需要拡大中のセラピスト業界!気になる給与・年収の相場や収入アップのポイントとは?

需要拡大中のセラピスト業界!気になる給与・年収の相場や収入アップのポイントとは?

セラピーの需要が高まるにつれてセラピストという職業の求人も増加し、セラピストを目指す人やセラピー業界への転職を考える人も増えてきました。そんな人にとって気になるのは「セラピストってどのぐらい稼げるの?」ということですよね。

 

そこで今回は、気になるセラピストの給与・年収の相場を見ていきましょう。また、あまり知られていないセラピストの給与システムや、収入の格差についてもご紹介。セラピストとして働くことを検討している人には、きっと参考になるはずですよ。

セラピストの給与・年収

まず、セラピストの給与や年収はどれくらいが相場になるのか見てみましょう。セラピストはスキルによって収入が大きく異なる仕事なのですが、多くの人の年収は200~300万円ほどだと言われています。エステティシャンの300~400万や、アイリストの約300万円という平均年収に比べると、低くなるようですね。しかし、これはあくまで平均収入です。むしろどんな給与形態の職場で働くか、セラピースキルがどれほどあるかによって重要な違いが生まれます。以下では具体的に、どんな条件でどのように収入に差が出るのかをご紹介しましょう。

固定給VS歩合制

セラピストの収入に最も影響を及ぼすのが給与形態です。セラピー業界では毎月一定の額を給料として受け取る固定給か、あるいは労働内容によって給与が決定する歩合制のどちらかを採用しているお店がほとんどですね。

 

固定給の場合は給与が事前に決まっているため、仕事内容によって給料が増えるということはありません。ただし安定した収入が見込めるというのは大きなメリットだと言えるでしょう。その一方、歩合制の場合には施術数を多くこなしたり、指名数が多くなればなるほど給料が上がります。そのため、セラピストの中には月25~30万と相場よりも高収入を得ている人もいるようですね。ですが歩合制は施術数をこなすことができなければ、収入がゼロに等しくなることも…。未経験やセラピーの仕事に慣れていないうちは固定給で働いて、スキルが身についてきたと感じたら歩合制のお店に転職する、というセラピストも多くいるようです。

セラピー内容で収入が変わる

セラピーには「アロマセラピー」や「リンパセラピー」といった人気を集めているものから、「温泉セラピー」「イヤーセラピー」など、聞き慣れないマイナーなものまで様々な種類があります。マイナーなセラピーの場合は求人そのものがないこともありますが、収入源がないというわけではありません。

 

世間的に知名度が低いセラピーはそれだけを扱っているお店こそ少ないものの、「アロマセラピー」に「ハーブセラピー」や「イヤーセラピー」を取り入れたり、スパや入浴施設で「タラソテラピー」や「温泉セラピー」をメニュー化するなど、ほかのセラピーといっしょに行われることが多いんです。そのため、異なるセラピーメニューを扱っている店舗で働いた際に、該当する資格や経験を持っていると給与がアップするということもあります。また、必ずしもメニュー内容に直接結びつく資格を持っていなくても、セラピーに関連する資格があれば優遇されるというお店もあるようです。

働く場所も収入に影響する!

セラピストが働く職場にはセラピーをメインで扱う店舗だけでなく、入浴施設やスポーツジムなどのほか、ホテルや旅館内の施設も含まれます。その中で最も給与が高いと言われているのが、ホテルや旅館などの宿泊施設です。他店舗に比べて1回の施術料金が高くなりがちなことや、営業時間が長いことが関係しているようですね。

 

しかし、ホテルで働く場合には集客率や繁忙期・閑散期などの時期に左右されるので、収入が安定しないというデメリットもあります。また、ホテルの格式に合わせた接客マナーや言葉遣いを求められることもあるので、ほかの職場よりも厳しいと感じる人が多いのも特徴の一つです。

給料をアップさせるためには?

資格を取得して給料を上げるという方法があります。

セラピストには国家資格はありませんが、AEAJ公益社団法人 日本アロマ環境協会などの資格のほかにも、研修を受けてエステティシャンの資格を取得しても良いでしょう。

ただ、資格を取得してすぐに給料アップをすることは難しいので、できれば20代後半くらいから各種の民間資格を取得して、店舗で実践を重ねていくことが必要です。

 

また、セラピストにはある程度医学知識も必要になりますので、既に開業しているサロンで働くことが、将来にわたって給料アップするための一番の近道になるはず。

他にも、独立してフリーランスのセラピストとして活躍したりサロン経営を始めて年収をアップさせている人もいます。

開業・独立した場合のサロンは?

サロンで働く場合だけでなく、独立や開業した時に収入がどれぐらいになるのかも気になるところですよね。セラピストは独立してフリーで働く際には300~400万円ほど、従業員を雇ったりする規模で店舗を経営する場合には500万円以上の収入が見込めるよう。もちろん独立・開業する場合のリスクとして、経営に失敗すれば収入がゼロ、もしくは赤字になることも大いに考えられます。フリーセラピストや経営者に転身しようと考えている人は、自分のスキルや仕事内容、資金を十分に考慮に入れたうえで、慎重に計画を練ったほうが良いでしょう。

 

セラピストの収入は、相場だけを見ると美容業界でも低いほうだと思われるかもしれません。ですが癒しブームが続いている以上、あるジャンルのセラピーがヒットする可能性はつねに潜んでいます。サロンでスキルを積むことも大切ですが、独立・開業まで視野に入れてセラピストとしてのキャリアプランを考えてみてはいかがでしょうか。

 

インセンティブって? セラピストの給料システム

美容業界の中では比較的給与が低いとも言われているセラピスト。そこでセラピストを目指す人が気になるのは「インセンティブ」の存在ですよね。セラピスト業界では「指名料」や実績に応じた「施術給」など、“頑張った分だけ得られる報酬”がサロンによって色々用意されています。

 

その内、最も代表的なものの一つが「指名料」。多くのサロンではセラピストの指名制度をとっていて、指名料の何割かセラピストに還元される仕組みとなっています。還元率はサロンにより異なっていて、なかには「全額バック」されるサロンもあるのだとか。また施術や物販によって生じた売上額から、一定の割合を支給してもらえる店販手当も一般的。サロンごとに支給要件は異なりますが、やる気アップに繋がる嬉しい制度ですよね。

 

またセラピストの求人を見てみると、インセンティブ以外にも手当や福利厚生が用意されている場合があります。たとえば特定の資格を持っている人に給与が生じる「資格手当」は、多くのサロンの待遇のひとつ。対象となるのは「公益社団法人 日本アロマ環境協会」が実施している「アロマテラピー検定」などの一般的なものから、国家資格の「美容師免許」まで様々。

 

そのほか将来的に独立を考えている人に向けて、「独立・開業」支援制度を充実させているサロンも。開業資金は自分で用意する必要がありますが、融資や営業、物件探しなど独立するために必要なことについて相談に乗ってもらうことができます。将来的にはセラピストとして独り立ちしたい、と考えている人はチェックしてみてください。

セラピスト業界の研修制度

セラピスト業界では手厚い「研修」が実施されているケースが多いです。入社時や入社後に行われる研修のほか、勉強会や情報交換のための社内ミーティングなど内容は多岐に渡ります。大抵のサロンでは入社したタイミングで新人セラピストへの研修が行われるため、研修期間中に給与が支給されるのかどうかは事前にチェックしておいたほうが良いでしょう。  

研修内容はインストラクターによる技術講習やフォローアップ、さらに外部セミナー参加までかなり多彩。それぞれの技術レベルに合わせて実施されているようです。いろいろな研修制度をしっかり活用していけば、自分次第でスキルを高めていくことができますよ。

  画像出典:WorldSkills UK / Aromatherapy (from Flickr, CC BY 2.0)Justin See (coming back) / Aromatherapy (from Flickr, CC BY 2.0)Joe Loong / DSCF3624.jpg (from Flickr, CC BY 2.0)

セラピストになるための情報まとめ

【施術別】セラピストの種類を徹底リサーチ

セラピストを大きく6つのカテゴリーに分けて解説。ボディ・メディカル・心理・リラクゼーション・エネルギー・フードに関するセラピストについて紹介しています。セラピストを目指す人は要チェックです。

セラピストってどんな仕事? セラピーの種類や現状がわかるセラピストの“いろは”

世の中には実に様々なセラピーが存在しています。しかし種類があまりに多いので「セラピーっていったい何のこと?」と混乱してしまう人もいるかもしれません。そんな人のために、今回はセラピーに関する“いろは”をご紹介します。

セラピストの休日・休暇について

セラピストの仕事に興味があるけれど、お休みはいつとれるのかいまいち分からない・・そしてお休みの日には一体何をして過ごしているの?今回はセラピストを目指して就職活動をする前に知っておきたい、休日について見ていきましょう。

需要拡大中のセラピスト業界!気になる給与・年収の相場や収入アップのポイントとは?

セラピストという職業の求人も増加し、セラピー業界への転職を考える人も増えてきました。そんな人にとって気になるのは「セラピストってどのぐらい稼げるの?」ということですよね。そこで今回は、気になるセラピストの給与・年収の相場を見ていきましょう。

セラピストに向いている人とは?転職する前にしてほしい適性チェック

人と接することが好きセラピストには人と接することが好きでコミュニケーション能力が高い人が向いているでしょう。一対一でお客様と向き合い、サービスや施術を提供するので、コミュニケーション能力はセラピストの技術同様に必須です。

このサロンにはどんな服がベスト?セラピストの服装や制服について

今回はセラピストの服装について、気を付けなければならない点やおすすめのスタイルなどをご紹介いたします。サロンの種類によってどんな制服のバリエーションがあるのか、面接の際にはどんな服装をすればいいのかについても見ていきましょう。

私もなれる!?セラピストを目指す上で重要なポイントを伝授します

セラピストになるには、技術を学ぶためにスクールなどに通う方法と、サロンに勤務して、店舗独自の研修で必要スキルを身に付けていく方法があります。どちらでもセラピストになることは可能ですが、たとえばスクールに通う方が幅広い知識や技術を学べるという利点があるなど、違いがあります。

セラピストになるには何が必要? セラピスト志望者向けのスクールや資格について!

人の心や体に働きかけて癒しを与えるセラピストという仕事。国家資格が必要ないこともあり、最近ではセラピストとして働きたいという人も増えてきています。そこで今回はセラピストになるにはどうすればいいのか解説していきます。

未経験者歓迎のセラピスト求人一覧

セラピストは全国的に未経験を積極採用しているのが特徴。しっかりした研修制度が整っており、何も知識がなくても基礎から優しく教えてもらえます

人材不足で引く手あまた!? 未経験者でもセラピストとしてデビューできる!

今回は未経験者がセラピストになる方法をご紹介。未経験者を歓迎しているサロンの事情や研修、セラピスト向けのスクールなどを取り上げていきます。また未経験者でも比較的楽に取れる資格についても説明していますよ。

アロマテラピーからタイ古式マッサージまで! セラピストの多種多様な資格を取得するメリットとは?

マッサージなどでリラクゼーションを提供するセラピスト。今回はセラピストの資格を取得するメリットを紹介していきます。資格の種類ごとに学べる知識や技術などを取り上げ、無資格でセラピストになる方法やメリットについても見ていきましょう。

セラピストにとってのスキルアップ方法とは?

お客様の心身のバランスを取り体内の不調を整える、セラピストの仕事。心身のストレスや不調を抱える人に対してさまざまな方法で癒しを与え、解決へ導いていくために技術力だけではなく高い接客力も必要となります。

セラピストにとって仕事のやりがいとは?

セラピストは、仕事でどのようなやりがいを感じているのでしょうか。今回は、気になる「セラピストのやりがい」についてご紹介いたします。

セラピストが伝えたい本音とは?

セラピストのお仕事は心身のストレスや不調を抱える人に対して癒しを与える素晴らしいお仕事です。一方で、セラピストは体力を要する場面も多く、大変なことが多いのも事実です。ここでは、そんなセラピストの“本音”について迫っていきましょう。

セラピストになって良かったこと、大変なこととは?

セラピストのお仕事は人を癒すことができる素晴らしいお仕事です。一般的に良く知られているのがアロマセラピストやボディセラピストなどのマッサージ系のセラピストです。

セラピストが受けるクレームや、対処の仕方って?!

セラピストの仕事は接客業なので、どこのサロンでも少なからず必ずお客様からのクレームは発生するもの。一体どんなクレームがあって、セラピストたちはどんな対処をしているのかを見ていきましょう。

土日休みOKのセラピスト求人一覧

セラピストは比較的自由にシフトを入れやすく、完全希望制のシフトをとりいれている店舗も。基本的に土日はパートやアルバイトの方がカバーしてくれるため、平日だけのフルタイム勤務にすることも可能です。

研修制度ありのセラピスト求人一覧

【研修制度あり】セラピスト、アロマ、リラクゼーションの求人・転職・募集の一覧ページ。セラピストの求人情報探しなら【美プロ】。研修制度ありのセラピスト求人一覧から給与・こだわりなど希望条件で絞り込が可能!

歩合ありのセラピスト求人一覧

【歩合あり】セラピスト、アロマ、リラクゼーションの求人・転職・募集の一覧ページ。セラピストの求人情報探しなら【美プロ】。歩合ありのセラピスト求人一覧から給与・こだわりなど希望条件で絞り込が可能!

セラピストの転職・入社に有利な時期って?

就職、転職時期を考えるにあたって、まずはセラピストの繁忙期を知っておきましょう。セラピストの繁忙期は8月~9月初めまでの夏の時期です。暑い夏の時期は肌の露出も増え、気持ちも昂るのでご来店されるお客様が多くなります。

セラピストになる為の第一歩!履歴書の書き方をおさらい!

「セラピストになりたい!」というとき避けて通れないのが履歴書です。しかし、具体的にどのようにアピールすればいいか、書き方がわからないという方もいるのではないでしょうか。

セラピストに転職するにはコレが肝心! 職務経歴書のうまい書き方とは

セラピストは大変人気のある職業です。そのため全く違った業種から未経験でセラピストの世界に飛び込む方も少なくありません。しかし、セラピストは本人のスキルや経験がものをいうお仕事です。

セラピストの面接対策。質問・志望動機・服装について

一口にセラピストといっても様々なタイプがあります。例えば、お客様の体調を整えて不調を治していく「ボディーセラピー」や人の心の問題を癒してくれる「心理セラピー」のほか、気やエネルギーを使う療法の「エネルギー系セラピー」といったものまで多岐に渡ります。

セラピストに転職!面接がうまくいく志望動機とは

「セラピストに転職する際、履歴書に志望動機をどのように書いたら良いの?」と悩む方のために、志望動機の書き方について押さえておきたいポイントを紹介します。

セラピスト面接での逆質問って?メモにとっておきたくさん質問しよう

面接であなたへの質問が終わったあと、必ず毎回聞かれるのが「最後に何か質問はありますか?」という一言。ここで「いえ、特にありません」と返すのは非常にもったいない事です。

セラピスト面接での自己PR!自分の自信を伝えよう

内定をもらうためには絶対に外せない自己PR文ですが、そもそも自己PRとは何なのか、何をアピールすれば良いのか、よく分からない方も多いと思います。今回は「自己PRとは一体何なのか?」「どんな内容を伝えるべきなのか?」を考えていきましょう。

セラピストの面接で聞かれる質問について

セラピストはお客様の心身のバランスを取り体内の不調を整え、人に対してさまざまな方法で癒しを与え、解決へ導いていくお仕事です。技術や技法を深く理解することで自分自身の内側と対話し、自分自身も癒すことが出来ます。

北海道・東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄
その他
  • 海外