美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.07.05

作成:2017.07.04

ネイリスト

華やか!はん用性の高さもうれしいネックレスネイル

ネックレスネイルの特徴とは

 

「華やかで飾りが多いネイルアートも楽しいけれど、仕事場にしていくのはちょっと厳しい」

「難しいことはしたくない」

「結婚式などのパーティーでもオフィスでも使える、はん用性の高いネイルを知りたい」

と思ったことありませんか?

そんな人におすすめなのが、「ネックレスネイル」です。

ネックレスネイルは、基本的に「マニキュアを塗った爪に、ネックレスのように丸みを帯びたラインをネイルストーンなどで作っていく」というネイルデザイン。このネックレスのデザインは多岐に渡っており、本物のネックレスのように、金色の鎖×大振りのビジューをネイルストーンで作るものもあれば、緩いカーブをネイルストーンで作る、といったシンプルなものもあります。

ネックレスネイルの魅力と作り方

 

ネックレスネイルの面白さは、どんなシチュエーションでも、それぞれのシチュエーションに合ったものを作ることができるという点です。例えば薄いピンクに、ブリオン(ネイルアートに使われる、小さなボール)を載せて作ったネックレスネイルはオフィスなどでも使えるデザインですし、ブリオンと大き目のラインストーンでネックレスを作ったものなどは、結婚式場などにぴったりのネイルアートです。このようにネックレスネイルは、TPOに応じたデザインをできるのが魅力です。

 

ネックレスネイルは、作り方もごく簡単です。

まず、爪にマニキュアを塗るところから始めます。その上に、ブリオンやネイルストーンを配置。さらに、トップジェルを塗る(必要に応じてクリアジェルも使用する)だけで完成です。特に、シンプルなデザインのネックレスネイルであれば、初心者でもそれほど難航せずに作り上げることも可能。

さまざまなシチュエーションで活躍してくれるネックレスネイル。セルフでも決して難しくはないので、「新しいネイルアートにチャレンジしてみたい!」という人は試してみてはいかがでしょうか。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を都道府県から探す

ネイリストの仕事に就くための情報まとめ

ネイリストも憧れる!? 有名ネイルアーティストのデザインをチェック!

ネイリストによってデザインやテクニックが大きく異なるネイルアート。ネイリストという範囲に留まらず、芸能人のネイルや雑誌などで使われるネイルデザインを担当する“ネイルアーティスト”として活躍する人も多くいます。

通信講座でネイリストを目指す! そのメリット・デメリットや格安通信講座まで!

美容師とは違って、ネイリストになるため必須となる資格などはありません。とはいえお客様にネイルアートを施すために高い技術が求められますし、ポリッシュやジェルネイルなどネイルには様々な種類があるのでそれを上手く使うための知識も必要です。

ネイリストという職業――なるには・資格・検定・求人 etc

人の指先を美しく彩るネイルの専門家・ネイリストといえば、今や女性にとってはお馴染みの職業ですよね。その仕事内容はジェルネイルやポリッシュなどを用いてネイルアートを施したり、爪をケアしたりと奥が深いもの。ここではネイリストになる方法や必要な資格、求人情報などへのリンクをまとめています。

ネイリスト検定のモデルはこんな人にやってもらいたい! モデルの条件と注意点とは?

ネイリスト検定において、爪を施術するためのモデル選びはとても大切。上級の検定試験では、モデル探しで妥協したために不合格になるということもありえます。そのため、ネイリストとしてステップアップしていくには、良いモデルを見つけてその協力を得ることが必要不可欠です。

資格なしでネイリストとして働く方法&資格取得のメリットとは

美容業界には「美容師」や「ネイリスト」、「エステティシャン」などさまざまな職種があり、資格の数も豊富。ですがネイリストには特に資格がなくても働けるサロンが多数あって、実際に「資格なし」で働いている女性も多いようす。中には主婦と両立して働いている人もいるそうですよ。

減点される身なりは避けよう! ネイリスト検定に向いた服装や髪型

どんな試験でも試験官や他の受験者から見られることになるので、その身なりについては悩みどころですよね。特に“美”に関わる業界で、受験者やモデルも女性が多いネイリスト検定。そこではきれいに見られたい、オシャレに見られたいという気持ちで試験に臨まれる方も多いはず。

ネイリストの資格の代表格! 日本ネイリスト検定試験センターの「ネイリスト技能検定試験」に迫る!

多くの女性が憧れるネイリスト。もちろんなるには資格が必要でしょ? と思っている人が多いかもしれませんが、実は資格が何もなくてもネイルアーティストにはなれるのです。 しかし、ネイルサロンなどへ就職する時には、条件に資格取得者を掲げているところがほとんど。そのため、ネイリストの勉強をするのと同時に、資格に挑戦する人が多いようです。