ネイリストが転職するのに、おすすめの時期って?

ネイリストが転職するのに、おすすめの時期って?

ネイリストに転職したい!と思った時に、まず考えるのが「いつから活動を始めよう?」ということ。

あまり忙しい時期だと申し訳ないし、あまりにも暇な時期だと雇ってもらえなさそう・・・。どうせなら有利に採用される時期に活動を始めたいですよね?

 

今回は、ネイリストの就職・転職におすすめの時期をご紹介します。

 

おすすめの時期を知る前に繁忙期を知ろう

就職、転職時期を考えるにあたって、まずはネイルサロンの繁忙期を知っておきましょう。

1年で1番忙しい時期は、12月~1月と、7月~8月の夏の時期です。クリスマスや年末年始といったイベントの前、外に出たり誰かに会ったりすることが増える季節に最も需要が高い傾向です。

また、7月と12月にボーナスがある会社も多いので、ボーナスの直後に自分にご褒美の為、少し贅沢をしていつもはしないネイルをするという人も。

 

逆に、年末年始にお金をたくさん使ったあとの2月や大きなイベントの無い9月~11月には、サロンが閑散期になります。特に、イベントがたくさんある12月や1月の年末に備えてお金を使わないでおこうと考える11月はネイルサロンにとって1年で1番の閑散期になります。

ネイリストのおすすめの就職、転職活動の時期

未経験者の場合

今までネイリストとして働いた経験が全くない方、もしくは以前働いていたけれどもう何年もブランクがありほとんど仕事内容を覚えていないという方は、繁忙期の真っ只中に入社しても先輩スタッフが忙しくて研修や教育に手が回らないといった可能性が出てきます。

 

その場合、繁忙期を少し避けて活動を始めると採用される確率が高くなるかもしれません。

さきほどの繁忙期・閑散期を参考に、逆算してみるといいですね。

ただ、人数の多いサロンや大手のサロンだと本社で研修の為の施設などを設けているところもあるので、そういった場合には時期を問わず、いつでも採用までつながるようですよ。

経験者の場合

ネイリストとしてサロン経験がある場合には、いつ入社でも歓迎!というサロンがほとんどです。

なので、即戦力として働けるスタッフは、時期を考えずに転職活動をして大丈夫です。

 

繁忙期が始まる少し前の時期だと特に歓迎されるので、なるべく期間を短く有利に転職活動を進めたい人はその時期に活動をしてみて下さい。

比較的面接から採用までスムーズにつながりやすい時期でしょう。

とはいえ、時期はあまり関係ない

ネイリストを含む美容業界は女性が多く活躍している職場なので、結婚や出産で退職をする人が多く、急に人手が欲しくなるということも多々あります。

なので、年間を通してずっと即戦力となる人を求めているサロンがほとんど。

 

経験者の方はどんな時期でもすぐに入社して戦力になって欲しいと歓迎されるでしょうし、未経験者の人であっても、「一日でも早く入社して研修を終えて、なるべく早く一人前のネイリストになって欲しい」と思っているサロンが多いのが現実。特にネイリストの仕事は資格よりも経験年数が問われることの多い仕事なので、時期を考えて活動をせず、なるべく早くはじめるべきです。

 

希望の入社時期がある人は、その時期の1ヶ月~3ヶ月前には動き始めるのが良いですね。

自分がなぜネイリストになりたいのか、なぜそこのサロンで働きたいのかも考えた上で、就職活動に踏み出しましょう。

ネイリストになるための情報まとめ

北海道・東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄
その他