ネイリストが就職や転職する際に、面接で聞かれることって何?

ネイリストが就職や転職する際に、面接で聞かれることって何?

書類選考が通過して、いよいよ面接本番!せっかくなら聞かれた質問に対してスマートに答えて面接官に良い印象を与えたいですよね。

そのためには面接の前の事前準備がとても大切になります。

今回は、ネイリストの面接では一体どんな質問がされ、それに対してどんな回答をすれば良いのか、また、面接に臨む際の注意点まで合わせて見ていきます。

  ネイルをしている様子

【ネイリスト】面接で聞かれることって、どういうもの?

ネイリストの面接で良く聞かれる質問とその回答例をご紹介します。

回答例①なぜ、美容業界を選んだのか?

私は以前こちらのお店で施術を受けたことがあり、その時の接客サービスに感動して「美容業界」への転職を決めました。前職では主に企業と企業を結び付けるBtoBの仕事をしてきましたが、「美容業界」では直接お客様とのコミュニケーションを通じて仕事のやりがいを感じられる素敵なお仕事だと考えております。今度はスタッフの一員として、あの時受けたような丁寧なサービスを心がけ、お客様に感動していただきたいと考え応募いたしました。

回答例②なぜ、ネイリストになろうと思ったのか?

ネイルはふとした時に目につき、気分が上がるオシャレだと考えています。それを自分以外の人にも施し、同じように気分が上がる、頑張ろうと思えるきっかけになってもらいたいと考え、ネイリストになりたいと思いました。

回答例③なぜ、このネイルサロンを選んだのか?

前職のサロンはスピード重視のサロンでしたので、1日の施術人数は8~10名程でした。「時間内に仕上げる」事を優先としていたので、ケアや仕上げに充分な時間が掛けられずにおりました。今回御社を志望した理由は、ネイルの技術だけでなく、「くつろげる・癒しの空間、時間」までも含めてサービスを提供しているコンセプトに惹かれたためです。

回答例④なぜ、他のネイルサロンではないのか?

前職はジェル専門店で、施術スピードとリピート数は定評を頂いておりました。しかし、今後ネイリストとしてジェルだけでなく幅広い技術をお客様に提供したいと思うようになり、専門店ではないトータルネイルサロンである御社を志望致しました。

回答例⑤退職理由(転職の場合)

今までアパレルの販売員として数年勤務してきました。今後はファッションとネイルのトータルコーディネートができるネイリストになりたいと思い、退職・転職を決意いたしました。ネイリストとしての経験はまだ勉強中ですが、販売員として培った接客力には自信があります。

仕事に関する単語が並ぶ

【ネイリスト】就職・転職の面接で重視されるポイント

ネイリストになりたいという本気度

本気度を問われるのは、どの業界でも同じです。ネイリストとして働きたい理由をしっかりと伝えることは、前提条件といってもいいくらい重要なことといえます。「どうしてネイリストになりたいのか」という質問はほぼ100%聞かれるので、その際はあなたの本気度を相手にしっかりと伝えることが大切です。なぜネイリストになりたいと思ったのかを振り返り、説得力のある回答ができるように準備しましょう。

志望動機

面接官が志望動機を重要視するのには、明確な理由があります。人気のネイルサロンや、雇用条件が高収入だったり、正社員登用などの好条件であればあるほど、面接希望者が殺到します。沢山の応募者からあなたが選ばれるためには、なぜそのサロンでネイリストとして働きたいのかを、見極める必要があるからです。あなたならではのエピソードを盛り込める志望動機こそ、あなたの想いをアピールすることができるチャンスの場として捉えるようにしましょう。

サロンに貢献してくれそうか

あなたが、サロンに貢献してくれそうか。これが重要視されるのは、あなたが「しっかり仕事をしてくれるかどうか」を見極めるためです。あなたの強みや得意なことを聞かれることもあれば、好みのネイルなど、センスに関する質問をされることもあります。「強み」とか「頑張ったこと」なんていうと、なんとなく一般企業みたいですが、大手や有名サロンでは割と聞かれるので対策が必要です。

コミュニケーション能力があるかどうか

ネイリストというのは、高い対人スキルが求められる職業です。お客さんに気持ちよく施術を受けてもらい、リピーターになってもらうことはもちろん、職場での良好な人間関係も、円滑なサロン運営には欠かせないからです。なので、当然コミュニケーションスキルも重要視させるポイントです。しっかりと相手の話を聞いた上で、ポジティブな回答を心がけることが大切です。

忍耐力があるかどうか

ネイルサロンでの仕事は、実際にはかなりハードな面があります。フルタイムで働いた後にネイルの練習をするというのが日常であり、また、閉店間際の来店で残業をすることもざらにあります。このような点から、ネイリストの離職率は決して低くありません。ネイルサロンとしても、せっかく雇ったのにやめられると困るので、あなたの粘り強さというのも、重視されるポイントになるのです。これまでの経験で、忍耐力をアピールできるエピソードを予め用意しておきましょう。

【ネイリスト】それダメ!面接での注意点

奇抜過ぎるネイル

面接時だけでなく、履歴書の写真も派手さをアピールするのはNGです。奇抜過ぎるネイルは避けてください。また、面接に自爪のままで行くのも絶対にNGです。実技があるから自爪で来るよう伝えられた場合にも、ケアは完璧にして臨んでください。

清潔感のあるファッションを

サロンや面接官によっては、私服OKという場合もありますが、スーツでマイナス評価になることはないので、事前に何かアナウンスが無ければスーツを着ていきましょう。実技試験がある場合には、前髪は邪魔になるので、アップにするなどしておくのがオススメです。

ネイリストさんがサロンで施術する時の髪型を参考にすれば間違いありません。どのような年代の方が見ても違和感や不快感がないよう、清潔感を心掛けましょう。

まとめ

向き合って座るシルエットのイラスト

いかがでしたか?今回は、ネイリストで就職や転職を考えている人に向けて、面接で聞かれやすいことなどをご紹介しました。ぜひ、参考にして、面接でスマートな回答をしてくださいね。

ネイリストになるための情報まとめ

マッサージからネイルアートまで…”ネイルの専門家”ネイリストの仕事内容とは

ネイリストの仕事には爪を飾るネイルアートだけでなく、一見地味な施術もたくさんあります。ネイルのケアからデザインまで、総合的に施術するのがネイリストの仕事。今回は、その具体的な仕事内容を一つずつ見ていきましょう。

ネイリストの休みって?平日休みが多い。土日休みの求人もご紹介

お客様が第一のお仕事であるネイリストのお休みはどれくらいあるのでしょうか?また、お休み中はどんな過ごし方をしているのかについて詳しく見ていきましょう。

ネイリストの給料は低い? 高い? 働き方で大きく変わる“ネイリストの収入”特集!

今回は、ネイリスト&ネイリストを夢見る人のために、収入に関する事柄をご紹介。給与のシステムや平均収入に加えて、開業・独立した場合の年収や副収入のポイントなども見ていきましょう。

ネイリストは天職!?ネイリストに向いている人の特徴とは?

ネイリストは、年々その人気を高めている憧れの職業です。そんな中で、ネイルが好きで、ネイルを扱う仕事に就きたいと思っても「自分にネイリストの適正があるだろうか?」と心配に思う方も少なくないかもしれません。今回はネイリストに向いている性格や、

【保存版】ネイリストの服装について(検定時・面接時・仕事時)

どんな試験でも試験官や他の受験者から見られることになるので、その身なりについては悩みどころですよね。特に“美”に関わる業界で、受験者やモデルも女性が多いネイリスト検定。服装や髪型には気を配らなくてはいけないのです。

ネイリストになるには-未経験者でもネイリストになれる?

未経験の状態からネイリストを目指すのはハードルが高いと感じる人もいることでしょう。そこで今回は未経験からネイリストを目指す方法をご紹介。未経験からそのままサロンで働く方法や、スクールを卒業して資格をとる方法について説明していきます。

憧れのネイリストになるために! 自分にピッタリのスクールの選び方

ネイリストになるために専門学校やスクールへの入学を考えている人も多いと思いますが、みなさん選び方は知っていますか? 入学した後に「自分の思っていた内容と違った…」なんてことにならないために、スクールの選び方のポイントを知っておきましょう。

未経験者歓迎のネイリスト求人一覧

「ネイリストは専門学校で学ばないと採用は厳しいんじゃないか」と不安になっている方もいますよね。ここだけの話、ネイリストは未経験からでも目指せるんです。

ネイリストの資格を取るメリットや取得方法を徹底解説!

ネイリストになるのに資格は必須ではありません。しかし多くのネイルサロンでは応募条件として資格を持っていることを挙げたり、資格に手当をつけて優遇したりしています。ここでは、ネイリストが資格を取ることのメリットや取得方法について詳しく見ていきましょう。

ネイリストとしてスキルアップするために!国内で行われるネイルコンテスト

ネイルをお仕事として始めたい、という人にオススメなのが、ネイルコンテストへの参加です! もしそこでコンテストに入賞できれば自信がつくだけでなく、就職や開業の時にも有利になります。ここでは国内で行われるネイルコンテストについて見てみましょう。

ネイリストの「やりがい」ってなに?

ネイルの専門家であるネイリストは、お客様の爪を彩り指先から美を演出するためのお手伝いをするお仕事です。ネイリストの仕事を大きく分けると、ネイルケアとネイルアートの二つになります。

ネイリストの本音!こんなお客様は困ってしまう・・・

サロンワークをしていて、たくさんのお客様と接客をするのはネイリストの仕事の楽しみの1つです。でも、お客様にもいろいろな性格の方がいるので接客がしやすい方もいれば残念ながらそうではない方も。

ネイリストは大変!? ネイリストを目指すなら知っておきたいやりがいや魅力

皆さんはネイルの技術取得にどのようなイメージをお持ちでしょうか? ネイルの技術の進歩は非常に速いのが特徴です。少し前まで当たり前だった技術も、すぐに廃れることもあります。そのため、常に情報収集をし、日々自分の技術を磨いていく必要があります。

ネイリストが受けるクレームやトラブルの「対処法」と「防ぎ方」

指先のオシャレ、ネイルアート。ネイルを楽しむ人はたくさんいます。 ネイルでは薬品を直接人体に塗ることがほとんど。楽しいだけではなく、トラブルがつきものだということは知っておくべきでしょう。

土日休みOKのネイリスト求人一覧

ネイルサロンは土日休みの場所が多く、正社員であれば完全週休二日制を導入しているところもあります。「土日はしっかり遊びたい」という方にとって、ネイリストは嬉しい職種ですね。

研修制度ありのネイリスト求人一覧

【研修制度あり】ネイリスト、ネイルサロンの求人・転職・募集の一覧ページ。ネイリストの求人情報探しなら【美プロ】。研修制度ありのネイリスト求人一覧から給与・こだわりなど希望条件で絞り込が可能!

歩合ありのネイリスト求人一覧

【歩合あり】ネイリスト、ネイルサロンの求人・転職・募集の一覧ページ。ネイリストの求人情報探しなら【美プロ】。歩合ありのネイリスト求人一覧から給与・こだわりなど希望条件で絞り込が可能!

ネイリストが転職するのに、おすすめの時期って?

ネイリストに転職したい!と思った時に、まず考えるのが「いつから活動を始めよう?」ということ。あまり忙しい時期だと申し訳ないし、あまりにも暇な時期だと雇ってもらえなさそう・・・。どうせなら有利に採用される時期に活動を始めたいですよね?

ネイリストの履歴書の書き方!手書きと印刷どちらがいいの?

ネイリストの就職・転職にも、面接は避けて通れないもの。そして、面接のためには履歴書はほぼ100%用意する必要があります。また、書類選考がないような場合でも、履歴書を面接当日に持参するように言われることも多くあります。

ネイリストの職務経歴書に書くべきことって?受かる職務経歴書の書き方

履歴書とは別に、今まであなたがどんな経験をしてきたのかを記入して作成するのが“職務経歴書”です。採用担当者が一番に知りたいことは「どんなサロンでどんな働き方をしていたか」ということ。

ネイリストに必要な面接対策って? マナーや服装、良く聞かれる質問など

あなたはネイリストとしてどんな働き方がしたいですか?ここでは、ネイリストとして希望のサロンで勤務するための面接対策について見ていきましょう。面接対策をしていくことは、あなたが自分自身と真剣に向き合う機会です。

ネイリストの志望動機って?ライバルから一歩抜き出す志望動機の答え方

書類選考が通過したら、いよいよ面接です。どんな志望動機を書けば良いのか、例文も交えて説明していきます。これから面接を控えているという人はぜひ参考にして下さいね!

ネイリストの面接で重要な「逆質問」のポイント!マナーや具体例を知ろう

ネイリストの面接であなたの就業意欲やPRポイントを伝えるのに効果的な「逆質問」について見ていきましょう。面接であなたへの質問が終わったあと、必ず毎回聞かれるのが「最後に何か質問はありますか?」という一言。

ネイリストの自己PRって?継続力をアピールしよう

エントリーシートや面接の際に必ずと言っていいほど聞かれるのが「自己PR」。自己PRは企業に対して自分の良い所をアピールするという意味。自分の魅力を企業側に知らせるための貴重な機会です。

ネイリストが就職や転職する際に、面接で聞かれることって何?

これからネイルリストへの就職・転職を考えている人に向けて、面接で聞かれやすいこと、重視することなどをまとめました。面接に不安を感じている人は、ぜひ参考にしてください。

ネイリストの求人・転職情報を探す

北海道・東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄
  • 福岡県
  • 佐賀県
  • 長崎県
  • 熊本県
  • 大分県
  • 宮崎県
  • 鹿児島県
  • 沖縄県
その他