美容スペシャリストな自分になるために

更新:2019.10.03

作成:2017.01.24

ネイリスト

ネイリストがネイルサロンを開業するために必要なこと

ネイリストがネイルサロンを開業するために必要な資格や届け出はあるの?

ネイリストがネイルサロンを開業するために必要な資格や届け出などはあるのでしょうか?

ネイリストがネイルサロンを開業するために必要な資格や届け出

  • ネイルサロンに限る開業に必要な資格や届け出は特になし
  • ネイルサロンに限らず、開業する場合は税務署への「開業届」を申請するが必要ある
  • 開業届を税務署に提出すると、年に一度確定申告をする必要がある
  • 必要ではないとされていますが、最低でも「公益財団法人 日本ネイリスト検定試験センター(JNEC)」主催の「ネイリスト技能検定試験」1級~3級を取得していることが、通常好ましい

※開業資金は200万~500万円必要

ネイル関連ライセンス

☆JNECネイリスト技能検定試験

☆JNAジェルネイル技能検定試験

JNA認定ネイルサロン衛生管理士

JNA認定ネイルサロン技術管理者

現在のところ、ネイルサロンを開業するのに必要な資格は特にありませんが、資格を持たずに開業する人は非常に少ないのが現実。ほとんどの場合、ネイルサロンの資格は2級以上を取得しています。無資格で営業を始めると、失敗するケースやトラブルを起こすケースが多くあるので、注意が必要です。

ネイリストがネイルサロンを開業するために必要な戦略

ネイリストが独立・開業して働くということは、ネイルサロンが繁盛するかどうかによって自分の収入が大きく変動するということ。経営に失敗しないように、開業前に様々な戦略を練っておく必要があります。

 

まず最初に考えるべきはネイルサロンの「コンセプト」。どんな客層をメインターゲットにしたいのか想定して、お店の特色や雰囲気を決めていきます。コンセプトは開業後の経営方針にも関わってくるので、繁盛しているサロンを調べるなどしっかりリサーチした上で検討していきましょう。

 

コンセプトが決まったら次は物件選び。ターゲットとなる客層が来店しやすい立地の物件を選定していきましょう。周辺にどんなネイルサロンがあるのか調べておくことも重要で、もし競合店があるなら差別化を図っていく必要があります。

 

続けて店舗の内装や施術メニューを決めることになりますが、ここで考えるべきは「どうやってコンセプトを形にするか」ということ。たとえば年齢層が高めの女性客をターゲットにするなら、お店の内装は落ち着いた雰囲気にしたほうが良いでしょう。また、ネイルデザインや価格設定も客層に合わせて検討することが必要です。たんにお客様のウケが良さそうな要素を盛り込んでいくのではなく、サロンのイメージを総合的に演出していくのが大切なポイント。

 

ちなみにネイルサロンの開業・経営に関してはセミナーもよく開催されているので、不安な人は利用してみるのも一つの手です。詳細な内容はセミナーによっても異なりますが、コンセプトの立案や物件選びといった開業の第一歩から集客につながるブログの運営方法まで、実用的なノウハウを学ぶことができるはず。

 

ネイリストがネイルサロンを開業するために必要な設備や器具

それではネイルサロンの開店にあたって、どんな設備や器具を用意すれば良いのでしょうか? 必須アイテムとしては、ネイルを施す際に使うアートパーツやネイルポリッシュなどを挙げられるでしょう。そのほか施術後のハンドマッサージに使うクリームなども忘れてはいけません。

 

コンセプトに合った雰囲気を演出できるように、店内にインテリアを設置することも重要ですね。居心地の良い空間を作ることで、リピーターの獲得にもつながるはず。また集客アップを狙うなら、ネイルデザインやカラーバリエーションの見本となるアートサンプルやカラーチャートを用意しておくのがおススメです。

 

さらにチラシや名刺など、販促のための印刷物を用意しておくことも必要。印刷が終わって手元に届くまでに時間がかかるので、開店に間に合うようにきっちりスケジュールを管理して作成を進めましょう。

ネイリストがネイルサロンを上手に経営するために必要なこととは

l0004_20170203_3
 

ネイリストがネイルサロンをうまく経営するためには、何が必要なのでしょうか。

ネイリストがネイルサロンを上手に経営するために必要なこと

  • リピーターを離さない接客スキルと、施術スキル
  • 通常の集客に加えてHPやブログ運営でも上手に集客
  • 1店舗目がうまくいけば、複数店舗を構える(予約状況に応じて、予約が空いた時間も無駄なくヘルプ移動も可能)
  • 複数店舗を構える場合、優秀なネイリストを1店舗に最低1名は必ず確保する

ネイルサロン経営は誰にでも比較的簡単にできますが、競争率はかなり高いです。そのため、ネイルサロンを上手に運営するには、ネイルアートの技術だけではなくリピーターを離さない接客サービスの充実が特に求められてきます。

さいごに

いかがでしたか?今回は、ネイリストがネイルサロンを開業するために必要なことをご紹介しました。

ネイルサロンを経営するための入り口は比較的低いものの、競争率はかなり高い業界ですので、色々な施策が必要になってきます。まずは、スキルを磨き、集客をあげ、他のサロンとの差別化を図りましょう。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

ネイリストの仕事に就くための情報まとめ

ネイリストも憧れる!? 有名ネイルアーティストのデザインをチェック!

ネイリストによってデザインやテクニックが大きく異なるネイルアート。ネイリストという範囲に留まらず、芸能人のネイルや雑誌などで使われるネイルデザインを担当する“ネイルアーティスト”として活躍する人も多くいます。

通信講座でネイリストを目指す! そのメリット・デメリットや格安通信講座まで!

美容師とは違って、ネイリストになるため必須となる資格などはありません。とはいえお客様にネイルアートを施すために高い技術が求められますし、ポリッシュやジェルネイルなどネイルには様々な種類があるのでそれを上手く使うための知識も必要です。

ネイリストという職業――なるには・資格・検定・求人 etc

人の指先を美しく彩るネイルの専門家・ネイリストといえば、今や女性にとってはお馴染みの職業ですよね。その仕事内容はジェルネイルやポリッシュなどを用いてネイルアートを施したり、爪をケアしたりと奥が深いもの。ここではネイリストになる方法や必要な資格、求人情報などへのリンクをまとめています。

ネイリスト検定のモデルはこんな人にやってもらいたい! モデルの条件と注意点とは?

ネイリスト検定において、爪を施術するためのモデル選びはとても大切。上級の検定試験では、モデル探しで妥協したために不合格になるということもありえます。そのため、ネイリストとしてステップアップしていくには、良いモデルを見つけてその協力を得ることが必要不可欠です。

資格なしでネイリストとして働く方法&資格取得のメリットとは

美容業界には「美容師」や「ネイリスト」、「エステティシャン」などさまざまな職種があり、資格の数も豊富。ですがネイリストには特に資格がなくても働けるサロンが多数あって、実際に「資格なし」で働いている女性も多いようす。中には主婦と両立して働いている人もいるそうですよ。

減点される身なりは避けよう! ネイリスト検定に向いた服装や髪型

どんな試験でも試験官や他の受験者から見られることになるので、その身なりについては悩みどころですよね。特に“美”に関わる業界で、受験者やモデルも女性が多いネイリスト検定。そこではきれいに見られたい、オシャレに見られたいという気持ちで試験に臨まれる方も多いはず。

ネイリストの資格の代表格! 日本ネイリスト検定試験センターの「ネイリスト技能検定試験」に迫る!

多くの女性が憧れるネイリスト。もちろんなるには資格が必要でしょ? と思っている人が多いかもしれませんが、実は資格が何もなくてもネイルアーティストにはなれるのです。 しかし、ネイルサロンなどへ就職する時には、条件に資格取得者を掲げているところがほとんど。そのため、ネイリストの勉強をするのと同時に、資格に挑戦する人が多いようです。