美容スペシャリストな自分になるために

更新:2019.11.29

作成:2017.04.18

アイリスト

まつ毛エクステに付いた目やにの取り方や原因

寝起きの女性
 

まつげエクステを付けると、朝起きた時に目やにがついてしまう場合があります。そんなとき、無理に取ろうとしたらエクステも一緒に抜けてしまいます。

 

一体、どのように取り除けば良いのでしょうか。目やにを上手に取る方法や目のトラブルに対し注意すべき事を見ておきましょう。

目やにを上手に取る方法

机に置かれた綿棒
 

まつげエクステを付けている場合、ついてしまった目やにを取るのに、こすったり、指先でつまんで取ろうとしたりすると、エクステまで抜けてしまいます。指先や爪が目に入ってしまうと傷つけてしまう原因にもなります。

 

そんなとき、残ってしまった目やには「綿棒」を使って取ると、まつげエクステが抜けるのを防いでくれます。取り方は、綿棒をぬるま湯で湿らせ、目尻から目頭に向かって動かすだけです。焦らず、ゆっくりと絡め取りましょう。この取り方でも残る場合は、綿棒にキャリアオイルワセリンなどを付ければ、目やにが滑りやすくなります。蒸しタオルで取るのも効果的です。

 

目やには目頭や目尻に溜まりやすいので、その部分のまつげエクステを少なめにし、短いエクステを付けるようにすると少し緩和されます。施術する時に調節してもらいましょう。

目やにを防ぐには信頼できるサロンを選んで

まつげエクステは自分のまつげとミリ単位で調節しながら付けるので、技術と経験が必要です。まつげの生え際から少し隙間をあけてエクステを装着するのですが、技術が足りていないサロンスタッフにあたると、そのあたりの調節が上手くできません。

 

すると、まつげエクステを装着したあとから目やにが急激に増えたという人も少なくはありません。エクステは人工的に作られたものなので、眼球に少しでもあたっていれば目を傷つけますし目やにが増えることもあるでしょう。

 

そもそも、まつげエクステの施術は、美容師の免許を持っていないとできません。サロンメニューの料金が安いと、カウンセリングも技術もそれなりです。中には、きちんと知識を備えておらず衛生面の理解も不十分な人もいるかもしれません。

 

しっかりとカウンセリングをしてくれて、メリットだけでなくリスクも説明してくれるサロンを選びましょう。また、美容師免許をきちんと持っているかも調べておくと良いかもしれませんね。

目やにが増えたら炎症を起こしているサインかも

目をこする女性
 

目やには、目の中の老廃物や汚れが排出され乾燥したものです。起きている間はまばたきで涙が分泌され、これらの老廃物や汚れは一緒に流れていきますが寝ている間は目頭などで乾燥して固まります。だから朝に目やにがついているのは自然なことなのです。

 

けれどもまつげエクステを付けて、目やにの量が増えているなら、何らかの異常が発生している可能性があります。エクステの接着剤が揮発して、目が炎症を起こしていたりエクステが眼球を傷つけたりしているかもしれません。そんな時はエクステを外したり、眼科で診てもらったりした方が良いでしょう。

まとめ

目やにが出るのは自然現象ですが、目を開けられないほど多くこびりつく場合は、まつげエクステが原因で目にトラブルを起こしている可能性があります。信頼できるサロンで施術を受ければ、過剰な目やにが出るようなことはありません。きちんと、アイリストの技術や信頼度を調べてからサロンに行くようにしてくださいね。

 

まつげエクステに付いた目やには、綿棒で優しく取ると一緒にエクステが抜け落ちるのを防いでくれます。目やにの量が多い目頭や目尻のエクステのボリュームを抑えるのも予防になりますよ。

 

まつげエクステを付ける際には、きちんとリスクを説明してもらってから付けるようにしましょう。

Author:美プロ編集部

関連求人を都道府県から探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。