美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.03.01

作成:2017.02.02

アイリスト

顔の皮膚の中で1番デリケート!まぶたの乾燥対策方法とは

目元

 

あなたのまぶた、知らない間に乾燥していませんか?

まぶた

 

まぶたは頬の皮膚と比べると1/3の薄さで、とてもデリケートな部分。まぶたには皮脂腺や汗腺がほとんどないため、皮脂膜を作って自分で肌を守ることができません。そのため、日常生活で最も刺激を受けやすい部分でもあります。よく動かす部分でもあるため、バリア機能が低下しやすいことも原因のひとつ。さらに、目の疲れもまぶたの乾燥を引き起こしてしまいます。

まぶたの特徴

  • 顔の皮膚の中で最もデリケートな部分
  • まぶた皮膚は、頬の1/3の薄さ
  • 皮脂腺が少なく乾燥しやすい場所である

まぶたが乾燥する原因

  • 皮脂膜を作って自分で肌を守れないため、日常生活で刺激を受けやすい
  • 良く動かす、目の疲れなどちょっとした刺激ですぐに傷つき乾燥してしまう

まぶたは、もともと皮脂腺が少ない場所であるうえ、刺激を受けやすいデリケートな場所。そのため、乾燥しやすい部分となります。それに加えて、アイメイクやマスカラを落とす際、クレンジングでゴシゴシ擦るのはまぶたにとって大ダメージ。高刺激のクレンジング剤でまぶたを洗ってしまうと、さらに乾燥を招いてしまいます。

NG行動

  • 手でまぶたをこする
  • 濃いアイメイク
  • アイメイクを落とす際に、高刺激のクレンジング剤を使っている
  • アイメイクを落とす際に、ゴシゴシとこすって洗っている

まぶたは乾燥しやすい場所であるにもかかわらず、アイメイクやクレンジング剤などによって、さらに乾燥しやすい状況になっています。

まぶたの乾燥対策方法とは

目

 

顔の中で最もデリケートなまぶた。そこで、まぶたの乾燥を防ぐ方法をご紹介いたします。

まぶたの乾燥対策方法

  • 手でまぶたをこすらない
  • 洗顔でも簡単に落とせるようなアイメイク用品に変える
  • クレンジング剤の代わりに、乳液やアイメイクリムーバーでアイメイクを落とす
  • 添加物が入っていない保湿液でまぶたをケアする
  • アレルギー体質で目がかゆくなりこすってしまう場合は、かゆみ止めの薬を服用する

まぶたは、あなたが思っている以上にデリケートな場所です。まぶたを乾燥から守る方法として、アイメイクやクレンジングを変える、まぶたをこすらないなど、簡単な方法もあります。ぜひ、取り入れてみてくださいね。

乾燥からまぶたを守ろう

今回は、まぶたの乾燥対策方法についてご紹介いたしました。
まぶたは、あなたが想像している以上に、デリケートで敏感な場所です。まぶたを大事にすることで乾燥から守ることができます。ぜひ、まぶたの乾燥を防いでみてくださいね。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。