美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.03.28

アイリスト

サロンで学べるつけまつげのアレンジ方法

人形
自分の目をお人形のようにフサフサでぱっちりな目元にしてくれる、つけまつげというアイテムがあります。しかし「付け方がイマイチわからない」「どうしても不自然な仕上がりになってしまう」と思っている方も多いのではないでしょうか。
 
つけまつげ初心者さんは、「つけまつげサロン」に行ってみませんか。自分に似合うアレンジも教えてもらえるでしょう。

自分に似合うつけまつげ、付けていますか

長くてフサフサしたまつげに囲まれた、パッチリ目元が手に入り、かわいさアップに欠かせないアイテムにつけまつげがあります。マスカラよりもまつげのボリュームを変えやすく、まつげエクステよりもまつげに負担をかけないところが魅力です。
 
目尻のシワが気になる年代の人が付ければ、シワを目立ちにくくする効果もあります。しかし、しっかり自分に似合うつけまつげを選んでいることに自信のある人は少ないのではないでしょうか。
 
「つけまつげを自己流で付けてはいるけど、付け方がこれで合っているのかイマイチ分からない」「付けてはいるものの、なんとなく不自然な目になる」など、悩んでいる人はたくさんいます。
 
つけまつげは、目の形や大小、つけるシーンなどによって、似合うものが違いますから、本当はつける人それぞれに合わせて、アレンジが出来るとベストなアイテムなのですが、市販のつけまつげを買うだけではなかなかそこまでできないでしょう。

つけまつげサロンに行ってみよう

年代を感じるメイク
「つけまつげの上手なつけ方を知りたい」「不自然なつけまつげになりたくない」という人にオススメしたいのが、つけまつげのレッスンをしているサロン。
 
つけまつげを扱っているサロンが定期的、または不定期に開催されたり、プライベートメイクレッスンを開講しているサロンがつけまつげ専門コースを開いたりしている場合もあります。
 
つけまつげサロンでは、ヘアサロンやメイクサロンなどと同じように、つけまつげの自然な付け方や、つけまつげを選ぶポイント、つけまつげの扱い方など、つけまつげで美しくなるための手順やコツなども教えてもらえます。
 
つけまつげをつけ始めたばかりの初心者さんだけでなく、つけまつげを普段から付けているけれど技術やアレンジをワンランクアップさせたい上級者さんにも、オススメです。

つけまつげのアレンジで更にランクアップ

メイクをしてもらう
つけまつげサロンの中には、目の形や年代、シーンなどに合わせて、つけまつげを一人一人に似合うものにアレンジしてくれるところもあります。
 
30~40代の女性が、ギャル仕様のつけまつげをそのまま使っても、目元が浮いてしまうだけですが、全体の長さを短くして目尻側だけにつけるようにしましょう。そうすれば、自然でいながらくっきりとした目元を演出できます。
 
また、目の大きさによっても、自然に見えるつけまつげの長さと形は変わります。つけまつげサロンでは、そんな、つけまつげアレンジの仕方や、自分の目に似合うつけまつげにするアレンジ方法またはアドバイスを行っています。
 
サロンによっては、専用の器具で、自分の手で自由自在にアレンジできるようになるためのレッスンを行っているところもあります。
 
目元をワンランクアップさせるためのアイテムを、「付け方が分からないから」「自分に似合うつけまつげにする方法が分からないから」と、そのままにしておいては、せっかくのアイテムを使っていてももったいないだけです。
 
つけまつげサロンで、つけまつげの付け方を知り、つけまつげそのものもアレンジして、ワンランクではなく数ランクアップを目指しませんか。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。