美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.03.17

アイリスト

妊娠中のまつ毛エクステに関する注意点とは

ベッドに横になる妊婦
妊娠中にまつ毛エクステを付けておけば、それだけで目元が華やかになって、メイクの手間や負担を減らせます。一方で、赤ちゃんや母体への影響も気になるところです。どのような注意点があるのでしょうか。

妊娠中や出産時もまつ毛エクステは必要

まつ毛エクステは、まつ毛を1㎝前後長くしてボリュームを持たせてくれます。目の印象が強くなると、他のメイクが薄めでも見栄えが良くなります。妊娠中に体調が優れず、肌の調子が不安定でも、安心してノーメイクで過ごせるでしょう。

特に出産前後は、ノーメイクで赤ちゃんと記念写真を撮ったり、お祝いに来た人たちと会ったりする機会が多いものです。そんな時もまつ毛エクステをしておけば、臆することなく堂々とした表情でいられます。

妊娠中はどのグルーを使えばいいの?

けれども、まつ毛エクステを付けるには「グルー(接着剤)」が必要です。グルーに含まれる「シアノアクリレート」は、シックハウス症候群でも知られる「ホルムアルデヒド」を発生させます。
 
赤ちゃんへの影響はほとんど無いと言われていますが、心配なら「ブチル系シアノアクリレート」のグルーを使っているサロンを選ぶと良いでしょう。ホルムアルデヒドの発生量が少なく、医療用に使われているからです。

いつもと違う体への影響に気をつけて

むしろ注意点があるのは、自分の体の方です。妊娠中はホルモンバランスが乱れがちで、肌が敏感になったり、体調が変化しやすくなったりします。いつもなら平気なグルーでもかぶれたり、臭いで具合が悪くなったりするかもしれません。
 
また、まつ毛エクステの施術は仰向けになった状態で行われます。お腹が大きくなると長時間そのままの姿勢でいるのは苦痛です。こうした理由から妊娠中の施術を断るサロンもあります。
メイク中

安心して施術を受けられるサロンの基準

妊娠中にまつ毛エクステの施術を受けるなら、妊婦の体調に配慮してくれるサロンを選ぶと良いでしょう。医療用のグルーを使うのはもちろん、医師がカウンセリングをしてくれたり、負担にならないベッドを用意してくれたりすると安心です。
 
また、まつ毛エクステの施術をするには美容師免許が必要で、サロンも厚生労働省から認められた「美容所」でなければいけません。妊娠中だからこそ、料金の安さばかりを優先せず、基準を満たしているサロンで施術を受けましょう。

まつ毛エクステできれいなお母さんになろう

ほほ笑む妊婦
妊娠中はいつもと体調が異なるので、普段なら何の問題も無いことがリスクになる場合があります。まつ毛エクステをつける時も、できるだけ負担が少ない施術をしてくれるサロンを選びたいものです。
 
注意点としては、使うグルーの種類や医師との提携、施術中の姿勢、免許の有無などがあります。これらをクリアすれば、出産時でもきれいなお母さんのまま、赤ちゃんを迎えられるでしょう。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。