セラピストに向いている人とは?転職する前にしてほしい適性チェック

セラピストに向いている人とは?転職する前にしてほしい適性チェック

セラピ施術中

セラピストに向いている人とは

人と接することが好き

セラピストには人と接することが好きでコミュニケーション能力が高い人が向いているでしょう。一対一でお客様と向き合い、サービスや施術を提供するので、コミュニケーション能力はセラピストの技術同様に必須です。

おおらかで優しい性格

お客様のお話を聞いたり心身ともに癒してあげたりと、包み込むような自然な優しさも必要となってきます。

施術してくれるセラピストがせかせかと落ち着きが無く、冷たい態度を取られたらお客様も離れてしまいます。優しくておおらかな性格の持ち主は、セラピストにぴったりでしょう。

勉強熱心

セラピストの技術は日々進歩し続けています。毎日変化し続ける中で、新しい技術や知識を勉強することを楽しいと思える人が、セラピストに向いているでしょう。

お客様に喜んでもらうにはどうしたら良いのか、仕事の為に仕方なく考えるのではなく能動的に考えて勉強していけると良いですね。

心身ともに健康的

日々多くのお客様に接客をしながらマッサージを行うセラピストの仕事は、体力的にも精神的にも負担のある仕事です。

訪れるお客様は身体に何かしらの問題を抱えていることも多いので、まずは心身ともに健康的であることが、治療に当たるセラピストに求められることでしょう。

 

などなどセラピストに向いている人には他にも多くの特徴があります。

セラピストにピッタリ?適性チェックリスト

顔マッサージ

セラピストに転職・就職する前に、自分にはセラピストの適正があるかどうかを、チェックリストで確認してみましょう。

適性チェックリスト

  • 1.人と接することが好き
    セラピストは、お客様を癒してあげるサービス業です。人と接することが好きだと、お客様との時間を楽しく過ごせますし、仕事も楽しめますよ。
  • 2.体力に自信がある
    マッサージを施すセラピストには体力が必要不可欠です。一日に何回も全身マッサージを施すことになりますので、体力がないと仕事が全うできないかもしれません。
  • 3.メンタルが強い
    セラピストは、指名制であることがほとんど。自分に指名が入らないと言って、落ち込んでいるようでは、セラピストを続けるのは難しいです。。それだけではなく、仕事なのでいろいろと悩むこともあるでしょう。「落ち込んでいる場合じゃない。技術を磨いて高みを目指そう」と、スパッと気持ちを切り替えられる、メンタルの強さが必要なのです。
  • 4.臨機応変に対応できる
    時にはお客様から細かいリクエストや指示、施術内容を少しアレンジして対応してほしいなどのリクエストがあることも。さまざまな要望に応えられる、臨機応変さがセラピストには必要です。サービスの範囲内であれば、臨機応変に対応すると喜ばれるでしょう。
  • 5.相手の気持ちを汲み取ることができる
    セラピストとして、お客様を癒してあげるためにも必要なのは、お客様の話をしっかりと聞いて理解をし、気持ちを汲み取り接していけるスキルです。お客様を人の気持ちを考えられる優しさは、セラピストなら持っていて当たり前なスキルとも言えます。
 

自分自身がセラピストに向いているのかどうかを確認することは大切です。今一度、自分自身と向き合い、セラピストに向いていると確信がもてたのであれば、ぜひともセラピストを目指して転職・就職に挑戦してみてはいかがでしょうか。

セラピストに向かない人とは

セラピストに向かない人の特徴は、以下の通りになります。

人と接することが苦手

セラピストの仕事は接客業なので、人と話すことが苦手な人・接することが苦手な人にはつらいと感じてしまうでしょう。

ただ、最初は人見知りで人と話せなくても毎日たくさんのお客様を接客するうちに自然と慣れてくるもの。常連のお客様が増えてくると段々会話をすることも楽しくなってきますよ。

体力に自信がない

セラピストの仕事はなんと言っても体力勝負!一日に何人ものお客様をマッサージするので、一日が終わって帰宅するとクタクタに・・・。

これも続けていくうちに慣れてくることではありますが、なるべくなら日頃からマラソンをしたりジムに通ったり、体力向上に励みましょう!

ルーチンワークが好き

事務作業のような、毎日決まった仕事をこなしていくことはありません。性格も身体の特徴も全く異なるお客様を一日に何人も施術しなくてはいけないのがセラピストの仕事。

その為、「毎日決められた仕事を淡々とこなしたい」という人にはやりたい仕事とのギャップを感じてしまうでしょう。

相手の気持ちを汲み取るのが苦手

いくら楽天的と言っても、お客様の言っていることをすべて無視して自分のペースで仕事をしていくことはセラピストには向いていません。お客様の「こうなりたい」「ここを良くしていきたい」という願いを叶えていくのがセラピストの役目。言葉で伝えるのがあまり上手くないお客様の気持ちも、汲んであげられるような心遣いが必要になります。

 

セラピストに向いている人とは反対の性格になりますが、改めて確認してみると納得できますね。ですが、これらは最初から必須な能力ではありません。もちろん最初からこれら全てを備えているセラピストも少ないので、本当にセラピストの仕事に挑戦したいと考えているのなら働きながら少しずつ改善していくこともできるはず。

まずは「やってみたい」という気持ちを一番に大切にしましょう。

 

セラピストの適性をアピールする自己PR・履歴書の書き方

いくらセラピストに向いている人でも就職試験時に適性をアピールできなければ、もったいないですよね。以下では、適性をアピールするために 自己PRと履歴書に記載すべき内容を紹介していきます。

 

まず第一に「なぜセラピストになりたいのか」を、実体験などの“具体例”を交えながら伝えることが重要。具体的に内容を書くことで、採用担当者に「ただの憧れでなく、働くことをしっかりとイメージできている」と感じさせることができるでしょう。またセラピストは華やかなイメージとは裏腹に体力勝負の仕事で、お客さまから指名されないと給料が上がらないといった心身共にハードな面も。業界事情を踏まえて、自分が長く働いていけると考える理由を過去の体験をもとに書いていくと良いでしょう。

 

過去の体験をもとに履歴書を書くためには、事前に過去の自分を振り返って「長所や短所」「経歴」「セラピストを目指そうと思った理由」を整理しておくのがおススメ。特に「セラピスト」の特性にポイントを絞って、アピールポイントを考えておきましょう。例えば人の心を癒す職業であるセラピストは、「人の話を聴く力」が求められるもの。「過去に営業職や接客業などの経験がある」「普段から友達や家族から相談に乗ってほしいと頼まれる」といった具体例を出すことで、自分の適性をアピールできるはずです。

適性がなくてもセラピストになれる?

 

セラピストの仕事には「適性」があるものの、限られた人しか働けない職種という訳ではありません。たとえばボディ系セラピストの仕事内容は、リラクゼーションマッサージがメイン。ですがマッサージと一口に言っても、全身を揉みほぐすベーシックなものからアロマオイルやホットストーンなどの特殊な道具を使ったものまで多くの種類があります。そのため施術にあたって習得するべき技術や知識も様々。実際にセラピストとして働いた際に「向いてないかもしれない…」と感じても、自分に合った施術を探してみたり、興味のある分野を専門にすることで仕事に対する手ごたえも変わってくるかもしれません。

 

さらにセラピストは「技術」や「接客力」が必須の職業。向き・不向きに関係なく、しっかりとスキルを習得すれば誰でも活躍できる業界だと言えるでしょう。特に「接客力」に関してはいくつかの事柄を心得ているだけで、お客さまが満足のいくサービスを提供することができるはず。

 

まず基本的なところでは、「身だしなみに気を遣う」ことが重要。人に癒しを与え、人に直接触れることも多いセラピストは見た目の第一印象も大切になってくるからです。次に意識したいのは「お客さまの話を理解する」こと。丁寧に話を聴き、お客さまの要望にあった施術を提供できるようにしましょう。さらに「笑顔を大切にしてリラックスできる環境を作ること」も大切ですね。サロンの環境づくりや施術内容はもちろんですが、話すときはお客さまが不快にならない言葉遣いを心がけると印象もよくなります。「セラピストになりたいけど自分は向いているか不安」という人も、セラピストを目指して努力してみてはいかがでしょうか。

セラピストになるための情報まとめ

【施術別】セラピストの種類を徹底リサーチ

セラピストを大きく6つのカテゴリーに分けて解説。ボディ・メディカル・心理・リラクゼーション・エネルギー・フードに関するセラピストについて紹介しています。セラピストを目指す人は要チェックです。

セラピストってどんな仕事? セラピーの種類や現状がわかるセラピストの“いろは”

世の中には実に様々なセラピーが存在しています。しかし種類があまりに多いので「セラピーっていったい何のこと?」と混乱してしまう人もいるかもしれません。そんな人のために、今回はセラピーに関する“いろは”をご紹介します。

セラピストの休日・休暇について

セラピストの仕事に興味があるけれど、お休みはいつとれるのかいまいち分からない・・そしてお休みの日には一体何をして過ごしているの?今回はセラピストを目指して就職活動をする前に知っておきたい、休日について見ていきましょう。

需要拡大中のセラピスト業界!気になる給与・年収の相場や収入アップのポイントとは?

セラピストという職業の求人も増加し、セラピー業界への転職を考える人も増えてきました。そんな人にとって気になるのは「セラピストってどのぐらい稼げるの?」ということですよね。そこで今回は、気になるセラピストの給与・年収の相場を見ていきましょう。

セラピストに向いている人とは?転職する前にしてほしい適性チェック

人と接することが好きセラピストには人と接することが好きでコミュニケーション能力が高い人が向いているでしょう。一対一でお客様と向き合い、サービスや施術を提供するので、コミュニケーション能力はセラピストの技術同様に必須です。

このサロンにはどんな服がベスト?セラピストの服装や制服について

今回はセラピストの服装について、気を付けなければならない点やおすすめのスタイルなどをご紹介いたします。サロンの種類によってどんな制服のバリエーションがあるのか、面接の際にはどんな服装をすればいいのかについても見ていきましょう。

私もなれる!?セラピストを目指す上で重要なポイントを伝授します

セラピストになるには、技術を学ぶためにスクールなどに通う方法と、サロンに勤務して、店舗独自の研修で必要スキルを身に付けていく方法があります。どちらでもセラピストになることは可能ですが、たとえばスクールに通う方が幅広い知識や技術を学べるという利点があるなど、違いがあります。

セラピストになるには何が必要? セラピスト志望者向けのスクールや資格について!

人の心や体に働きかけて癒しを与えるセラピストという仕事。国家資格が必要ないこともあり、最近ではセラピストとして働きたいという人も増えてきています。そこで今回はセラピストになるにはどうすればいいのか解説していきます。

未経験者歓迎のセラピスト求人一覧

セラピストは全国的に未経験を積極採用しているのが特徴。しっかりした研修制度が整っており、何も知識がなくても基礎から優しく教えてもらえます

人材不足で引く手あまた!? 未経験者でもセラピストとしてデビューできる!

今回は未経験者がセラピストになる方法をご紹介。未経験者を歓迎しているサロンの事情や研修、セラピスト向けのスクールなどを取り上げていきます。また未経験者でも比較的楽に取れる資格についても説明していますよ。

アロマテラピーからタイ古式マッサージまで! セラピストの多種多様な資格を取得するメリットとは?

マッサージなどでリラクゼーションを提供するセラピスト。今回はセラピストの資格を取得するメリットを紹介していきます。資格の種類ごとに学べる知識や技術などを取り上げ、無資格でセラピストになる方法やメリットについても見ていきましょう。

セラピストにとってのスキルアップ方法とは?

お客様の心身のバランスを取り体内の不調を整える、セラピストの仕事。心身のストレスや不調を抱える人に対してさまざまな方法で癒しを与え、解決へ導いていくために技術力だけではなく高い接客力も必要となります。

セラピストにとって仕事のやりがいとは?

セラピストは、仕事でどのようなやりがいを感じているのでしょうか。今回は、気になる「セラピストのやりがい」についてご紹介いたします。

セラピストが伝えたい本音とは?

セラピストのお仕事は心身のストレスや不調を抱える人に対して癒しを与える素晴らしいお仕事です。一方で、セラピストは体力を要する場面も多く、大変なことが多いのも事実です。ここでは、そんなセラピストの“本音”について迫っていきましょう。

セラピストになって良かったこと、大変なこととは?

セラピストのお仕事は人を癒すことができる素晴らしいお仕事です。一般的に良く知られているのがアロマセラピストやボディセラピストなどのマッサージ系のセラピストです。

セラピストが受けるクレームや、対処の仕方って?!

セラピストの仕事は接客業なので、どこのサロンでも少なからず必ずお客様からのクレームは発生するもの。一体どんなクレームがあって、セラピストたちはどんな対処をしているのかを見ていきましょう。

土日休みOKのセラピスト求人一覧

セラピストは比較的自由にシフトを入れやすく、完全希望制のシフトをとりいれている店舗も。基本的に土日はパートやアルバイトの方がカバーしてくれるため、平日だけのフルタイム勤務にすることも可能です。

研修制度ありのセラピスト求人一覧

【研修制度あり】セラピスト、アロマ、リラクゼーションの求人・転職・募集の一覧ページ。セラピストの求人情報探しなら【美プロ】。研修制度ありのセラピスト求人一覧から給与・こだわりなど希望条件で絞り込が可能!

歩合ありのセラピスト求人一覧

【歩合あり】セラピスト、アロマ、リラクゼーションの求人・転職・募集の一覧ページ。セラピストの求人情報探しなら【美プロ】。歩合ありのセラピスト求人一覧から給与・こだわりなど希望条件で絞り込が可能!

セラピストの転職・入社に有利な時期って?

就職、転職時期を考えるにあたって、まずはセラピストの繁忙期を知っておきましょう。セラピストの繁忙期は8月~9月初めまでの夏の時期です。暑い夏の時期は肌の露出も増え、気持ちも昂るのでご来店されるお客様が多くなります。

セラピストになる為の第一歩!履歴書の書き方をおさらい!

「セラピストになりたい!」というとき避けて通れないのが履歴書です。しかし、具体的にどのようにアピールすればいいか、書き方がわからないという方もいるのではないでしょうか。

セラピストに転職するにはコレが肝心! 職務経歴書のうまい書き方とは

セラピストは大変人気のある職業です。そのため全く違った業種から未経験でセラピストの世界に飛び込む方も少なくありません。しかし、セラピストは本人のスキルや経験がものをいうお仕事です。

セラピストの面接対策。質問・志望動機・服装について

一口にセラピストといっても様々なタイプがあります。例えば、お客様の体調を整えて不調を治していく「ボディーセラピー」や人の心の問題を癒してくれる「心理セラピー」のほか、気やエネルギーを使う療法の「エネルギー系セラピー」といったものまで多岐に渡ります。

セラピストに転職!面接がうまくいく志望動機とは

「セラピストに転職する際、履歴書に志望動機をどのように書いたら良いの?」と悩む方のために、志望動機の書き方について押さえておきたいポイントを紹介します。

セラピスト面接での逆質問って?メモにとっておきたくさん質問しよう

面接であなたへの質問が終わったあと、必ず毎回聞かれるのが「最後に何か質問はありますか?」という一言。ここで「いえ、特にありません」と返すのは非常にもったいない事です。

セラピスト面接での自己PR!自分の自信を伝えよう

内定をもらうためには絶対に外せない自己PR文ですが、そもそも自己PRとは何なのか、何をアピールすれば良いのか、よく分からない方も多いと思います。今回は「自己PRとは一体何なのか?」「どんな内容を伝えるべきなのか?」を考えていきましょう。

セラピストの面接で聞かれる質問について

セラピストはお客様の心身のバランスを取り体内の不調を整え、人に対してさまざまな方法で癒しを与え、解決へ導いていくお仕事です。技術や技法を深く理解することで自分自身の内側と対話し、自分自身も癒すことが出来ます。

セラピストの求人・転職情報を探す