美容スペシャリストな自分になるために

2016年10月30日更新

特集

ネイルNGの職場でも諦めないで! 爪磨きだけでもつるつる美爪になれるテクニック


 女性の指先のオシャレとして浸透しているネイルアートだが、職場や学校でネイルNGだったり、育児や家事をこなす時にネイルがあるとやりづらいという理由で、ネイルをしていないという人は意外と多い。しかし、そんな人でも爪を磨くだけで見違えるほどの美爪を手に入れることができる。
 
 「爪を磨くだけでキレイになるの?」と疑問を持つ人もいるかもしれないが、原理はピーリングをした後のお肌がキレイになるのと一緒。傷ついたり、汚れてしまった部分を磨いて取り除くことで、爪が美しくなるのだ。完璧なすっぴん美爪を目指すには爪の形も整えておくことが理想的だが、慣れていないと時間も手間もかかるので、初心者の人は爪を磨くところから始めてみよう。
 
 その方法としては、まず爪を磨く前によく洗っておくこと。汚れがついたままの状態で爪を磨くと傷ついてしまうので、清潔な状態にしておかないといけない。この時、お湯で洗うと指先が温まって爪が柔らかくなるので、爪磨きも簡単になる。
 
 水気を拭き取って準備ができたら、レッツ爪磨き! 本格的なネイルケアの際には、「バッファー」「シャイナー」と呼ばれる爪やすりを使うが、ビギナーの人にはブロックタイプの爪やすりがオススメ。ブロックタイプは面ごとに異なる目のやすりがついており、最初は目の粗いところで磨いて、徐々に目の細かいやすりに変えていくという使い方ができる。また、一般的なやすりよりも持ちやすく、使い切りのシートタイプもあるので、お試し感覚でやってみるのも良いだろう。
 
 爪を磨くとすぐに表面がツヤツヤになるが、効果を持続するためにも、最後の仕上げにハンドクリームをつけて爪の保湿をしておこう。また、普段から手だけでなく爪にもクリームを塗るようにしておくと、爪の乾燥を防ぐことができる。
 
 ちなみに、コンビニやスーパーなどで発行されるレシートは爪磨きに応用可能。感熱紙であるレシートの表面は目に見えない凸凹があるため、やすりで爪を磨いた時と同じ効果を発揮してくれる。気になる人は、とりあえずレシートでの爪磨きから始めてみては?
 
画像出典:Robynlou Kavanagh / hold my hand(from Flickr, CC BY 2.0)

10周年サンクスキャンペーン、総額1000万円プレゼント