美容スペシャリストな自分になるために

公開日:2019年4月12日

ネイリスト

梅雨を楽しく乗り越えよう♪アンブレラネイルのやり方

アンブレラネイルとは

アンブレラネイルとは、傘をモチーフにしたネイルアートです。ネイルアートには数多くのデザインがありますが、季節に関係するデザインはその季節に施したいので、年に1度だけ流行りが来るなんてことも。アンブレラネイルもそのひとつ。カラフルな傘を描いたり、傘と一緒に雨粒や雲を描くことで、梅雨の時期に多い雨の日もハッピーに過ごせそうなキュートな指先になります。

 

一見、難しそうに見えますが、フレンチネイルと同じ手順で描くことができますよ。不器用な方でもできるので、さっそく道具を用意して描いてみましょう。

アンブレラネイルのやり方

自分でできるアンブレラネイルのやり方をご紹介します。

用意するもの

  • ネイルカラー(傘の布地と柄の部分を描くので2色以上)
  • 丸いシール
  1. 爪の中央部分に、丸いシールを横に重なり合うように複数枚、貼り付けます。
  2. 爪先にネイルカラーを塗ります。(傘の布地部分にしたい色を選んでください)
  3. ネイルが乾いたら、丸いシールをすべて剥がします。傘のような縁がきれいにできているはずです。
  4. 別の色のネイルカラーで、傘の骨組みと柄の部分を描きます。
  5. トップコートを塗って仕上げましょう。

フリーハンドだと傘の縁を均一に描くのが難しいですが、丸いシールがあればきれいに描けるのでおすすめです。好きな色のネイルカラーと丸いシールがあればできるため、少ない材料でできるのもうれしいですよね。

アンブレラネイルをアレンジしよう

基本のアンブレラネイルのやり方をマスターしたら、アレンジを加えてオリジナルネイルにしましょう。

 

ホログラムを貼ってポップに仕上げる

傘を描くだけではなく、ホログラムなどを使ってポップなアンブレラネイルにしましょう。傘の模様として使ったり、雨粒代わりに使ってもおしゃれです。

ワンポイントネイルにする

すべての指をアンブレラデザインにするのではなく、ワンポイントにするのも◎。ほかの指は、普通のフレンチネイルでもOKですし、雨に関するモチーフを描くのもおすすめです。例えば、雨粒や雲、虹やアジサイなどは、アンブレラネイルと相性ばっちり。

カラフルな傘を描く

傘の布地部分を一色にするのではなく、複数色使ってカラフルな傘にしてみましょう。コツは傘の骨組みの部分を境に色を変えることです。

アンブレラネイルはフレンチネイルのように簡単にできて、見た目がとってもキュート。梅雨の時期や雨で憂鬱になる日に挑戦したいですね。ぜひアレンジを加えて、オリジナルのアンブレラネイルを描いてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?ネイルサロンでプロにお願いするのもよし。自分で好きなように施すのもよし。セルフネイルでは、ネイルアートに使うパーツやカラージェルなど、すべてを自分の好みのもので仕上げる事ができます。

 

少しの工夫で可愛くなり、ネイルサロンにはないデザインが出来上がるかもしれません。失敗しても、何度もチャレンジしてみましょう。色々、試してみるうちに自分の肌と馴染の良いカラーなども知れるかもしれませんよ。

アンブレラネイル

ネイリストの関連求人

ネイリストになるための情報まとめ

ネイリストも憧れる!? 有名ネイルアーティストのデザインをチェック!

ネイリストによってデザインやテクニックが大きく異なるネイルアート。ネイリストという範囲に留まらず、芸能人のネイルや雑誌などで使われるネイルデザインを担当する“ネイルアーティスト”として活躍する人も多くいます。

通信講座でネイリストを目指す! そのメリット・デメリットや格安通信講座まで!

美容師とは違って、ネイリストになるため必須となる資格などはありません。とはいえお客様にネイルアートを施すために高い技術が求められますし、ポリッシュやジェルネイルなどネイルには様々な種類があるのでそれを上手く使うための知識も必要です。

ネイリストという職業――なるには・資格・検定・求人 etc

人の指先を美しく彩るネイルの専門家・ネイリストといえば、今や女性にとってはお馴染みの職業ですよね。その仕事内容はジェルネイルやポリッシュなどを用いてネイルアートを施したり、爪をケアしたりと奥が深いもの。ここではネイリストになる方法や必要な資格、求人情報などへのリンクをまとめています。

ネイリスト検定のモデルはこんな人にやってもらいたい! モデルの条件と注意点とは?

ネイリスト検定において、爪を施術するためのモデル選びはとても大切。上級の検定試験では、モデル探しで妥協したために不合格になるということもありえます。そのため、ネイリストとしてステップアップしていくには、良いモデルを見つけてその協力を得ることが必要不可欠です。

資格なしでネイリストとして働く方法&資格取得のメリットとは

美容業界には「美容師」や「ネイリスト」、「エステティシャン」などさまざまな職種があり、資格の数も豊富。ですがネイリストには特に資格がなくても働けるサロンが多数あって、実際に「資格なし」で働いている女性も多いようす。中には主婦と両立して働いている人もいるそうですよ。

減点される身なりは避けよう! ネイリスト検定に向いた服装や髪型

どんな試験でも試験官や他の受験者から見られることになるので、その身なりについては悩みどころですよね。特に“美”に関わる業界で、受験者やモデルも女性が多いネイリスト検定。そこではきれいに見られたい、オシャレに見られたいという気持ちで試験に臨まれる方も多いはず。

ネイリストの資格の代表格! 日本ネイリスト検定試験センターの「ネイリスト技能検定試験」に迫る!

多くの女性が憧れるネイリスト。もちろんなるには資格が必要でしょ? と思っている人が多いかもしれませんが、実は資格が何もなくてもネイルアーティストにはなれるのです。 しかし、ネイルサロンなどへ就職する時には、条件に資格取得者を掲げているところがほとんど。そのため、ネイリストの勉強をするのと同時に、資格に挑戦する人が多いようです。