美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.03.27

作成:2017.03.24

アイリスト

ビューラーで下まつ毛をカールする方法

化粧の上手な女性
上まつ毛はビューラーでカールするのに、下まつ毛はそのままにしている人が多いようです。けれども下まつ毛をカールすれば、目が大きく見えてメイクの幅が広がります。上手なカールの仕方について紹介しましょう。

下まつ毛のカールはホットビューラーで

ビューラーは基本的に上まつ毛にフィットするよう作られているので、下まつ毛に使うには、逆さに持って挟まなければいけません。上まぶたほど膨らみがあるわけではないので位置の調節が難しく、時には皮膚を挟んでしまうこともあります。
 
けれども下まつ毛をカールすれば、まつ毛全体が開いた状態になるので、それだけ目が大きくなったように見えます。ビューラーが苦手だからという理由でカールしないのは、もったいないのです。
 
下まつ毛用のビューラーも販売されていますが、むしろホットビューラー(まつ毛カーラー)の方が使いやすくて便利です。まつ毛をヒーターで加熱してカールの癖をつけ、冷える過程で固めます。下まつ毛が上向きに生えている時は、ヒーター付きのパットで挟むタイプのホットビューラーを使うとカールしやすいでしょう。

水に強いマスカラで塗る量を調節して

アイメイクが印象的な女性
下まつ毛はメイクもおざなりになりがちです。特にマスカラをつけると皮膚に付着してパンダ目になりやすいので、敬遠する人が多そうです。ウォータープルーフのマスカラを使い、つける前に一度ティッシュでオフすると、適切な量をつけられて滲むのを防げます。ブラシを縦にすると、より細かく塗る量を調節できるでしょう。
 
目頭側に多く塗ると可愛らしさを、目尻側なら優しい印象を与えます。あえて上まつ毛とマスカラの色の濃さを変えると、メリハリが出て立体的に見えます。ビューラーでカールしておけば、よりメイクの効果が生きるでしょう。

つけまつ毛とエクステでカバーするなら

下まつ毛が短くて、思うようにカールできない時は、つけまつ毛やエクステでカバーする方法があります。つけまつ毛は自分のまつげで隠すようにつけると自然です。ラインが目立つ場合は、アイライナーを引きましょう。
 
下まつ毛用のエクステは、少ない本数でも大きく印象が変わります。そもそも下まつ毛の本数は40本程度しかないので、その半分の20本のエクステをつけるだけでも多く感じる場合があります。つける時は、バサバサ感が出たり、上まつ毛と干渉したりしないようにアイリストと相談しましょう。

下まつ毛の手入れで劇的に印象が変わる

目尻を触る
下まつ毛をカールさせるなら、ホットビューラーを使えば簡単です。マスカラで強調すると、さらに見栄えの良い仕上がりになるでしょう。つけまつ毛やエクステでカバーする方法もあります。
 
下まつ毛は本数が少ないので、メイクに力を入れるとやりすぎ感が出ます。逆に、ちょっと手入れすれば劇的に印象が変わるのです。アイテムを上手に使って、華やかな目元を作りましょう。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を都道府県から探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。