ネイリストが受けるクレームやトラブルの「対処法」と「防ぎ方」

ネイリストが受けるクレームやトラブルの「対処法」と「防ぎ方」

 

指先のオシャレ、ネイルアート。ネイルを楽しむ人はたくさんいます。 ネイルでは薬品を直接人体に塗ることがほとんど。楽しいだけではなく、トラブルがつきものだということは知っておくべきでしょう。

ネイリストが受けるクレームやトラブル

ネイリストが受けるクレームやトラブルにはどんなものがあるのでしょうか。ここではよくあるクレームやトラブルについて見ていきます。

ジェルが浮いてきた!

最大で1カ月程度は持つはずのジェルネイルが2~3日で浮いてきたというクレームは多いです。お客様の爪の状態やネイリストの技術 が原因として考えられます。

爪が痛い!

お客様の爪の状態によってはジェルを塗ることで爪が痛くなったり、爪が割れてしまったりと爪に関してのトラブルからクレームに発展することもあります。症状によっては感染症などの危険もあるので、ネイリストは正しい知識と技術をしっかり身につけいなくてはなりません。

料金が高い!

キャンペーン料金で来店したお客様が、コース変更や、パーツを追加、デザイン変更で、最終的に料金が異なるケースは多々あります。事前の料金説明をしっかりと行わないとトラブルに発展する恐れがあります。

スタッフの態度が悪い!

ネイリストの接客態度や言葉使いなどが悪い場合も、クレームに繋がります。人間ですから相性もあるのでしょうが、忙しいからといって雑な接客をしているとクレームに繋がったり、あとあと口コミに書かれたりということもあるので注意が必要です。

予約が取れていなかった!

予約をしたはずなのに予約が取れていなかったというトラブルは多いようです。お客様は当然予約が取れていると思って来店される訳ですから、「施術が受けられない」もしくは「待ち時間がかかる」となると、そこからクレームに発展するなんてことも。

トラブルやクレームの対処法

お客様から持ち込まれたトラブルやクレームには真摯に対応していかなくてはなりません。その対応次第で、常連顧客になるか、もう2度と来ないのかの分かれ道になってしまいます。しっかりとお客様のクレーム内容に耳を傾け、対応しましょう。

お客様の気持ちを考えた対応をする

クレームの対応は心身ともに疲れるものです。しかし、それはお客様も同じこと。店には従業員や上司など一緒に対応できる人がいますが、お客様は1人でクレームを伝えなければなりません。お客様の気持ちを考えたうえでクレーム対応をしていく必要があります。

言い訳をしない

お客様の話に反論や言い訳をするのはやめましょう。カチンとくるような言葉を言われることもありますが、反論や言い訳をすると余計に怒りに火をつけることになります。クレームはあなた個人を攻撃しているのではなく、店側としての対応を求めているのです。

まずは迷惑をかけたことをしっかりとお詫びをし、お客様の話にしっかりと耳を傾けて状況の把握と事実確認を行ないましょう。

たらい回しにしない

トラブルやクレームがあったら、たらい回しにしないことが重要です。対応者が変わるたびにお客様のお店に対する不信感は募っていきます。担当者が不在で対応できる人がいない場合は、「担当者や責任者ではないけれど、話をしっかりと聞いて担当者へ伝える」旨を説明して、お客様の話を聞きましょう。

感謝の言葉を伝える

クレームからお店の欠点や問題点が見つかることも多いです。クレームについて対処法や解決法を提示して納得してもらえたら、最後はクレームをくれたことに感謝の言葉を伝えましょう。「貴重なご意見ありがとうございました」「お客様から頂いた課題点を今後のサロン運営に活かしていきます」など、クレームを言って感謝されるとお客様は「そんな風に思ってくれていたんだ」と、親近感に似た感情がわいてきます。また、今後は同じことが起きないように対応していく旨を伝えれば店の誠実さが伝わるでしょう。

トラブルやクレームの防ぎ方

トラブルやクレームはなるべくなら無いにこしたことはありません。ここでは、トラブルやクレームの防ぎ方について見ていきましょう。

技術を磨く

お客様は当然自分の求めているネイルを施術してもらえることが「当たり前」と思ってご来店されています。ネイリストの技術が低ければ、その分クレームに繋がりやすくなります。普段からお客様の望む以上のデザインを提供できるように技術スキルやデザイン力を磨くことは欠かせません。

接客力を磨く

クレームの多くはお客様とお店側との認識のズレにあります。常にお客様の立場に立った接客を心がけて、お客様に気持ちの良い時間を過ごしてもらえるように気を配りましょう。

お客様が何らかの不満や疑問を感じている時には、表情や目線・仕草などにその不満が現れます。そのお客様のサインを見逃さずに小まめに対応していくことでクレームが起きることを防ぐことが出来ます。

事前の説明を怠らない

施術の料金の事はもちろん、取れやすいパーツ等に関しては事前にきちんと説明を行う事が大切です。ご理解いただけるように説明したうえで、お客様の承諾を得てから施術するようにしましょう。事前に了解を得ておくことで、クレームを防ぐことが出来ます。また、サロンによっては1週間以内であれば「お直し無料」としているサロンもあるようです。

まとめ

今回はネイリストのさまざまなクレームやトラブルの「対処方」と「防ぎ方」についてみてきましたが、色々なトラブルを知ることは、自分やお客様のことをよく知ることでもあります。

クレームやトラブルはいくら気を付けていても必ず発生してしまうものです。対応にはまず、お客様の話をよくお聞きし、お客様の気持ちを汲み取り、誠実に冷静に対応する姿勢が必要になります。

クレームを言われることは、辛いことでなるべく無いようにしたいものですが、それだけではありません。サロンワークにクレームが有り、不満を持たれた理由が判明した時は、サロンワークを見直すきっかけとなります。スタッフ全員で真摯に受け止め、同じクレームが再発しない店の連絡システムを作りましょう。

お客様の率直な意見は、サロンの発展につなげる大事な要素ですので、しっかりと対応していきましょう。

ネイリストになるための情報まとめ

マッサージからネイルアートまで…”ネイルの専門家”ネイリストの仕事内容とは

ネイリストの仕事には爪を飾るネイルアートだけでなく、一見地味な施術もたくさんあります。ネイルのケアからデザインまで、総合的に施術するのがネイリストの仕事。今回は、その具体的な仕事内容を一つずつ見ていきましょう。

ネイリストの休みって?平日休みが多い。土日休みの求人もご紹介

お客様が第一のお仕事であるネイリストのお休みはどれくらいあるのでしょうか?また、お休み中はどんな過ごし方をしているのかについて詳しく見ていきましょう。

ネイリストの給料は低い? 高い? 働き方で大きく変わる“ネイリストの収入”特集!

今回は、ネイリスト&ネイリストを夢見る人のために、収入に関する事柄をご紹介。給与のシステムや平均収入に加えて、開業・独立した場合の年収や副収入のポイントなども見ていきましょう。

ネイリストは天職!?ネイリストに向いている人の特徴とは?

ネイリストは、年々その人気を高めている憧れの職業です。そんな中で、ネイルが好きで、ネイルを扱う仕事に就きたいと思っても「自分にネイリストの適正があるだろうか?」と心配に思う方も少なくないかもしれません。今回はネイリストに向いている性格や、

【保存版】ネイリストの服装について(検定時・面接時・仕事時)

どんな試験でも試験官や他の受験者から見られることになるので、その身なりについては悩みどころですよね。特に“美”に関わる業界で、受験者やモデルも女性が多いネイリスト検定。服装や髪型には気を配らなくてはいけないのです。

ネイリストになるには-未経験者でもネイリストになれる?

未経験の状態からネイリストを目指すのはハードルが高いと感じる人もいることでしょう。そこで今回は未経験からネイリストを目指す方法をご紹介。未経験からそのままサロンで働く方法や、スクールを卒業して資格をとる方法について説明していきます。

憧れのネイリストになるために! 自分にピッタリのスクールの選び方

ネイリストになるために専門学校やスクールへの入学を考えている人も多いと思いますが、みなさん選び方は知っていますか? 入学した後に「自分の思っていた内容と違った…」なんてことにならないために、スクールの選び方のポイントを知っておきましょう。

未経験者歓迎のネイリスト求人一覧

「ネイリストは専門学校で学ばないと採用は厳しいんじゃないか」と不安になっている方もいますよね。ここだけの話、ネイリストは未経験からでも目指せるんです。

ネイリストの資格を取るメリットや取得方法を徹底解説!

ネイリストになるのに資格は必須ではありません。しかし多くのネイルサロンでは応募条件として資格を持っていることを挙げたり、資格に手当をつけて優遇したりしています。ここでは、ネイリストが資格を取ることのメリットや取得方法について詳しく見ていきましょう。

ネイリストとしてスキルアップするために!国内で行われるネイルコンテスト

ネイルをお仕事として始めたい、という人にオススメなのが、ネイルコンテストへの参加です! もしそこでコンテストに入賞できれば自信がつくだけでなく、就職や開業の時にも有利になります。ここでは国内で行われるネイルコンテストについて見てみましょう。

ネイリストの「やりがい」ってなに?

ネイルの専門家であるネイリストは、お客様の爪を彩り指先から美を演出するためのお手伝いをするお仕事です。ネイリストの仕事を大きく分けると、ネイルケアとネイルアートの二つになります。

ネイリストの本音!こんなお客様は困ってしまう・・・

サロンワークをしていて、たくさんのお客様と接客をするのはネイリストの仕事の楽しみの1つです。でも、お客様にもいろいろな性格の方がいるので接客がしやすい方もいれば残念ながらそうではない方も。

ネイリストは大変!? ネイリストを目指すなら知っておきたいやりがいや魅力

皆さんはネイルの技術取得にどのようなイメージをお持ちでしょうか? ネイルの技術の進歩は非常に速いのが特徴です。少し前まで当たり前だった技術も、すぐに廃れることもあります。そのため、常に情報収集をし、日々自分の技術を磨いていく必要があります。

ネイリストが受けるクレームやトラブルの「対処法」と「防ぎ方」

指先のオシャレ、ネイルアート。ネイルを楽しむ人はたくさんいます。 ネイルでは薬品を直接人体に塗ることがほとんど。楽しいだけではなく、トラブルがつきものだということは知っておくべきでしょう。

土日休みOKのネイリスト求人一覧

ネイルサロンは土日休みの場所が多く、正社員であれば完全週休二日制を導入しているところもあります。「土日はしっかり遊びたい」という方にとって、ネイリストは嬉しい職種ですね。

研修制度ありのネイリスト求人一覧

【研修制度あり】ネイリスト、ネイルサロンの求人・転職・募集の一覧ページ。ネイリストの求人情報探しなら【美プロ】。研修制度ありのネイリスト求人一覧から給与・こだわりなど希望条件で絞り込が可能!

歩合ありのネイリスト求人一覧

【歩合あり】ネイリスト、ネイルサロンの求人・転職・募集の一覧ページ。ネイリストの求人情報探しなら【美プロ】。歩合ありのネイリスト求人一覧から給与・こだわりなど希望条件で絞り込が可能!

ネイリストが転職するのに、おすすめの時期って?

ネイリストに転職したい!と思った時に、まず考えるのが「いつから活動を始めよう?」ということ。あまり忙しい時期だと申し訳ないし、あまりにも暇な時期だと雇ってもらえなさそう・・・。どうせなら有利に採用される時期に活動を始めたいですよね?

ネイリストの履歴書の書き方!手書きと印刷どちらがいいの?

ネイリストの就職・転職にも、面接は避けて通れないもの。そして、面接のためには履歴書はほぼ100%用意する必要があります。また、書類選考がないような場合でも、履歴書を面接当日に持参するように言われることも多くあります。

ネイリストの職務経歴書に書くべきことって?受かる職務経歴書の書き方

履歴書とは別に、今まであなたがどんな経験をしてきたのかを記入して作成するのが“職務経歴書”です。採用担当者が一番に知りたいことは「どんなサロンでどんな働き方をしていたか」ということ。

ネイリストに必要な面接対策って? マナーや服装、良く聞かれる質問など

あなたはネイリストとしてどんな働き方がしたいですか?ここでは、ネイリストとして希望のサロンで勤務するための面接対策について見ていきましょう。面接対策をしていくことは、あなたが自分自身と真剣に向き合う機会です。

ネイリストの志望動機って?ライバルから一歩抜き出す志望動機の答え方

書類選考が通過したら、いよいよ面接です。どんな志望動機を書けば良いのか、例文も交えて説明していきます。これから面接を控えているという人はぜひ参考にして下さいね!

ネイリストの面接で重要な「逆質問」のポイント!マナーや具体例を知ろう

ネイリストの面接であなたの就業意欲やPRポイントを伝えるのに効果的な「逆質問」について見ていきましょう。面接であなたへの質問が終わったあと、必ず毎回聞かれるのが「最後に何か質問はありますか?」という一言。

ネイリストの自己PRって?継続力をアピールしよう

エントリーシートや面接の際に必ずと言っていいほど聞かれるのが「自己PR」。自己PRは企業に対して自分の良い所をアピールするという意味。自分の魅力を企業側に知らせるための貴重な機会です。

ネイリストが就職や転職する際に、面接で聞かれることって何?

これからネイルリストへの就職・転職を考えている人に向けて、面接で聞かれやすいこと、重視することなどをまとめました。面接に不安を感じている人は、ぜひ参考にしてください。

ネイリストの求人・転職情報を探す

北海道・東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄
  • 福岡県
  • 佐賀県
  • 長崎県
  • 熊本県
  • 大分県
  • 宮崎県
  • 鹿児島県
  • 沖縄県
その他