロスモチーフを並列に置くと、まとまったデザインのネイルに仕上がります。

どのパーツを使うかによってデザインの幅が広がるのでオススメです。

ライン状にパーツを置く

ネイルに1本線を引くように、ビジューやラメを置いていきます。そのラインの上にストーンを置いていくデザインはオーソドックスかつ人気が高いです。

パーツの黄金比とは?

闇雲にパーツを配置してしまうと、ネイルは落ち着きがなくなってしまいせっかくのジェルネイルが台無しに。

パーツの黄金比を守れば、ジェルネイル初心者の方でもまとまりがあるデザインのネイルができ、センスが良いスマートなネイルに仕上がりますよ。

黄金比は1つのネイルに対して大パーツ1個・中パーツ3個・小パーツ5個となっています。

どのデザインでも、黄金比を守ってパーツを配置すれば、デザインが崩れずに理想的な仕上がりに。

ネイルにはいろいろと魅力的なデザインがありますが、どれも改めて見ていると上記の黄金比を守っていることが分かります。

デザインによっては配置するパーツの数が異なりますが、黄金比の割合を踏まえて調節をすれば問題ありません。バランスを考えることが重要と言えるでしょう。

置き方を工夫して、一味違うネイルに!

パーツの置き方を一工夫すれば、かわいらしさを前面に押し出したネイルができますし、シックで大人の魅力があふれるネイルもできます。

新しいデザインに挑戦したくなったら、パーツをどう置くのか工夫してみると面白いですよ。

ラインストーンで花をかたどる、かわいらしいフラワーネイル

中央に大きいストーンを置き、その周りを小さなストーンやブリオンで囲むと、かわいらしい花のワンポイントが完成。

とても活用しやすいデザインであり、どのベースカラーにもしっくりきます。花を作るのはネイルの中心でも下部でも大丈夫です。ワンポイントなのでどの配置でもデザインとして映えます。

かわいらしさや上品さを引き立たせるネイルが完成しますよ。

ネックレスやブレスレットのようにビジューを配置

ネイルにネックレスやブレスレットがぶら下がっているように、ビジューを置いていくと上品なネイルに仕上がります。曲線を意識してパーツを置くのがポイントです。

ラメでラインを作ってその上にストーンを置く

ラメでラインを施し、その上にいくつかのパーツをパラパラと置いていきます。フレンチネイルのポイントとして活用できる置き方です。フレンチネイルを一味違う感じで仕上げたい時にするとGood!

ほかにもパーツの置き方がありますので、好みのデザインに合わせて挑戦してみましょう!

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を都道府県から探す

ネイリストの仕事に就くための情報まとめ

ネイリストも憧れる!? 有名ネイルアーティストのデザインをチェック!

ネイリストによってデザインやテクニックが大きく異なるネイルアート。ネイリストという範囲に留まらず、芸能人のネイルや雑誌などで使われるネイルデザインを担当する“ネイルアーティスト”として活躍する人も多くいます。

通信講座でネイリストを目指す! そのメリット・デメリットや格安通信講座まで!

美容師とは違って、ネイリストになるため必須となる資格などはありません。とはいえお客様にネイルアートを施すために高い技術が求められますし、ポリッシュやジェルネイルなどネイルには様々な種類があるのでそれを上手く使うための知識も必要です。

ネイリストという職業――なるには・資格・検定・求人 etc

人の指先を美しく彩るネイルの専門家・ネイリストといえば、今や女性にとってはお馴染みの職業ですよね。その仕事内容はジェルネイルやポリッシュなどを用いてネイルアートを施したり、爪をケアしたりと奥が深いもの。ここではネイリストになる方法や必要な資格、求人情報などへのリンクをまとめています。

ネイリスト検定のモデルはこんな人にやってもらいたい! モデルの条件と注意点とは?

ネイリスト検定において、爪を施術するためのモデル選びはとても大切。上級の検定試験では、モデル探しで妥協したために不合格になるということもありえます。そのため、ネイリストとしてステップアップしていくには、良いモデルを見つけてその協力を得ることが必要不可欠です。

資格なしでネイリストとして働く方法&資格取得のメリットとは

美容業界には「美容師」や「ネイリスト」、「エステティシャン」などさまざまな職種があり、資格の数も豊富。ですがネイリストには特に資格がなくても働けるサロンが多数あって、実際に「資格なし」で働いている女性も多いようす。中には主婦と両立して働いている人もいるそうですよ。

減点される身なりは避けよう! ネイリスト検定に向いた服装や髪型

どんな試験でも試験官や他の受験者から見られることになるので、その身なりについては悩みどころですよね。特に“美”に関わる業界で、受験者やモデルも女性が多いネイリスト検定。そこではきれいに見られたい、オシャレに見られたいという気持ちで試験に臨まれる方も多いはず。

ネイリストの資格の代表格! 日本ネイリスト検定試験センターの「ネイリスト技能検定試験」に迫る!

多くの女性が憧れるネイリスト。もちろんなるには資格が必要でしょ? と思っている人が多いかもしれませんが、実は資格が何もなくてもネイルアーティストにはなれるのです。 しかし、ネイルサロンなどへ就職する時には、条件に資格取得者を掲げているところがほとんど。そのため、ネイリストの勉強をするのと同時に、資格に挑戦する人が多いようです。