美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.02.14

アイリスト

ローコスト&長持ち! まつ毛エクステのリペアプラン

メイクされている子ども

 

まつ毛エクステ、リペアプランと付け直しはどう違う?

まつ毛エクステは、自分のまつ毛につけまつ毛をつけてボリュームアップを図るものです。

まつ毛エクステはだいたい1か月前後ほどのキープできます。これが全部外れてしまったり、見苦しくなってきたりしたら換え時ですが、「少し外れてしまった」「新しくするほどではないが、まつ毛が伸びてしまった」ということもあるでしょう。

そんなときには「リペア」という方法が役立ちます。

これはまつ毛エクステのお直しをするものです。専門家の手によるものですから、リペアを受けた後のまつ毛エクステは、まるでつけたばかりのような美しさを取り戻すと言われています。

数字と女性

 

まつ毛エクステ、そのやり方や料金、注意点について

まつ毛エクステのリペアのやり方は、サロンや状態によってさまざまです。

一度外してしまうところもありますし、現存しているまつ毛エクステを残したままで崩れかかっているところだけを直すサロンもあります。

ただ、いずれの場合でも、「美しい目元」がよみがえることは間違いありません。

まつ毛エクステのリペアの頻度は、2~3週間に1度。ただし、まつ毛エクステ自体が「扱い方」「どんなライフスタイルをしているか」「スタッフの技量」によってもちが異なってきます。そのため、もっと早く行かなければいけない人もいますし、ずっと後になってからでも大丈夫な人もいます。自分のまつ毛エクステの状態を見て判断しましょう。

まつ毛エクステをリペアすることの大きなメリットは、「一般的なつけ替えよりも安く済む」ということ。一例ですが、「リペアの場合はつけ直しの料金よりも500円安い価格(7パーセント~12パーセント引き)でやっている」というお店があります。

リペアをするときの注意点としてあげられるのは、「ほかの店でやったまつ毛エクステについては、リペアできない」としているお店や、「ほかの店でやったものでもリペアはするが、新しく付け直すときと同じ金額をもらう」としているお店が多いです。そのため、「リペアをしていくこと」を前提としてまつ毛エクステを受けるのならば、自分自身が通い続けやすいサロンを選ぶようにしましょう。

「物を大切に」「物を修理して使うこと」がよいとされてきた日本。

まつ毛エクステもリペアの時代なのかもしれませんね。

青い流し目

 

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。