美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.02.23

アイリスト

アイリストを目指すならサロン見学必須

サロンスタッフ
最近は面接の前にサロン見学を行っているまつエクサロンがたくさんあります。転職や就職の前に、サロンの雰囲気などを見学できるのはとても有難いですよね。
 
そこで、サロン見学の際のポイントや注意する点などを紹介したいと思います。

サロン見学する時はここに気を付けよう

まず、サロン見学の申し込みをする時は連絡する時間帯に注意しましょう。忙しい時間帯は避け、内容を事前に確認して簡潔に伝える事が大切です。メールで申し込みをする時は、文面に間違いや記入漏れがないかをしっかりと確認しましょう。
 
そして、サロンに訪問する時は時間に注意が必要です。早すぎても遅く行っても相手の迷惑になるので、5分前を目安に着くようにしましょう。
 
予約を無事に済ませた後は、服装のチェック。サロン見学の時は、服装に迷うと思います。リクルートスーツで行く必要はありませんが、シンプルに清潔感を意識したコーディネートがおすすめです。
 
サロン見学の際にお店で働いているアイリストの服装や雰囲気をしっかりと確認し、次の面接に活かすと良いでしょう。
 
当日は、サロン見学はとても緊張しますが、笑顔を忘れずに丁寧にハキハキしゃべるとアイリストの方に好印象を与える事ができます。

サロン見学の注目するポイントはココ!!

サロン内の様子
サロン見学の時には、必ずペンとメモ帳を持って行くようにしましょう。ただ話を聞いているだけでは、あまりやる気がないと思われてしまいますし、気になった点などをすべて覚えて帰るのは困難です。きちんと整理できるよう、メモに残しておくことが大切です。
 
見学の時に確認しておきたいポイントは、次のとおりです。

サロンの雰囲気

訪問したサロンがどういうお客様をターゲットにしているのか、インテリアなどを確認しておきましょう。
 
高級感を意識しているのか、若いお客様向けにラフな感じにしているのか、などサロンによって様々です。
 
自分が働きたいのはどういうお客様をターゲットにしたサロンなのか、事前にしっかりと確認しておきましょう。

アイリスト同士の会話

サロンの中で、アイリスト同士の会話はとても重要です。私語ばかりしているサロンはあまりないと思いますが、どのような会話をしているのか、仕事上の役割分担はどうなっているのかを見ておきましょう。

質問はよく考えてから

事前にアイリストの方に質問する事をまとめておくのがおすすめです。この時、ホームページやSNSを確認すればわかるような内容の質問は避けましょう。
 
一人のお客様にかける時間、練習時間、シフトの事、アイリストの人数、アイリストデビューまでのカリキュラムなどを聞くと良いと思います。この時、しっかりとメモを取るようにしましょう。

自分にとってゆずれないポイントは何か、しっかり考えましょう

訴える女性
サロン見学の際のポイントを紹介しましたが、1番大事なのは自分にとってゆずれないポイントを決めておくことです。
 
一人のお客様とじっくり向き合うサロンが良いのか、回転率が良く多くのお客様に施術が出来るサロンが良いのか、アイリスト同士の仲が良く楽しく働けるサロンが良いのか。アイリストとして働いている自分を、イメージするようにしましょう。
 
サロン見学には、アイリストとしての将来が掛かっています。ただ「おしゃれな内装だったな」などの感想を抱くだけではなく、サロンの良い所、悪い所をしっかりと見極めるようにしましょう。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。