美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.02.28

作成:2017.02.27

アイリスト

アイリストは1日何人の施術までできるか

休憩する女性
アイリストが1日に施術できる人数は限られており、一般的には予約を入れ過ぎることは好ましくないことだとされています。
 

では、具体的には1日に何人の予約を入れられるのでしょうか。また、予約を入れすぎた場合どの様なトラブルが発生するのでしょうか。

フルタイム勤務で最大7人

もちろんアイリストの勤務時間によって上限数は異なりますが、フルタイム勤務(8時間)で7人程度が上限になります。
 

1人1人が短時間の施術であったり、よほどアイリストに体力があるのであれば別ですが、それを超えると労力的に厳しくなってしまい、歩合制でお給料は多くても心労が溜まってしまいます。

予約を入れ過ぎるとクオリティ低下につながる

時間と売上
1日の予約数を増やしすぎると、1つ1つの施術のクオリティ低下に繋がります。
 

「次のお客様に響く」焦りやスイッチのオンオフの多さ、それから単純な勤務時間の多さで質が下がり、場合によっては施術時間被りをしてお客様に直接の迷惑をかけるかもしれません。
 

当然ですが、これらの出来事は常連客が離脱するきっかけや新規客のリピーター化に失敗するきっかけを生み出します。
 

低単価なまつエクサロンは量をこなすことが利益に繋がるため、お店や会社の方針で仕方ない部分もあるかもしれません。しかし、高単価なまつエクサロンでは、クオリティの低下やスケジューリングミスは命取りとなります。

「合わない」と感じたら転職を

この記事を読んで下さっているアイリストさんの中には、「うちは1日に10人もこなして、ヘトヘトなんだけれどもこれが業界の常識なのかな」と思っている人もいるでしょう。
 

ですが、まつエクサロンによって常識は異なります。1日5人が目安のサロンもあれば、3人が目安、7人が目安のところもあり、それぞれのサロンに長所や短所があります。
 

もし、今現在「体が壊れそう」だと感じているのであれば、体力作りより先に転職をすることをおすすめします。あなたが現在働いているサロンでの”普通”は、業界での”異常”かもしれません。

アイリストは詰め込みすぎに要注意

視野を変える女性
アイリストは勤務時間内であれば、ある程度スケジュールの調整は効きます。ですが、スケジュールを詰め込み過ぎると心労が溜まってしまい、場合によってはこの業界から退く事態になるかもしれません。
 

スケジュール管理も仕事の1つですので、施術が無理そうであれば断って別の日程に変更する勇気を持ちましょう。場合によっては転職する勇気も必要です。
 

どんな仕事であっても、最も大切なのは自分のメンタルや体の状態です。そのメンタルや体を完全に壊さない施術法やサロンを見つけたいところです。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。