美容スペシャリストな自分になるために

作成:2020.11.18

アイリスト

マツエクの施術前にメイクを落としておく理由!マツエクの持ちが変わる?


 

マツエクサロンの予約をすると「施術前のお化粧はお控え下さい。」とアナウンスされる事があるでしょう。初めてマツエクを付ける人は、少し戸惑ってしまったのではないでしょうか。しかし、マツエクの施術前にメイクを落としておく事には理由があるのです。

 

また、まつ毛はデリケートな部分でもあるので、あまり負荷をかけたくないものです。マツエクを付けて、まつ毛に負担をかけている事は確か。マツエクを長持ちさせるためにも、日常生活で気を付けるべき事も増えてきます。

 

ここでは、マツエク施術日にメイクを控える理由やマツエクを長持ちさせるための習慣をお伝えします。思い通りの仕上がりと持ちを実現させるためにも、参考にしてみて下さい。

 

INDEX
■マツエク施術前にメイクを控える理由
■アイメイクはなしで施術を受けるのがおすすめ
■メイクはどこまでならOK?
■マツエクが取れやすくなってしまうNG習慣
■まとめ

マツエク施術前にメイクを控える理由


 

マツエクの施術前にメイクを控える理由は、「マツエクの持ち」と「仕上がり」に大きく関係してきます。サロンによってアナウンスの内容は異なるかもしれませんが、思い通りの仕上がりに近づける為にも、サロンに行く際は事前にホームページなどで注意事項を確認しておくようにしましょう。

まつ毛の角度とマツエクの不一致を防ぐため

メイクをする際に最も気を付けないといけないのが「ビューラー」の使用です。まつ毛を上向きにカールさせるためにビューラーを使用しますが、まつ毛を無理矢理クセづけるため毛が折れている状態になります。

 

まつ毛が折れてしまっていたりカールが付いていたりすれば、まつ毛とマツエクの角度が合わず接着面に隙間が出来てしまいます。まつ毛とエクステの間に隙間が出来る事で、マツエクが取れやすくなるのです。また、家に帰ってから顔を洗うとまつ毛のカールが取れて、「サロンで見た仕上がりと変わっている!」なんて事も起こり得るのです。そのため、マツエクを付ける際にはビューラーの使用を禁止しておきましょう。

まつ毛へのダメージを抑えるため

マツエクを付ける際には、出来るだけ健康なまつ毛を育毛しておく必要があります。メイクをしている状態でサロンに行くと、施術直前にリムーバーでメイクを落とさなければならなくなり、まつ毛へダメージを与えてしまいます。

 

さらに、ウォータープルーフタイプの「マスカラ」や「アイライナー」を使用していれば、何度もリムーバーで擦らないと落ちません。すると、まつ毛に摩擦でダメージを与えるだけでなく、まつ毛の生え際などデリケートな肌も傷めつけてしまいますよね。マツエクを付ける日には、落ちづらいメイクはしないようにしましょう。

グルーの劣化を防ぎマツエクの持ちを良くするため

「まつ毛には化粧品が付いていないから大丈夫!」と過信して、「アイシャドウ」を使用してしまうと細かな粒子がまつ毛に付いてしまい、マツエクの持ちに影響を与える結果になってしまいます。

 

アイシャドウには、まぶたに密着させるために油分が含まれています。アイシャドウがまつ毛に残っている状態でマツエクを付ければ後にグルーは劣化していき、マツエクの持ちは悪くなります。マツエクを長持ちさせるためにも、綺麗にクレンジングしてある状態で施術を受けた方が良さそうですね。

施術時間を無駄にしないため

マツエクサロンとしても、お客様に付けたマツエクを長持ちさせたいという気持ちがあります。マツエクを付けるための作業工程は決められていて、しっかり前処理から行われていきます。

 

しかし、アイシャドウのラメなどがまつ毛に残っているようであれば、施術前に取り除くという工程が増えてしまいます。そうなれば、予定していた施術時間に収まらなくなってしまいマツエクの取り付け時間が減ってしまう事も。サロンによっては、事前にメイクオフのお願いをアナウンスしている事もあるので注意して下さいね。マツエクの付け放題メニューなどでは損をする事になるので、余計な時間を使わないように自宅で出来る事はしておきましょう。

アイメイクはなしで施術を受けるのがおすすめ


 

前述したように、化粧品がまつ毛に付く事がマツエクの持ちに大きく左右するので「アイメイク」はしないで施術を受けるようにしましょう。まつ毛に化粧品が付いている事で、グルーに油分が混ざり接着力を弱めてしまいます。出来る事ならノーメイクで行くというのがベストです。

 

また、マツエクを取り付ける際には、目のまわりに保護テープを貼ることになるのでメイクがよれてしまいます。バッチリメイクを仕上げてサロンへ行っても崩れてしまう事が多いので、サロンの後にお出かけを控えているのであれば、施術が終わってからメイクをすると良いですよ。

まつ毛美容液も施術当日は塗らない

マツエクは、やせ細ったまつ毛には付けられません。そのため、日頃からまつ毛美容液で育毛をしているという人もいるでしょう。まつ毛美容液を塗ってまつ毛に栄養を与え、しっかりとしたまつ毛を生やしたいものですが、美容液の成分によってはグルーの接着力を弱めてしまうことも。

 

マツエクの施術当日はまつ毛美容液の使用を控えましょう。また、まつ毛美容液の他にもコーティング剤の使用も控えた方が良いと言えるでしょう。

メイクはどこまでならOK?


 

マツエクサロンへ行く際は、必ずしも自宅から直行というわけではありませんよね。ノーメイクやベースメイクだけで行けるとは限りません。では、どこまでならメイクをしても良いのでしょうか。

 

極論を言えば、まつ毛に化粧品が付いていなければOKなのです。まつ毛に化粧品が付かないようにする事が大前提ではありますが、化粧下地ファンデーションはしていても問題ありません。しかし、アイライナーはまつ毛の生え際を塗っていく事もあるので良いとは言えません。

 

アイブロウチークリップといった部分は全く問題がないと言えるでしょう。アイメイクである「アイライナー」「アイシャドウ」「マスカラ」などの使用以外は、マツエクの施術には影響を与えないのではないでしょうか。

 
【マツエクの施術当日のメイク】

  • 化粧下地・・・△(※まつ毛に付かないように注意)
  • ファンデーション・・・△(※まつ毛に付かないように注意)
  • フェイスパウダー、ハイライト・・・△(※まつ毛に付かないように注意)
  • アイシャドウ・・・×
  • アイライナー・・・×
  • マスカラ、つけまつ毛・・・×
  • アイブロウ・・・○
  • チーク・・・○
  • 口紅、グロス・・・○

マツエクが取れやすくなってしまうNG習慣


 

マツエクを付けた後は、日常生活の見直しも行う必要があります。これまで使っていた洗顔料が使えなくなるという事も。特に、マツエクを取り付けた日は過ごし方にも気を使わなければなりません。マツエクがすぐ外れてしまう事のないように、十分に注意して下さいね。ここでは、マツエクの持ちを悪くしてしまうNG習慣をご紹介します。

施術後5~6時間以内に洗顔をした

マツエクを付けてからすぐにメイクを落としたり顔を洗ったりする事は禁止です。サロンを出る時にアイリストからも説明があると思いますが、5~6時間はマツエクを濡らす行為はしてはいけません。湿気がある場所へ行くのも控えましょう。

 

グルーが完全に乾くまでに時間を要し、未硬化のグルーに水分が触れる事で変色をしたり取れやすくなったりします。マツエクサロンを出たのが夜だとしても、5~6時間は洗顔やシャワーは我慢。なるべくなら、グルーの硬化時間も踏まえてサロンの予約を取ると良いですよ。

目をこする癖がある

目をこする癖がある人は要注意です。花粉症や動物アレルギーなど、よく目が痒くなってしまうという人はマツエクを付ける時期を検討するなどの工夫が必要です。

 

また、マツエクを付けているにも関わらずゴシゴシ顔を洗えば、簡単に取れてしまいます。マツエクを付けている時の洗顔は、予めコットンでまぶたを優しくなぞるようにしてアイメイクを落としておきましょう。マツエクに触らないようにする事が大切です。

 

そして、制御不能なのが寝ている間。うつ伏せや横向きに寝る人や寝返りを何度も繰り返す人は、マツエクが寝具に擦れてしまう可能性があります。こればかりは防ぎようがありませんが、マツエクを触ったり擦ったりするクセには気を付けて下さいね。

オイルクレンジングをしている

マツエクを付けたのならば、メイク落としはオイルフリーに限ります。メイク落としに、マツエクOK!と記載されているものを使うのが無難です。

 

オイルの粒子は細かく、まつ毛とグルーの間に入り込んでしまうためマツエクが取れやすくなってしまいます。今まで、オイルクレンジングを使っていたという人は買い替えましょう!マツエクを付けている時とそうでない時で、クレンジング剤を使い分けて下さいね。

まとめ


 

マツエクサロンへ行く際のメイク事情。

メイクは極力して行かないというのがベスト。しかし、そうは言っていられない時には、ファンデーションやチークといった「アイメイク以外」でメイクをして行きましょう。その際にも、まつ毛に化粧品が付かないようにする事がマツエクを長持ちさせる秘訣です。化粧水乳液日焼け止めクリームを塗る際にも注意して下さいね。

 

マツエクサロンでメイク落としを用意してくれている事もありますが、基本的にはメイクを落としている時間も施術時間に含まれます。時間が足りなくて、予定していた本数を付けられなかったという事も考えられますので、事前にメイクを落としておく事をおすすめします。

 

また、マツエクサロンの予約を取る際には、グルーの硬化時間も踏まえて予約を取るようにして下さい。グルーが硬化するまでに5~6時間はかかるので、施術が終わってもその間はお風呂にも入れないしメイクも落とせないと考えた方が良いでしょう。マツエクを付ける前と付けた後の注意事項をしっかり確認して、マツエクを長持ちさせて下さいね。

Author:美プロ編集部

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。