ネイリストになるには-未経験者でもネイリストになれる?

ネイリストになるには-未経験者でもネイリストになれる?

ネイリストは施術した人の喜びを身近で感じられる、とてもやりがいのあるお仕事。日常的にネイルサロンに通って、ネイリストの施すオシャレなネイルアートを見ている人のなかには「私もネイリストになってみたい!」と興味を抱く人も多いのではないでしょうか。

 

とはいえネイリストの施術には「カラーリング」や「リペアー」など様々なものがあり、未経験の状態からネイリストを目指すのはハードルが高いと感じる人もいることでしょう。そこで今回は未経験からネイリストを目指す方法をご紹介。未経験からそのままサロンで働く方法や、スクールを卒業して資格をとる方法について説明していきます。

ネイリストになるには

ネイリストとして働き始めるには、どのような方法があるのでしょうか。サロン経験0からプロのネイリストになるための、最初の一歩をご紹介します。

ネイリストなるには①いきなりサロンでアルバイト

未経験からネイリストを目指す人の中には、とりあえずアルバイトとしてネイルサロンで働き、実際に業務をこなしながらネイリストの技術を学ぶ人も多いようです。ネイリストの求人を見てみると、アルバイトやパートなどでは「未経験者歓迎」と応募資格に書かれているサロンも少なくありません。また、正社員の求人でもアシスタントや受付業務として採用しているところは、実務経験がない人でも応募できるようです。

 

また、サロンの中には営業時間内で時給をもらいながらネイリストの技術を身につけられるお店や、研修センターで技術や接客マナーに関する知識を学べるお店もあります。未経験者の場合、そうしたスキルアップしやすい環境が整っているお店で働いたほうが、実務の経験とネイリストの技術、そしてお金を同時に得ることができるのでオススメですよ。

 

ネイリストなるには②スクールに通う

未経験者がネイリストになるためのもう1つの道筋として、ネイリストのスクールに入って資格を取得し就職するという方法があります。

 

ネイリストの資格は様々な団体から発行されていますが、特に重要な資格は日本ネイリスト検定試験センターが主催する「JNECネイリスト技能検定試験」や、NPO法人日本ネイリスト協会が実施している「JNAジェルネイル技能検定試験」によって取得できるもの。実際にネイリストの求人を見ると、これらの資格を取得している人を優遇しているサロンが多いようです。また「ジェルネイル」は近年ネイルアートの主流と言われていて、ジェルネイルの技術を持つネイリストの需要が高まっているとのこと。そのため「JNAジェルネイル技能検定」は、特に就職に強い資格となっているんですね。

 

これらの資格を取得するには、やはりスクールに通って試験の勉強をするのが一番の近道。そのためにかかる費用や期間は、取得する資格によって違いが出てくるようです。例えば「JNECネイリスト技能検定試験」の場合、3級・2級・1級の3つがあるのですが、あるスクールでは4カ月で2級を取得できるのに対し、1級を取得する場合は6カ月の通学が必要になります。そして費用の方は2級を取得するコースが約50万円で、1級を取得するコースは約90万円と、難易度に応じて高額になっているようです。

 

またスクールの種類は大きく分けてJNA(日本ネイリスト協会)認定校とそうでない学校の2種類がありますが、「JNAジェルネイル技能検定試験」などJNA主催の試験を受けるためには、資格試験の優遇制度があるJNA認定校を卒業しておくのがオススメ。すでにほかの業種で社会人として働いており、学校に通える時間が少ないという人は、時間の都合がつきやすい「通信制」のスクールもあるので検討してみると良いでしょう。

 

先にスクールを卒業してから就職することのメリット

いきなりアルバイトとしてネイルサロンで働くのではなく、スクールを卒業し資格をとってから就職するメリットはどこにあるのでしょうか。その1つとしてまず挙げられるのは、「就職先の幅が広がる」ということですね。ネイリストの求人サイトを見てみると、特に正社員を募集しているサロンでは応募資格に「スクール卒業見込みの方」や「検定3級以上保持者」と書かれているもの。スクール卒業者ならそうした即戦力を求めているサロンでも働くことができるため、就職に有利だと言えます。

 

また資格を保有していると、「資格手当」をもらえる可能性があるのも大きなメリット。当然資格は就職してからも取得できるのですが、働きながら資格の勉強をするのは大変です。初めから基本給に資格手当がつくスクール卒業者は、待遇面でも優遇されていると言えますね。

高校生でもなれるの?

ネイリストの資格は、義務教育を修了していれば誰でも取得できる権利があります。つまり、中学校までを卒業していれば資格取得してネイリストになることが可能です。

高校在学中に、放課後や土日のお休みを利用してネイルスクールに通ったり通信教育で勉強したりして資格を取得すれば、高校を卒業してすぐにネイリストになれます。

卒業を待たず1日でも早くネイリストになりたい場合には、高校を中退してネイリストを目指すことも可能です。

ネイリストになる前に知っておきたい知識

ネイリストの仕事内容

ネイリストの仕事は、お客様の手や爪を美しく見せるためにさまざまなお手入れをしていくことです。通常のサロンワークとは別に、店内の掃除や用具の手入れなどの雑用も行います。

サロンによっても異なりますが、お客様1人にかける時間は大体1時間半~2時間程。

お客様全員の接客が終わったサロン閉店後にも、経験の浅いネイリストは技術向上のための練習をしたり自分でデザインを考えてネイルチップを作成したりという仕事もあります。

ネイリストの休み

ネイリストの休みは平均して月に6~8日ほど。

美容師やエステティシャンの休日数と大体等しく、美容業界だと平均的な休日数といえます。接客業のため平日に休みになることが多いですが、最近では土日休みOKなサロンや日曜が定休のサロンも増えてきています。

貴重なお休みを、ネイリストたちは話題のスポットに足を運んだり、美術館やアトリエに行って新しいデザインを考えたり、たまにはゆっくり1日家で寝て過ごしたりしています。

ネイリストの給料

低いというイメージを持たれることも多いネイリストの給料ですが、平均年収は300万円ほど。基本給とは別に歩合給やボーナスがあるサロンもあるので、働くサロンによっても大きく異なってきます。

また、20代は200~240万円、30代は300~360万円、40代になると220~260万円と、年齢によっても異なります。

店長になったり独立して自分のお店を持ったりするとさらに給料も変わってきます。

ネイリストとして収入アップを狙うなら、スクールに通って知識や技術を高めるのも1つの方法ですね。

まとめ

美容業界の中でも、比較的資格や経験がなくても働きやすいのがネイリスト。とはいえ華やかなだけの仕事ではなく、接客業なので気疲れもあり、一日中座りっぱなしで神経を使う仕事でもあるので中途半端な気持ちで働き始めても途中でつらくなってしまいます。

「ネイリストとして働いてみたい!」という強い気持ちがあるのなら、まずは近くのネイルスクールについて調べたり実際に働いている人の話を聞いたりしましょう。

良い面だけでなく悪い面も知ることでさらに仕事に対する知識も深まり、実際に働いていく中でもそこまでギャップを感じることもなくなるはず。

あなたに一番合った方法で、ネイリストとしての一歩を踏み出してみて下さい。

 

画像出典:Ben Hosking / 2011_2809 - Hand Images_2(from Flickr, CC BY 2.0)Channing in The City / Michelle Shapiro Getting Her Nail Polished Pretty(from Flickr, CC BY 2.0)DIYNailArtDesigns / IMAG0928(from Flickr, CC BY 2.0)

ネイリストになるための情報まとめ

北海道・東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄
その他