セラピスト面接での逆質問って?メモにとっておきたくさん質問しよう

セラピスト面接での逆質問って?メモにとっておきたくさん質問しよう

 

面接であなたへの質問が終わったあと、必ず毎回聞かれるのが「最後に何か質問はありますか?」という一言。

ここで「いえ、特にありません」と返すのは非常にもったいない事です。逆質問は、そのサロンに入りたいという意欲や自分のPRポイントをアピールする意味でも非常に重要な場面です。

 

相手はあなたのコミュニケーション能力もここで見ているので、臨機応変に対応をすれば選考を有利に進められることも。

どんな質問をしたら良いのか、逆質問の時のマナーも一緒に見ていきましょう。

面接に自信がないのであれば、逆質問を頑張ろう


面接官はなぜ最後に逆質問を求めるのでしょうか。

それには、「今の面接中の話をきちんと聞いていたか」「今までの説明がきちんと伝わっているか」という確認をする意味もあります。

そして何より一番重要なのは、逆質問の場を与えることで「どれだけ入社意欲があるのか」あなたの気持ちを確かめるという目的があります。

 

もし緊張して面接の質問に対してうまく答えることができなかった場合には、この逆質問の時間が巻き返しのチャンスなのです!

たとえ質問に対しての答え方が上手でなくても、逆質問で的を射た質問をすることができれば、面接官に対して大きなアピールとなるでしょう。

逆質問でのマナー

質問の数をまず伝える

何か質問はありますか?と聞かれた際には「○○つ伺いたいことがあります。」というようにまず、いくつ逆質問をするかを最初に伝えるようにしましょう。理想は5個くらい質問を用意しておくこと。

 

それを伝えずに「これも知りたい」「あれも知りたい」とだらだら質問を続けると相手も「一体いくつ聞かれるのだろう、いつ終わるのだろう」と不安になります。

次の人の面接が入っていたり、面接官にも次の予定があるので、あまり長く続けるのではなく、簡潔に伝えるようにしましょう。

面接官が答えやすい質問をする

少人数のサロンだと、現場で働いている人が面接をしてくれることがほとんど。そんな面接官に、「会社の将来の展開予定は?」などの規模の大きい質問をしても答えられない場合があります。逆に、普段は人事として本社で働いている人が面接をしてくれた場合に対してあまりサロンの内部の質問をすることも同じです。

聞きたいことは5個以上用意して、面接官に合わせて臨機応変に質問を変えられるようにしましょう。

逆質問①新卒の場合

入社するに当たって、事前に勉強しておくことはありますか?

そのサロンで活躍をしたいという気持ちを伝えることができます。

勉強しておけば役に立つ資格や知識を前もって聞いておきましょう。なるべく早く即戦力になって役に立ちたいという前向きな印象も与えることができるので、仕事に対する熱意も伝わりやすい質問です。

一日の具体的な業務内容を教えていただきたいです

入社したらセラピストとしてどのような生活を送ることになるのか、仕事内容や生活リズムを知っておきましょう。自分がやりたいこととずれが無いかを確認することもできて、採用担当に前向きな気持ちを伝えることもできる質問です。一日の時間を聞いて、就寝時間や起床時間も入社前に調整して体を慣らしておくと良いですね。

どんな人が御社で活躍されていますか?

まったくセラピストとしての経験が無い場合、アピールできるのは性格や人柄です。

どんな性格の人が採用されてサロンで活躍しているのかを知ることで、自分の性格や考え方がそのサロンに合っているか、働いてから人間関係を良好に築いていけるかどうかを確認することができます。

逆質問②転職の場合

御社で活躍されている方々の特徴を教えてください

入社したらどんな人を目指せば良いのか、自分が目指している理想像とずれがないかを知ることができるというメリットがあります。

また、「このサロンで働きたいと思ってくれているんだな」という入社意欲を面接官に与えることもできます。

もし採用された場合、私に特に期待されていることは何ですか?

「長年働いてくれていたスタッフが退職することになったので、その人の代わりを探している」「次の店舗を計画しているのでそちらの店舗の人員を探している」など、具体的にどんな人が欲しいのかを教えてもらいましょう。

その上で期待に応えられるように頑張りたい、と前向きに伝えられるのがベストです。

逆質問③ブランクからの復帰の場合

結婚や出産後も活躍している方はどのくらいいますか?

結婚・出産でブランクがあっても、もう一度活躍したいと考えて就職活動をしているということを伝えられる質問です。

既に働いている先輩の話も聞き、自分がそのサロンに入社してから家事や育児と両立して活躍していくことができるかどうか見極めましょう。結婚して続けている人が0という場合には、採用されてもプライベートとの両立が難しい場合が考えられます。

仕事を休んでいる期間に○○を学んだのですが、活かせるでしょうか?

ブランクのある期間中でも、ただ休んでいるだけではなくきちんと今後のことを考え、スキルアップを検討して勉強していたことをアピールできます。

セラピストとしてもう一度社会復帰を本気で望んでいることも伝えられるので、ブランクがある場合でも採用してもらいやすくなるような質問でしょう。

逆質問③ブランクからの復帰の場合


調べればわかることを聞くのはNG

「どんな企業理念をお持ちですか?」「どんなサービスを提供していますか?」などホームページで調べればすぐに分かるようなことは質問を避けた方が良いでしょう。調べればすぐに分かるようなことを質問するのは、あなたが会社の事をまったく何も調べていないという印象を与えるので、就業意欲が低いと判断される可能性があります。

待遇・福利厚生に関する質問はNG

もちろん気にならない人はいないであろうこれらの質問ですが、逆質問のタイミングで聞くのはNG。福利厚生に対す重要度が高いと判断されると、「うちよりも良い条件のサロンがあったらそちらに行ってしまうのでは」とマイナスなイメージを与えてしまいます。

 

福利厚生に関しては求人票に記載されていることがほとんどなので、ここでも重複して質問しては「きちんとこのサロンのことを調べてきていないのだな」とも思われてしまいます。

サロンへの興味を示すなら、待遇や福利厚生のことではなく職場の雰囲気や将来性などの質問をしましょう。

まとめ

逆質問に一番必要なことは事前の準備です。面接するサロンや会社について面接前によく調べて、その上で調べても分からなかったことについて質問をするようにしましょう。

面接をして、回答をしてもらった時にはその内容をメモして、さらにその回答内容を深堀りするような内容の質問ができると面接官に入社意欲を伝えることができます。

 

こちらからの質問が終わったあとには、「ますます御社で働きたいと感じました」「入社したあとのイメージが湧きました」という一言を添えて、お礼の言葉を伝えることが大切です。

あなたの魅力が最大限に面接官に伝わって選考が有利に運ぶように、しっかりと事前準備をした上で面接に備えましょう。

セラピストになるための情報まとめ

【施術別】セラピストの種類を徹底リサーチ

セラピストを大きく6つのカテゴリーに分けて解説。ボディ・メディカル・心理・リラクゼーション・エネルギー・フードに関するセラピストについて紹介しています。セラピストを目指す人は要チェックです。

セラピストってどんな仕事? セラピーの種類や現状がわかるセラピストの“いろは”

世の中には実に様々なセラピーが存在しています。しかし種類があまりに多いので「セラピーっていったい何のこと?」と混乱してしまう人もいるかもしれません。そんな人のために、今回はセラピーに関する“いろは”をご紹介します。

セラピストの休日・休暇について

セラピストの仕事に興味があるけれど、お休みはいつとれるのかいまいち分からない・・そしてお休みの日には一体何をして過ごしているの?今回はセラピストを目指して就職活動をする前に知っておきたい、休日について見ていきましょう。

需要拡大中のセラピスト業界!気になる給与・年収の相場や収入アップのポイントとは?

セラピストという職業の求人も増加し、セラピー業界への転職を考える人も増えてきました。そんな人にとって気になるのは「セラピストってどのぐらい稼げるの?」ということですよね。そこで今回は、気になるセラピストの給与・年収の相場を見ていきましょう。

セラピストに向いている人とは?転職する前にしてほしい適性チェック

人と接することが好きセラピストには人と接することが好きでコミュニケーション能力が高い人が向いているでしょう。一対一でお客様と向き合い、サービスや施術を提供するので、コミュニケーション能力はセラピストの技術同様に必須です。

このサロンにはどんな服がベスト?セラピストの服装や制服について

今回はセラピストの服装について、気を付けなければならない点やおすすめのスタイルなどをご紹介いたします。サロンの種類によってどんな制服のバリエーションがあるのか、面接の際にはどんな服装をすればいいのかについても見ていきましょう。

私もなれる!?セラピストを目指す上で重要なポイントを伝授します

セラピストになるには、技術を学ぶためにスクールなどに通う方法と、サロンに勤務して、店舗独自の研修で必要スキルを身に付けていく方法があります。どちらでもセラピストになることは可能ですが、たとえばスクールに通う方が幅広い知識や技術を学べるという利点があるなど、違いがあります。

セラピストになるには何が必要? セラピスト志望者向けのスクールや資格について!

人の心や体に働きかけて癒しを与えるセラピストという仕事。国家資格が必要ないこともあり、最近ではセラピストとして働きたいという人も増えてきています。そこで今回はセラピストになるにはどうすればいいのか解説していきます。

未経験者歓迎のセラピスト求人一覧

セラピストは全国的に未経験を積極採用しているのが特徴。しっかりした研修制度が整っており、何も知識がなくても基礎から優しく教えてもらえます

人材不足で引く手あまた!? 未経験者でもセラピストとしてデビューできる!

今回は未経験者がセラピストになる方法をご紹介。未経験者を歓迎しているサロンの事情や研修、セラピスト向けのスクールなどを取り上げていきます。また未経験者でも比較的楽に取れる資格についても説明していますよ。

アロマテラピーからタイ古式マッサージまで! セラピストの多種多様な資格を取得するメリットとは?

マッサージなどでリラクゼーションを提供するセラピスト。今回はセラピストの資格を取得するメリットを紹介していきます。資格の種類ごとに学べる知識や技術などを取り上げ、無資格でセラピストになる方法やメリットについても見ていきましょう。

セラピストにとってのスキルアップ方法とは?

お客様の心身のバランスを取り体内の不調を整える、セラピストの仕事。心身のストレスや不調を抱える人に対してさまざまな方法で癒しを与え、解決へ導いていくために技術力だけではなく高い接客力も必要となります。

セラピストにとって仕事のやりがいとは?

セラピストは、仕事でどのようなやりがいを感じているのでしょうか。今回は、気になる「セラピストのやりがい」についてご紹介いたします。

セラピストが伝えたい本音とは?

セラピストのお仕事は心身のストレスや不調を抱える人に対して癒しを与える素晴らしいお仕事です。一方で、セラピストは体力を要する場面も多く、大変なことが多いのも事実です。ここでは、そんなセラピストの“本音”について迫っていきましょう。

セラピストになって良かったこと、大変なこととは?

セラピストのお仕事は人を癒すことができる素晴らしいお仕事です。一般的に良く知られているのがアロマセラピストやボディセラピストなどのマッサージ系のセラピストです。

セラピストが受けるクレームや、対処の仕方って?!

セラピストの仕事は接客業なので、どこのサロンでも少なからず必ずお客様からのクレームは発生するもの。一体どんなクレームがあって、セラピストたちはどんな対処をしているのかを見ていきましょう。

土日休みOKのセラピスト求人一覧

セラピストは比較的自由にシフトを入れやすく、完全希望制のシフトをとりいれている店舗も。基本的に土日はパートやアルバイトの方がカバーしてくれるため、平日だけのフルタイム勤務にすることも可能です。

研修制度ありのセラピスト求人一覧

【研修制度あり】セラピスト、アロマ、リラクゼーションの求人・転職・募集の一覧ページ。セラピストの求人情報探しなら【美プロ】。研修制度ありのセラピスト求人一覧から給与・こだわりなど希望条件で絞り込が可能!

歩合ありのセラピスト求人一覧

【歩合あり】セラピスト、アロマ、リラクゼーションの求人・転職・募集の一覧ページ。セラピストの求人情報探しなら【美プロ】。歩合ありのセラピスト求人一覧から給与・こだわりなど希望条件で絞り込が可能!

セラピストの転職・入社に有利な時期って?

就職、転職時期を考えるにあたって、まずはセラピストの繁忙期を知っておきましょう。セラピストの繁忙期は8月~9月初めまでの夏の時期です。暑い夏の時期は肌の露出も増え、気持ちも昂るのでご来店されるお客様が多くなります。

セラピストになる為の第一歩!履歴書の書き方をおさらい!

「セラピストになりたい!」というとき避けて通れないのが履歴書です。しかし、具体的にどのようにアピールすればいいか、書き方がわからないという方もいるのではないでしょうか。

セラピストに転職するにはコレが肝心! 職務経歴書のうまい書き方とは

セラピストは大変人気のある職業です。そのため全く違った業種から未経験でセラピストの世界に飛び込む方も少なくありません。しかし、セラピストは本人のスキルや経験がものをいうお仕事です。

セラピストの面接対策。質問・志望動機・服装について

一口にセラピストといっても様々なタイプがあります。例えば、お客様の体調を整えて不調を治していく「ボディーセラピー」や人の心の問題を癒してくれる「心理セラピー」のほか、気やエネルギーを使う療法の「エネルギー系セラピー」といったものまで多岐に渡ります。

セラピストに転職!面接がうまくいく志望動機とは

「セラピストに転職する際、履歴書に志望動機をどのように書いたら良いの?」と悩む方のために、志望動機の書き方について押さえておきたいポイントを紹介します。

セラピスト面接での逆質問って?メモにとっておきたくさん質問しよう

面接であなたへの質問が終わったあと、必ず毎回聞かれるのが「最後に何か質問はありますか?」という一言。ここで「いえ、特にありません」と返すのは非常にもったいない事です。

セラピスト面接での自己PR!自分の自信を伝えよう

内定をもらうためには絶対に外せない自己PR文ですが、そもそも自己PRとは何なのか、何をアピールすれば良いのか、よく分からない方も多いと思います。今回は「自己PRとは一体何なのか?」「どんな内容を伝えるべきなのか?」を考えていきましょう。

セラピストの面接で聞かれる質問について

セラピストはお客様の心身のバランスを取り体内の不調を整え、人に対してさまざまな方法で癒しを与え、解決へ導いていくお仕事です。技術や技法を深く理解することで自分自身の内側と対話し、自分自身も癒すことが出来ます。

セラピストの求人・転職情報を探す