美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.07.28

作成:2017.07.27

アイリスト

イメージがガラリと変わっちゃう!? バンギャメイクとは

バンギャメイクって、どんなメイク?

たたずんでいる女性

 

バンギャメイクという言葉を耳にしたことはありますか?「バンギャ」とは、ビジュアル系バンドファンを指します。また、「バンギャメイク」とは、そのバンギャの人たちの特徴あるメイクのこと。では、バンギャメイクにはどのような特徴があるのでしょうか。

バンギャメイクの特徴

  • ベースメイクは、白く!
    しっかり保湿をして崩れを防ぎ、くすみやムラを隠しながらメイクします
  • アイメイクには、濃く!
    黒のアイラインを目の周りに引き、目力を強さをアピールします
  • つけまつげで、ボリュームアップ!
    できる限り、本数が多く長いつけまつげがオススメ
  • カラコンは必須!
    青や赤、紫などカラーや形など様々なデザインがあります
  • リップは赤!
    白い肌に映えるように、唇の輪郭をしっかり縁取ってのせていきます

バンギャメイクのやり方

ブラシ

 

こちらでは、ボーイッシュバンギャメイクの基本的なやり方をご紹介いたします。

ボーイッシュバンギャバンギャメイクのやり方

  • アイブロウ…眉頭と眉頭の間は狭く、できるだけくっきり眉を際立たせ男らしく仕上げる
  • ノーズシャドウ…鼻筋に眉頭から鼻先までホワイトカラーを塗り、浮き上がるようにノーズシャドウを入れる
  • アイライン…目頭にも目尻にもアイメイクを施し、ツリ目のイメージで仕上げる
  • アイシャドウ…目頭と目尻のアイラインの延長にアイシャドウを塗るように

バンギャメイクの他にも、カラコン、髪型、服装、アクセサリーなど、特徴あるアイテムを取り入れることで、さらに雰囲気が演出できます。

バンギャメイクの種類

女性の目元

 

最後に、バンギャメイクの種類をいくつかご紹介いたします。

バンギャメイクの種類

  • お人形さんのようなロリータバンギャメイク、フェアリー系メイク
  • 黒系、お兄系、男装などのボーイッシュバンギャメイク

バンギャメイクにも、いろいろ種類がありますので、好みタイプに合わせてバンギャメイクにチャレンジしてみてください♪いつもと違う印象のあなたになれるかも!

Author:美プロ編集部

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。