セラピストが受けるクレームや、対処の仕方って?!

セラピストが受けるクレームや、対処の仕方って?!

セラピストの仕事は接客業なので、どこのサロンでも少なからず必ずお客様からのクレームは発生するもの。一体どんなクレームがあって、セラピストたちはどんな対処をしているのかを見ていきましょう。

セラピストが受けるクレームやトラブル

接客に関するクレーム

「接客中に笑顔が少ない」「言葉遣いが悪い」「表情が暗い」などといった、セラピスト本人のことに対するクレームも多く見られます。中には、体型や見た目のことに対してクレームを言われる方も。

施術に関するクレーム

「マッサージしてもらったところが痛くて動かせなくなった」「施術中に使ったオイルや化粧水で肌がかぶれてしまった」「マッサージで不快感を受けた」「思ったような効果が出なかった」など、施術に関するクレームがもっとも多くみられるものです。

予期せぬ出来事に関するクレーム

施術中にいきなり使っていたマシンが故障したり、サロンが停電になって施術が続けられなくなったり。セラピストが悪いわけでもお客様が悪いわけでもない、仕方のないことですが、お客様にとっては期待していたサービスを受けることができずにクレームに繋がってしまうケースもあります。

勧誘・販売に関するクレーム

セラピスト側はそのようなつもりが一切無くても、お客様はそれぞれまったく異なる感じ方をします。「無理に販売された」「コースをすすめられた」など、お客様にとっては強引に感じられてクレームに繋がることもあります。

トラブルやクレームの対処法

まずはお客様の話を聞く

サロン側は何とも思っていないことでも、意図せずクレームに繋がってしまうこともたくさんあります。まずはそのお客様がどのように考えているのかをじっくりと聞くことが必要です。自分の考えを伝えることが苦手な方もいるので、お客様の言っていることを復唱して、理解しているという姿勢を示しましょう。

きちんとお詫びをする

感情的になっているお客様に言い訳を並べても、更に感情を逆なでして逆効果になってしまいます。お客様のクレームの内容を確認し終わったら、「不快な思いをさせてしまい申し訳ありません」とお詫びの言葉を伝えましょう。

クレームの内容についての非を認めるのではなく、不快な気持ちにさせてしまったことへの謝罪だということを忘れずに。

対応方法を考える

お客様の言いたいことを全て聞き終わったら、どのように対応すれば良いのかを考えましょう。なぜそのようなことが発生してしまったのかの原因をお客様にお伝えします。

そのあとに、どのように対応していくかを伝えてお客様に納得していただけるようにします。

他のスタッフにも共有し、対応をする

何についてのクレームかによっても異なりますが、もしサロン側やセラピスト側に非があるクレームだった場合には、お客様に対しても他のスタッフ・サロンに対しても「申し訳ない」という気持ちでいっぱいになるでしょう。

そんな場合にもただ落ち込むのではなく、他のスタッフにも情報を共有した上で真摯に対応をします。

意見をいただいたお客様に感謝の言葉を伝える

最後に、クレームをいただいたお客様に感謝の言葉を伝えることも忘れずに。たとえ何かに不満を持っていても、多くのお客様はそのまま何も言わずにサロンから離れてしまうことがほとんどなので、きちんとそれを伝えてくれる方はとても貴重な存在です。

貴重な意見をいただけたことに対して、心から感謝の言葉を伝えましょう。

トラブルやクレームの防ぎ方

カウンセリング能力を高める

お客様のほとんどは、自分の思い通りにいかないことに対して怒っています。「こういう接客をしてほしかった」「こんな施術を望んでいたのに・・」など、最初に丁寧なカウンセリングをしていれば防げたことも多くあります。お客様がどうなりたいのか、どんな対応を望んでいるのかをしっかりと見極められるようにカウンセリング能力を高めるようにしましょう。

クレームに発展しないような技術を身に着ける

対応力を身に着けるよりも前に、まずはクレームに発展しないようにセラピストとして確かな技術を身に着けましょう。

どうしたらお客様に心から気持ちよく帰ってもらえることができるか、どうしたら身体の不調やストレスを解決することができるかを考えながら、日々技術力向上に励むようにしましょう。

まとめ

お客様からのご意見は、サロンをより良くしていくためのとても貴重なもの。いただいたクレームはしっかりと受け止め、誠意をもって対応するようにすれば今までよりも更に良好な信頼関係を築くこともできます。

お客様の中には、クレームの言葉を口にした後に「クレーマーと思われたらどうしよう・・」「サロンとの関係が悪くなったらここに来づらい・・」と不安になる方もたくさんいます。

そんなお客様たちと、これからも良好な関係を続けていけるような対処の仕方を心がけるようにしましょう。

セラピストになるための情報まとめ

【施術別】セラピストの種類を徹底リサーチ

セラピストを大きく6つのカテゴリーに分けて解説。ボディ・メディカル・心理・リラクゼーション・エネルギー・フードに関するセラピストについて紹介しています。セラピストを目指す人は要チェックです。

セラピストってどんな仕事? セラピーの種類や現状がわかるセラピストの“いろは”

世の中には実に様々なセラピーが存在しています。しかし種類があまりに多いので「セラピーっていったい何のこと?」と混乱してしまう人もいるかもしれません。そんな人のために、今回はセラピーに関する“いろは”をご紹介します。

セラピストの休日・休暇について

セラピストの仕事に興味があるけれど、お休みはいつとれるのかいまいち分からない・・そしてお休みの日には一体何をして過ごしているの?今回はセラピストを目指して就職活動をする前に知っておきたい、休日について見ていきましょう。

需要拡大中のセラピスト業界!気になる給与・年収の相場や収入アップのポイントとは?

セラピストという職業の求人も増加し、セラピー業界への転職を考える人も増えてきました。そんな人にとって気になるのは「セラピストってどのぐらい稼げるの?」ということですよね。そこで今回は、気になるセラピストの給与・年収の相場を見ていきましょう。

セラピストに向いている人とは?転職する前にしてほしい適性チェック

人と接することが好きセラピストには人と接することが好きでコミュニケーション能力が高い人が向いているでしょう。一対一でお客様と向き合い、サービスや施術を提供するので、コミュニケーション能力はセラピストの技術同様に必須です。

このサロンにはどんな服がベスト?セラピストの服装や制服について

今回はセラピストの服装について、気を付けなければならない点やおすすめのスタイルなどをご紹介いたします。サロンの種類によってどんな制服のバリエーションがあるのか、面接の際にはどんな服装をすればいいのかについても見ていきましょう。

私もなれる!?セラピストを目指す上で重要なポイントを伝授します

セラピストになるには、技術を学ぶためにスクールなどに通う方法と、サロンに勤務して、店舗独自の研修で必要スキルを身に付けていく方法があります。どちらでもセラピストになることは可能ですが、たとえばスクールに通う方が幅広い知識や技術を学べるという利点があるなど、違いがあります。

セラピストになるには何が必要? セラピスト志望者向けのスクールや資格について!

人の心や体に働きかけて癒しを与えるセラピストという仕事。国家資格が必要ないこともあり、最近ではセラピストとして働きたいという人も増えてきています。そこで今回はセラピストになるにはどうすればいいのか解説していきます。

未経験者歓迎のセラピスト求人一覧

セラピストは全国的に未経験を積極採用しているのが特徴。しっかりした研修制度が整っており、何も知識がなくても基礎から優しく教えてもらえます

人材不足で引く手あまた!? 未経験者でもセラピストとしてデビューできる!

今回は未経験者がセラピストになる方法をご紹介。未経験者を歓迎しているサロンの事情や研修、セラピスト向けのスクールなどを取り上げていきます。また未経験者でも比較的楽に取れる資格についても説明していますよ。

アロマテラピーからタイ古式マッサージまで! セラピストの多種多様な資格を取得するメリットとは?

マッサージなどでリラクゼーションを提供するセラピスト。今回はセラピストの資格を取得するメリットを紹介していきます。資格の種類ごとに学べる知識や技術などを取り上げ、無資格でセラピストになる方法やメリットについても見ていきましょう。

セラピストにとってのスキルアップ方法とは?

お客様の心身のバランスを取り体内の不調を整える、セラピストの仕事。心身のストレスや不調を抱える人に対してさまざまな方法で癒しを与え、解決へ導いていくために技術力だけではなく高い接客力も必要となります。

セラピストにとって仕事のやりがいとは?

セラピストは、仕事でどのようなやりがいを感じているのでしょうか。今回は、気になる「セラピストのやりがい」についてご紹介いたします。

セラピストが伝えたい本音とは?

セラピストのお仕事は心身のストレスや不調を抱える人に対して癒しを与える素晴らしいお仕事です。一方で、セラピストは体力を要する場面も多く、大変なことが多いのも事実です。ここでは、そんなセラピストの“本音”について迫っていきましょう。

セラピストになって良かったこと、大変なこととは?

セラピストのお仕事は人を癒すことができる素晴らしいお仕事です。一般的に良く知られているのがアロマセラピストやボディセラピストなどのマッサージ系のセラピストです。

セラピストが受けるクレームや、対処の仕方って?!

セラピストの仕事は接客業なので、どこのサロンでも少なからず必ずお客様からのクレームは発生するもの。一体どんなクレームがあって、セラピストたちはどんな対処をしているのかを見ていきましょう。

土日休みOKのセラピスト求人一覧

セラピストは比較的自由にシフトを入れやすく、完全希望制のシフトをとりいれている店舗も。基本的に土日はパートやアルバイトの方がカバーしてくれるため、平日だけのフルタイム勤務にすることも可能です。

研修制度ありのセラピスト求人一覧

【研修制度あり】セラピスト、アロマ、リラクゼーションの求人・転職・募集の一覧ページ。セラピストの求人情報探しなら【美プロ】。研修制度ありのセラピスト求人一覧から給与・こだわりなど希望条件で絞り込が可能!

歩合ありのセラピスト求人一覧

【歩合あり】セラピスト、アロマ、リラクゼーションの求人・転職・募集の一覧ページ。セラピストの求人情報探しなら【美プロ】。歩合ありのセラピスト求人一覧から給与・こだわりなど希望条件で絞り込が可能!

セラピストの転職・入社に有利な時期って?

就職、転職時期を考えるにあたって、まずはセラピストの繁忙期を知っておきましょう。セラピストの繁忙期は8月~9月初めまでの夏の時期です。暑い夏の時期は肌の露出も増え、気持ちも昂るのでご来店されるお客様が多くなります。

セラピストになる為の第一歩!履歴書の書き方をおさらい!

「セラピストになりたい!」というとき避けて通れないのが履歴書です。しかし、具体的にどのようにアピールすればいいか、書き方がわからないという方もいるのではないでしょうか。

セラピストに転職するにはコレが肝心! 職務経歴書のうまい書き方とは

セラピストは大変人気のある職業です。そのため全く違った業種から未経験でセラピストの世界に飛び込む方も少なくありません。しかし、セラピストは本人のスキルや経験がものをいうお仕事です。

セラピストの面接対策。質問・志望動機・服装について

一口にセラピストといっても様々なタイプがあります。例えば、お客様の体調を整えて不調を治していく「ボディーセラピー」や人の心の問題を癒してくれる「心理セラピー」のほか、気やエネルギーを使う療法の「エネルギー系セラピー」といったものまで多岐に渡ります。

セラピストに転職!面接がうまくいく志望動機とは

「セラピストに転職する際、履歴書に志望動機をどのように書いたら良いの?」と悩む方のために、志望動機の書き方について押さえておきたいポイントを紹介します。

セラピスト面接での逆質問って?メモにとっておきたくさん質問しよう

面接であなたへの質問が終わったあと、必ず毎回聞かれるのが「最後に何か質問はありますか?」という一言。ここで「いえ、特にありません」と返すのは非常にもったいない事です。

セラピスト面接での自己PR!自分の自信を伝えよう

内定をもらうためには絶対に外せない自己PR文ですが、そもそも自己PRとは何なのか、何をアピールすれば良いのか、よく分からない方も多いと思います。今回は「自己PRとは一体何なのか?」「どんな内容を伝えるべきなのか?」を考えていきましょう。

セラピストの面接で聞かれる質問について

セラピストはお客様の心身のバランスを取り体内の不調を整え、人に対してさまざまな方法で癒しを与え、解決へ導いていくお仕事です。技術や技法を深く理解することで自分自身の内側と対話し、自分自身も癒すことが出来ます。

セラピストの求人・転職情報を探す