美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.08.10

作成:2017.08.09

ネイリスト

ちゅるんとした質感が魅力の生ネイルとは?

生ネイルとは

生ネイルとは表面がつるつるとした光沢感の強いネイルデザインのこと。まるでグロスを塗った唇のようにジューシーな質感は、女性だけではなく男性からも人気のデザインになっています。

生ネイルをより美しく見せるために大切なのは、ちゅるんとしたツヤのある質感です。

生ネイルは自爪の色が透けて見えるほどの透明感のある色がポイント。

クリアジェルを混ぜたり、マニキュアのクリアカラーをメインに使って生ネイルを作っていきます。

生ネイルの基本カラー&デザイン

生ネイルに最適なカラーはピンクです。自爪の色に赤みをプラスするイメージで、ほんのり色づくくらいの色味を選ぶのがベスト。そのほか、ライトベージュやライトブルー、ミントカラーなどもカワイイ雰囲気をだせます。

デザインは爪の真ん中を濃い目にして、その周りを薄めにカラーリング。チークネイルっぽく仕上げると生ネイル感を出すことができます。クリアカラーを使う場合は、もともと色が薄いため爪全体に塗ってもだいじょうぶです!また、グラデーションアートやカラーリング後に微細ラメ入りのクリアジェルを塗るなどのアレンジも◎。

気分に合わせてストーンやパールをプラスすると、また違った雰囲気を楽しめます。

生ネイルにおすすめのアレンジ方法

冬におすすめの生ネイル

乳白色カラーに細かいパールを組み合わせた生ネイルは、冬の季節にピッタリのネイルデザイン。グラデーションやチークデザインより単色で今風の生感をだせます。

自爪をうっすら見せるデザイン以外の生ネイル

口の中に入れたくなるような「生キャラメルネイル」をモチーフにしたデザイン。濃い目の茶色を塗るワンカラーにするのがおすすめです。茶色をベースにストーンや天然石を取り入れるデザインもカワイイですよ。

Author:美プロ編集部

関連求人を探す

ネイリストの仕事に就くための情報まとめ

ネイリストも憧れる!? 有名ネイルアーティストのデザインをチェック!

ネイリストによってデザインやテクニックが大きく異なるネイルアート。ネイリストという範囲に留まらず、芸能人のネイルや雑誌などで使われるネイルデザインを担当する“ネイルアーティスト”として活躍する人も多くいます。

通信講座でネイリストを目指す! そのメリット・デメリットや格安通信講座まで!

美容師とは違って、ネイリストになるため必須となる資格などはありません。とはいえお客様にネイルアートを施すために高い技術が求められますし、ポリッシュやジェルネイルなどネイルには様々な種類があるのでそれを上手く使うための知識も必要です。

ネイリストという職業――なるには・資格・検定・求人 etc

人の指先を美しく彩るネイルの専門家・ネイリストといえば、今や女性にとってはお馴染みの職業ですよね。その仕事内容はジェルネイルやポリッシュなどを用いてネイルアートを施したり、爪をケアしたりと奥が深いもの。ここではネイリストになる方法や必要な資格、求人情報などへのリンクをまとめています。

ネイリスト検定のモデルはこんな人にやってもらいたい! モデルの条件と注意点とは?

ネイリスト検定において、爪を施術するためのモデル選びはとても大切。上級の検定試験では、モデル探しで妥協したために不合格になるということもありえます。そのため、ネイリストとしてステップアップしていくには、良いモデルを見つけてその協力を得ることが必要不可欠です。

資格なしでネイリストとして働く方法&資格取得のメリットとは

美容業界には「美容師」や「ネイリスト」、「エステティシャン」などさまざまな職種があり、資格の数も豊富。ですがネイリストには特に資格がなくても働けるサロンが多数あって、実際に「資格なし」で働いている女性も多いようす。中には主婦と両立して働いている人もいるそうですよ。

減点される身なりは避けよう! ネイリスト検定に向いた服装や髪型

どんな試験でも試験官や他の受験者から見られることになるので、その身なりについては悩みどころですよね。特に“美”に関わる業界で、受験者やモデルも女性が多いネイリスト検定。そこではきれいに見られたい、オシャレに見られたいという気持ちで試験に臨まれる方も多いはず。

ネイリストの資格の代表格! 日本ネイリスト検定試験センターの「ネイリスト技能検定試験」に迫る!

多くの女性が憧れるネイリスト。もちろんなるには資格が必要でしょ? と思っている人が多いかもしれませんが、実は資格が何もなくてもネイルアーティストにはなれるのです。 しかし、ネイルサロンなどへ就職する時には、条件に資格取得者を掲げているところがほとんど。そのため、ネイリストの勉強をするのと同時に、資格に挑戦する人が多いようです。