美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.08.10

作成:2017.08.08

ネイリスト

ネイル(爪)を噛む癖の原因と改善策まとめ

ネイルを噛んでしまう人

不安やストレスを感じてしまったときに、自分を守ろうと取る行動は人それぞれです。買い物をしてストレス発散する人もいれば、自分を傷つけてストレス発散する人がいます。今回はそのなかでも「ネイル(爪)を噛んでしまう人」に焦点を当て、原因や改善方法について紹介していくので、ぜひ参考にしてください。

ネイルを噛んでしまう原因

ネイル(爪)を噛む行為は、自己刺激の一種です。ストレスや不安から自分を守るために、自分を刺激し負担を軽減させようとする行動。これらの癖や行動を咬爪症(こうそうしょう)と呼びます。

ネイルを噛むことで、爪の変形・深爪・ささくれになったりすることはもちろんですが、手に付いた菌を口に含むことから、細菌感染を発症してしまうケースも。

ネイルを噛んでしまう癖の改善方法

ついつい噛んでしまいがちなネイルですが、できることならすぐにでも止めたいですよね。ここでは、ネイルを噛んでしまう癖を改善するために、効果が期待できる方法をまとめました。

爪やすり

ネイルを噛んでいる人の中には、爪がギザギザとしているのが気になってしまい、更に噛みたい衝動に駆られてしまう人も。そういったタイプの人は常に爪やすりを持っておき、噛みたくなったタイミングで爪を整えてあげると良いでしょう。また、爪やすりでキレイに整えるので、そのままの状態を保ちたい気持ちが勝り、ネイルを噛むことをやめることができるかもしれません。

ベースコートやハンドクリームを塗る

ベースコートやハンドクリームは口に入れると、少し苦みがあります。あえて爪に塗っておくことで、爪を噛んだときに口の全体に苦みが広がるため、自然と噛みたくないと身体が覚えるかもしれません。。

マニキュアやジェルネイルを使用

マニキュアやジェルネイルを施すことで「せっかく仕上げてくれたネイルを崩したくない」「マニキュアやジェルネイルが口に入るのはなんか嫌だ」「お金を書けたのに」という気持ちから噛む癖を克服したケースもあったそう。なかでも樹脂を何度も重ね塗りして硬化していくジェルネイルは、厚みと硬さがあるので、噛めないことにより、自然と辞めていった人も。

噛んだことによって爪が短くなりすぎてしまい、ネイルアートができないと諦めてしまっている人もいます。しかし、いまは人工的に爪の長さを調整できる方法があります。噛み爪や深爪の対策を得意としているネイルサロンもあるので、利用してみてはいかがでしょうか?

Author:美プロ編集部

関連求人を探す

ネイリストの仕事に就くための情報まとめ

ネイリストも憧れる!? 有名ネイルアーティストのデザインをチェック!

ネイリストによってデザインやテクニックが大きく異なるネイルアート。ネイリストという範囲に留まらず、芸能人のネイルや雑誌などで使われるネイルデザインを担当する“ネイルアーティスト”として活躍する人も多くいます。

通信講座でネイリストを目指す! そのメリット・デメリットや格安通信講座まで!

美容師とは違って、ネイリストになるため必須となる資格などはありません。とはいえお客様にネイルアートを施すために高い技術が求められますし、ポリッシュやジェルネイルなどネイルには様々な種類があるのでそれを上手く使うための知識も必要です。

ネイリストという職業――なるには・資格・検定・求人 etc

人の指先を美しく彩るネイルの専門家・ネイリストといえば、今や女性にとってはお馴染みの職業ですよね。その仕事内容はジェルネイルやポリッシュなどを用いてネイルアートを施したり、爪をケアしたりと奥が深いもの。ここではネイリストになる方法や必要な資格、求人情報などへのリンクをまとめています。

ネイリスト検定のモデルはこんな人にやってもらいたい! モデルの条件と注意点とは?

ネイリスト検定において、爪を施術するためのモデル選びはとても大切。上級の検定試験では、モデル探しで妥協したために不合格になるということもありえます。そのため、ネイリストとしてステップアップしていくには、良いモデルを見つけてその協力を得ることが必要不可欠です。

資格なしでネイリストとして働く方法&資格取得のメリットとは

美容業界には「美容師」や「ネイリスト」、「エステティシャン」などさまざまな職種があり、資格の数も豊富。ですがネイリストには特に資格がなくても働けるサロンが多数あって、実際に「資格なし」で働いている女性も多いようす。中には主婦と両立して働いている人もいるそうですよ。

減点される身なりは避けよう! ネイリスト検定に向いた服装や髪型

どんな試験でも試験官や他の受験者から見られることになるので、その身なりについては悩みどころですよね。特に“美”に関わる業界で、受験者やモデルも女性が多いネイリスト検定。そこではきれいに見られたい、オシャレに見られたいという気持ちで試験に臨まれる方も多いはず。

ネイリストの資格の代表格! 日本ネイリスト検定試験センターの「ネイリスト技能検定試験」に迫る!

多くの女性が憧れるネイリスト。もちろんなるには資格が必要でしょ? と思っている人が多いかもしれませんが、実は資格が何もなくてもネイルアーティストにはなれるのです。 しかし、ネイルサロンなどへ就職する時には、条件に資格取得者を掲げているところがほとんど。そのため、ネイリストの勉強をするのと同時に、資格に挑戦する人が多いようです。