ネイリストの「やりがい」ってなに?

ネイリストの「やりがい」ってなに?

ネイリストの仕事内容

ネイルの専門家であるネイリストは、お客様の爪を彩り指先から美を演出するためのお手伝いをするお仕事です。

ネイリストの仕事を大きく分けると、ネイルケアとネイルアートの二つになります。それぞれの施術の中にもたくさんの種類があり、そのほかにも手の角質の除去や、エステサロンによってはフットマッサージまで行うところもあるようです。

その他にもネイリストはお客様のご要望をしっかりカウンセリングしたり、お客様がリラックスできるような環境づくりを行ったりと、お客様がサロンで楽しい時間を過ごせるように細かな配慮をすることも大切なお仕事です。

ネイリストのやりがいとは?

ネイリストのやりがいは、なんといっても自分のネイルでお客様に喜んでもらえるということです。女性なら誰もが爪の先まで「美しくなりたい!」と思うものです。そんなお客様の願いを叶えてあげられるネイリストのお仕事には大きな魅力があります。

やりがい①お客様からの感謝

施術が終わりお客様の満足そうな顔や嬉しそうな笑顔が見られるのが何よりのやりがいになります。お客様からいただく「ありがとう」の言葉や「やっぱりあなたにお願いして良かった」などの感謝の言葉はネイリストとしてお仕事をしていく上でのモチベーションに繋がります。お客様のなかにはブライダルネイルをしに来るお客様や特別な日の記念日の為のネイルをしに来る方もいます。そんなお客様の「特別な日」を演出するために、指先の「美」からお客様の魅力を引き出すお手伝いができる。それがネイリストのやりがいです。

やりがい②人との出会いがある

ネイリストとして働いているとさまざまなお客様に出会います。普段はネイルをしないけれど明日は好きな人との初デートだからとネイルをしに来るお客様や、常連のお客様が結婚式だからドレスに合わせてネイルをしてほしいとご来店されることも。人生の大切な瞬間のネイルを頼まれるというのは、とっても光栄なことです。また、最近では海外で日本人ネイリストの需要が高まっており、留学してそのまま海外でネイリストとして活躍している人もいます。国内だけでなく海外でも、いろいろな方と出会う事が出来るネイリストのお仕事は非常にやりがいある仕事だといえます。

やりがい③頑張った分だけ報酬が入るかも!?

ネイリストの給与は頑張れば頑張った分だけ増えていきます。ネイリストの場合、技術力や接客力を上げて指名のお客様をどんどんつけていくことでたくさん稼ぐことが出来ます。指名客が増えれば店長に昇格したり、独立開業して自分でお店を経営することもできるのです。

自分の好きなことで人に喜んでもらえて、さらにお金をいただけるというのは、とても幸せなことです。

やりがい④自分のアイディアが形になる

日々のネイルデザインを考えるのもネイリストの大事なお仕事です。パーツの組み合わせを考えたり、アートを考えたりと自分のアイディアを形にしていく楽しみがネイリストにはあります。

ネイリストには、昔から絵を描くことが好きな方や、手先の器用な方が多いので、自分の作品を作り上げるようなイメージでネイルデザインを作成しています。自分の考えたデザインが実際にお客様に人気が出たり、雑誌に載ったりするととってもやりがいを感じられます。

やりがい⑤技術向上に上限がない

常に流行のデザインを追い求めるネイリストには技術向上の上限はありません。ネイルが好きでネイリストになっている方は、仕事でありながらもネイルの勉強そのものが自分の楽しみにもなっているのです

最先端の技術や知識を身に着け、常に高い目標を持つことで上を目指して成長し続けられます。ネイルデザインにゴールというものはないので、自分が納得するまで技術を追い求め自分を磨いていくことが出来るのがネイリストのやりがいです。

ネイリストになるには?

専門的な技術が必要なネイリストですが、国家資格はとくに必要ありません。資格を持っていなくてもネイリストになることはできます。とはいえお客様にネイルアートを施すためには高い技術が求められますし、ポリッシュやジェルネイルなどネイルには様々な種類があるのでそれを上手く使うための知識も必要です。

また、ネイリストの求人ではネイルスクールを卒業していることや、民間団体が認定している各種資格を持っていることといった応募資格を設けているネイルサロンは多いようです。スクールに通ったり、資格を取得したりといったことはネイルサロンに就職する上で有利にはたらくようです。

スクール

専門学校の場合はほとんどが全日制ですが、スクールにはクラス制とフリー授業の2つの種類があります。事前に決められた曜日や時間帯に受講するクラス制では、同じ先生や同じ生徒同士で勉強を進めていきます。対してフリー授業は、自分の都合の良い時間に受講できます。授業ごとに先生や生徒が変わるので、いろんな先生の指導を受けることができます。しかし生徒によって授業で行う練習内容が異なるので、フリーの場合は少人数クラスがオススメ。自分の生活スタイルや働き方に合わせると、学びやすいかもしれませんね。

また、検定合格や資格取得を目指すコースや授業に試験対策が含まれている場合には、試験を実施する団体から認定を受けているかどうかのチェックを忘れずに。できる限り認定を受けた学校やスクールを選ぶようにしましょう。

資格など

ネイリストの資格や認定はさまざまな団体から発行されています。

その中でも最も有名なのは「ネイリスト技能検定試験」です。1級から3級まであり、プロとして活動したいなら2級以上を取得するのがおすすめです。基本となるネイルケアやネイルアートに関する技術はもちろん、サロンで通用するレベルのスキルを習得できるようになっています。JNEネイリスト技能検定3級は、義務教育修了者ならだれでも受検することが可能なので、まずは地道に3級から目指しましょう。

ネイリストになるための情報まとめ

マッサージからネイルアートまで…”ネイルの専門家”ネイリストの仕事内容とは

ネイリストの仕事には爪を飾るネイルアートだけでなく、一見地味な施術もたくさんあります。ネイルのケアからデザインまで、総合的に施術するのがネイリストの仕事。今回は、その具体的な仕事内容を一つずつ見ていきましょう。

ネイリストの休みって?平日休みが多い。土日休みの求人もご紹介

お客様が第一のお仕事であるネイリストのお休みはどれくらいあるのでしょうか?また、お休み中はどんな過ごし方をしているのかについて詳しく見ていきましょう。

ネイリストの給料は低い? 高い? 働き方で大きく変わる“ネイリストの収入”特集!

今回は、ネイリスト&ネイリストを夢見る人のために、収入に関する事柄をご紹介。給与のシステムや平均収入に加えて、開業・独立した場合の年収や副収入のポイントなども見ていきましょう。

ネイリストは天職!?ネイリストに向いている人の特徴とは?

ネイリストは、年々その人気を高めている憧れの職業です。そんな中で、ネイルが好きで、ネイルを扱う仕事に就きたいと思っても「自分にネイリストの適正があるだろうか?」と心配に思う方も少なくないかもしれません。今回はネイリストに向いている性格や、

【保存版】ネイリストの服装について(検定時・面接時・仕事時)

どんな試験でも試験官や他の受験者から見られることになるので、その身なりについては悩みどころですよね。特に“美”に関わる業界で、受験者やモデルも女性が多いネイリスト検定。服装や髪型には気を配らなくてはいけないのです。

ネイリストになるには-未経験者でもネイリストになれる?

未経験の状態からネイリストを目指すのはハードルが高いと感じる人もいることでしょう。そこで今回は未経験からネイリストを目指す方法をご紹介。未経験からそのままサロンで働く方法や、スクールを卒業して資格をとる方法について説明していきます。

憧れのネイリストになるために! 自分にピッタリのスクールの選び方

ネイリストになるために専門学校やスクールへの入学を考えている人も多いと思いますが、みなさん選び方は知っていますか? 入学した後に「自分の思っていた内容と違った…」なんてことにならないために、スクールの選び方のポイントを知っておきましょう。

未経験者歓迎のネイリスト求人一覧

「ネイリストは専門学校で学ばないと採用は厳しいんじゃないか」と不安になっている方もいますよね。ここだけの話、ネイリストは未経験からでも目指せるんです。

ネイリストの資格を取るメリットや取得方法を徹底解説!

ネイリストになるのに資格は必須ではありません。しかし多くのネイルサロンでは応募条件として資格を持っていることを挙げたり、資格に手当をつけて優遇したりしています。ここでは、ネイリストが資格を取ることのメリットや取得方法について詳しく見ていきましょう。

ネイリストとしてスキルアップするために!国内で行われるネイルコンテスト

ネイルをお仕事として始めたい、という人にオススメなのが、ネイルコンテストへの参加です! もしそこでコンテストに入賞できれば自信がつくだけでなく、就職や開業の時にも有利になります。ここでは国内で行われるネイルコンテストについて見てみましょう。

ネイリストの「やりがい」ってなに?

ネイルの専門家であるネイリストは、お客様の爪を彩り指先から美を演出するためのお手伝いをするお仕事です。ネイリストの仕事を大きく分けると、ネイルケアとネイルアートの二つになります。

ネイリストの本音!こんなお客様は困ってしまう・・・

サロンワークをしていて、たくさんのお客様と接客をするのはネイリストの仕事の楽しみの1つです。でも、お客様にもいろいろな性格の方がいるので接客がしやすい方もいれば残念ながらそうではない方も。

ネイリストは大変!? ネイリストを目指すなら知っておきたいやりがいや魅力

皆さんはネイルの技術取得にどのようなイメージをお持ちでしょうか? ネイルの技術の進歩は非常に速いのが特徴です。少し前まで当たり前だった技術も、すぐに廃れることもあります。そのため、常に情報収集をし、日々自分の技術を磨いていく必要があります。

ネイリストが受けるクレームやトラブルの「対処法」と「防ぎ方」

指先のオシャレ、ネイルアート。ネイルを楽しむ人はたくさんいます。 ネイルでは薬品を直接人体に塗ることがほとんど。楽しいだけではなく、トラブルがつきものだということは知っておくべきでしょう。

土日休みOKのネイリスト求人一覧

ネイルサロンは土日休みの場所が多く、正社員であれば完全週休二日制を導入しているところもあります。「土日はしっかり遊びたい」という方にとって、ネイリストは嬉しい職種ですね。

研修制度ありのネイリスト求人一覧

【研修制度あり】ネイリスト、ネイルサロンの求人・転職・募集の一覧ページ。ネイリストの求人情報探しなら【美プロ】。研修制度ありのネイリスト求人一覧から給与・こだわりなど希望条件で絞り込が可能!

歩合ありのネイリスト求人一覧

【歩合あり】ネイリスト、ネイルサロンの求人・転職・募集の一覧ページ。ネイリストの求人情報探しなら【美プロ】。歩合ありのネイリスト求人一覧から給与・こだわりなど希望条件で絞り込が可能!

ネイリストが転職するのに、おすすめの時期って?

ネイリストに転職したい!と思った時に、まず考えるのが「いつから活動を始めよう?」ということ。あまり忙しい時期だと申し訳ないし、あまりにも暇な時期だと雇ってもらえなさそう・・・。どうせなら有利に採用される時期に活動を始めたいですよね?

ネイリストの履歴書の書き方!手書きと印刷どちらがいいの?

ネイリストの就職・転職にも、面接は避けて通れないもの。そして、面接のためには履歴書はほぼ100%用意する必要があります。また、書類選考がないような場合でも、履歴書を面接当日に持参するように言われることも多くあります。

ネイリストの職務経歴書に書くべきことって?受かる職務経歴書の書き方

履歴書とは別に、今まであなたがどんな経験をしてきたのかを記入して作成するのが“職務経歴書”です。採用担当者が一番に知りたいことは「どんなサロンでどんな働き方をしていたか」ということ。

ネイリストに必要な面接対策って? マナーや服装、良く聞かれる質問など

あなたはネイリストとしてどんな働き方がしたいですか?ここでは、ネイリストとして希望のサロンで勤務するための面接対策について見ていきましょう。面接対策をしていくことは、あなたが自分自身と真剣に向き合う機会です。

ネイリストの志望動機って?ライバルから一歩抜き出す志望動機の答え方

書類選考が通過したら、いよいよ面接です。どんな志望動機を書けば良いのか、例文も交えて説明していきます。これから面接を控えているという人はぜひ参考にして下さいね!

ネイリストの面接で重要な「逆質問」のポイント!マナーや具体例を知ろう

ネイリストの面接であなたの就業意欲やPRポイントを伝えるのに効果的な「逆質問」について見ていきましょう。面接であなたへの質問が終わったあと、必ず毎回聞かれるのが「最後に何か質問はありますか?」という一言。

ネイリストの自己PRって?継続力をアピールしよう

エントリーシートや面接の際に必ずと言っていいほど聞かれるのが「自己PR」。自己PRは企業に対して自分の良い所をアピールするという意味。自分の魅力を企業側に知らせるための貴重な機会です。

ネイリストが就職や転職する際に、面接で聞かれることって何?

これからネイルリストへの就職・転職を考えている人に向けて、面接で聞かれやすいこと、重視することなどをまとめました。面接に不安を感じている人は、ぜひ参考にしてください。

北海道・東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄
その他
  • 海外