美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.06.16

作成:2017.06.15

ネイリスト

年中人気!薔薇ネイルの簡単アレンジ法を伝授

薔薇ネイルのデザイン

薔薇ネイルは季節を問わず1年中人気のデザイン。指先にエレガントさを出すことができるので、結婚式やフォーマルな場にぴったりです。ここでは薔薇ネイルでおすすめしたいデザインをご紹介いたします。

3Dネイルデザイン

通常3Dネイルは派手になりがちですが、薔薇ネイルだと気品ある素敵な仕上がりになります。3Dネイルはカラーパウダーを使うとデザインがぼやけてしまうので白を使うのがベター。3Dネイルは特別なときにしかできない女性も多いので、結婚式の花嫁さんに人気のデザインです。

アンティークエレガントローズ

薔薇のアートネイルをアンティークに仕上げたデザイン。薔薇を小さくデザインすれば可愛らしい雰囲気に、大きく描けばゴージャスなデザインに仕上がります。アンティーク感を出すには、くすみ系でカラーをするのがポイント。

ローズレース

薔薇を縁取りした「ローズレースデザイン」は、派手さがないのでオフィスでおすすめ。さりげないデザインが、男性受けのしやすさも◎ですよ。

薔薇ネイルやり方

 

準備

  • UVランプ(36Wぐらいのもの)
  • ジェルクリーナー
  • キッチンペーパー(筆や道具の掃除用)
  • ワイプor不織布ガーゼ(毛が立たないもの)
  • コットン(余ったジェルのふき取りに使用)
  • ピンセット(ほこりを取り、パーツやシールを付けるときに使用)
  • スパチュラ(カラージェルを混ぜる際使用)
  • ジェル筆
  • カラージェル
  • トップジェル
  • ベースジェル
  • キューティクルオイル
  • バラ用のカラージェル
  • 細筆
  • ラメやストーンなどお好きなアート用品

やり方

1.プレパレーション

ベースジェルを塗る前に行う爪の下準備をプレパレーションと言います。消毒をし、自爪のツヤ取りや甘皮処理を行い、爪に含まれる水分や油分を取り除きましょう。プレパレーションを行うことで、ネイルの仕上がりが良くなります。逆にやらないとジェルの持ちが悪くなり、ネイルがはがれやすくなってしまいます。

2.ベースジェルを塗る

プレパレーションを行った後にベースジェルを塗っていきます。均一になるようにしてください。

3.ベースのカラージェルを塗る

好きな色のカラージェルを塗っていきます。薔薇のデザインと合わせて色を選びましょう。

4.薔薇ネイルのアートをする

直接ペイントしたり、薔薇のパーツを乗せたり自分の好みのアートを施していきましょう。

5.トップジェルで仕上げる

最後にトップジェルでコーティングして完成です。トップジェルを使うことで汚れの付着を抑えてくれるため長持ちしやすくなります。ただし塗りすぎるとオフがしにくくなるので、気をつけてくださいね。

アレンジ方法

薔薇ネイルはアートが難しいですが、ここでは簡単にできる薔薇ネイルのアレンジ方法を紹介していきます。

カンタン!巻き薔薇ネイル

1.小さい巻きを描く

ベースジェルを塗ったとき、筆を使って小さな巻きを中心に描く

2.その周りに花びらを巻きながら書いていく

コツは「三日月型」にすること。そうすれば薔薇に見せることができます。

3.仮止めする

1つの薔薇を描いたタイミングで仮止めをしていきます。

4.トップジェルを塗って完全硬化

薔薇を描き終わったらトップジェルを塗り完全硬化。最後に未硬化ジェルをジェルクリーナーで拭いて完成です。始めは上手く描けない場合もありますが、仮止め前なら修正可能。失敗してもすぐに修正していけば取り返しがつくので安心です。

Author:美プロ編集部

関連求人を探す

ネイリストの仕事に就くための情報まとめ

ネイリストも憧れる!? 有名ネイルアーティストのデザインをチェック!

ネイリストによってデザインやテクニックが大きく異なるネイルアート。ネイリストという範囲に留まらず、芸能人のネイルや雑誌などで使われるネイルデザインを担当する“ネイルアーティスト”として活躍する人も多くいます。

通信講座でネイリストを目指す! そのメリット・デメリットや格安通信講座まで!

美容師とは違って、ネイリストになるため必須となる資格などはありません。とはいえお客様にネイルアートを施すために高い技術が求められますし、ポリッシュやジェルネイルなどネイルには様々な種類があるのでそれを上手く使うための知識も必要です。

ネイリストという職業――なるには・資格・検定・求人 etc

人の指先を美しく彩るネイルの専門家・ネイリストといえば、今や女性にとってはお馴染みの職業ですよね。その仕事内容はジェルネイルやポリッシュなどを用いてネイルアートを施したり、爪をケアしたりと奥が深いもの。ここではネイリストになる方法や必要な資格、求人情報などへのリンクをまとめています。

ネイリスト検定のモデルはこんな人にやってもらいたい! モデルの条件と注意点とは?

ネイリスト検定において、爪を施術するためのモデル選びはとても大切。上級の検定試験では、モデル探しで妥協したために不合格になるということもありえます。そのため、ネイリストとしてステップアップしていくには、良いモデルを見つけてその協力を得ることが必要不可欠です。

資格なしでネイリストとして働く方法&資格取得のメリットとは

美容業界には「美容師」や「ネイリスト」、「エステティシャン」などさまざまな職種があり、資格の数も豊富。ですがネイリストには特に資格がなくても働けるサロンが多数あって、実際に「資格なし」で働いている女性も多いようす。中には主婦と両立して働いている人もいるそうですよ。

減点される身なりは避けよう! ネイリスト検定に向いた服装や髪型

どんな試験でも試験官や他の受験者から見られることになるので、その身なりについては悩みどころですよね。特に“美”に関わる業界で、受験者やモデルも女性が多いネイリスト検定。そこではきれいに見られたい、オシャレに見られたいという気持ちで試験に臨まれる方も多いはず。

ネイリストの資格の代表格! 日本ネイリスト検定試験センターの「ネイリスト技能検定試験」に迫る!

多くの女性が憧れるネイリスト。もちろんなるには資格が必要でしょ? と思っている人が多いかもしれませんが、実は資格が何もなくてもネイルアーティストにはなれるのです。 しかし、ネイルサロンなどへ就職する時には、条件に資格取得者を掲げているところがほとんど。そのため、ネイリストの勉強をするのと同時に、資格に挑戦する人が多いようです。