美容スペシャリストな自分になるために

2016年11月17日更新

アイリスト

アイリストという職業――仕事内容・求人・なるには・給与・資格 etc


アイリストとは、まつ毛のケアをする専門家のこと。最近ではまつ毛パーマや人工まつ毛を装着する“まつ毛エクステ”が普及し、誰もが嗜むオシャレになってきています。そのためアイリストを目指す人も多くいますが、実は美容師免許の取得が義務付けられていたりとなかなかハードルの高い仕事です。このページではアイリストになりたい人の参考になるよう、給与や資格、求人情報などへのリンクを掲載しています。

アイリストになるには

アイリストを目指す上で、避けては通れないのが美容師免許の取得です。美容師免許を取るためには美容師試験に合格する必要があるのはもちろん、厚生労働省の認可する美容学校に通って最低2年就学しないと受験資格を得られません。美容学校には美容系の専門学校など様々な種類がありますが、アイリストの勉強に専念するため、アイラッシュスクールに通うという人が多いようです。そこではアイリストになるための専門的な知識や技術が学べる上、美容師免許の取得もサポートしてもらえます。とはいえ、アイリストとしての知識や技術がなくても、美容師免許さえ持っていれば入社するチャンスはあるので、入社後の研修でスキルアップしていくのも一つの手だと言えるでしょう。

求人

アイリストが働く場所といえばアイラッシュサロンですが、そのほかまつ毛エクステを行っている美容院やエステサロンなどでも求人があります。最近ではまつ毛エクステの人気がとても高く、導入する店舗が増え続けていると言われているのですが、それに対してアイリストの数は足りていないのが現状です。美容師免許の取得が必須であることからも、そう簡単に就ける仕事ではないため、技量のたしかなアイリストは引く手あまたになっているようす。基本的には待遇も恵まれていて、美容師から転職する人も多くいます。まずは自分に合った働き方ができる職場を探してみてください。

給与

美容業界の中でも飛びぬけて待遇がいいと言われる、アイリストという仕事。ではその給与はどのくらいなのでしょうか? 相場としてはアルバイトで時給1,000円以上、正社員として登用されると初任給が月給18万円ほどになるようです。店舗の規模によっては月給20万円以上というところも珍しくなく、店舗内で実力が認められ、ランクが上がれば月給30万円以上になることも。さらに歩合制を取り入れている店舗も多いので、アイリストとしてのスキルやコミュニケーション能力を磨いてお客様からの指名を増やせばお給料もアップ。実力が収入につながってくるという点ではアイリストも美容業界の他の仕事と変わらないようです。

検定・資格

アイリストとして働くために必須となるのは美容師免許だけですが、実際にはその他にも様々な民間資格が発行されています。多くのアイリストはそうした民間資格を取得することで自分のスキルを証明して、就職の際に役立てているようです。主要な資格試験としては安全衛生面に特化した「まつ毛エクステンション衛生管理士認定試験」や、知名度が高くサロンの採用条件になっているところもある「アイデザイナー技能検定試験」などがあります。また、検定試験の内容としては筆記試験や実技の審査が一般的に行われているようです。実技の審査ではモデルを自分で用意する必要があるので、あらかじめ試験の概要を確認しておきましょう。

スクール

アイリストとして働くためには美容師免許のほか、まつ毛エクステなどに関する専門的な知識や技術が必要になります。そこでアイリストを目指す人が通うのが、アイラッシュスクールです。アイラッシュスクールにはすでに美容師免許を持っている人向けのものと、美容師免許の取得からサポートしてくれるものの二つがあります。後者の場合にはアイリストとしての技術を磨くだけでなく、美容学校に通うことも必要になるため、その分費用が高額に。また、卒業までにかかる年数も2~3年ほどと長くなるので、そこまで含めて将来的な計画を立てておくことをオススメします。

美容師免許

そもそもなぜアイリストとして働くには美容師免許が必須なのでしょうか? その背景にはまつ毛エクステのブームがありました。自毛に人工毛をつけることで、まつ毛を長く美しく見せるまつ毛エクステですが、デリケートな目元の施術なのでリスクも伴っています。しかしまつ毛エクステのブームが起きた当初は無資格で施術が行われていたため、目元に怪我を負ってしまう人が続出したんですね。そこで厚生労働省は2008年に、まつ毛エクステの施術には美容師免許が必須だと正式に通達したんです。「アイリストを目指すのに美容師向けの勉強をしなきゃいけないの?」と疑問に思う人もいるかもしれませんが、アイラッシュスクールには美容師免許の取得を支援してくれるところもあるので、興味がある人は調べてみてください。

アイリストの関連求人

アイリストになるための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。

10周年サンクスキャンペーン、総額1000万円プレゼント