美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.09.12

ネイリスト

梅宮アンナは15万円! 月々のネイル代

世間の女性が月々にかけるネイル代について取り上げます。『バラいろダンディ』で梅宮アンナが明かした高額ネイル代や世間の声などについて紹介。自分のネイル代が高いのか安いのか、気になる人はぜひ参考にしてください。

梅宮アンナのネイル代は月15万円!?


女性が美しさを保とうと思えば何かとお金がかかるもの。ただ、月にどのくらいお金をかけるかは人それぞれで、自分の懐事情と相談しながら決めている人が多いと思います。特に人に見られる仕事をしている芸能人は、美容にかなりお金をかけている人も多いようす。
 
8月28日に放送された『バラいろダンディ』では、今年5月の選挙で勝利し、フランス大統領に就任したエマニュエル・マクロンの美容経費について取り上げました。マクロン大統領は3カ月の間に散髪、コスメ購入、エステなどの美容経費として340万円ほどを使用。必要経費として計上していたということで問題になりました。このニュースについてコメントを求められた漫画家の倉田真由美は、「一般の感覚からしたらすごく高いと思うけど、人によっては『それぐらいかかるわよ』っていう人もいるってわかったし。ねえ、アンナちゃん」とコメント。
 
梅宮の美容費については出演者の間で話題になっていたようで、MCの蝶野正洋は「アンナちゃんは月に大体どれくらい?」と興味津々。梅宮は「大体ネイルだけで15万円」と明かしたのですが、これにはスタジオから「えー!」「マジで言ってるの?」と驚愕の声が。またカラーリングのために頻繁に美容室にいくということで「それ(美容室)だけで10万円とか…」と明かしています。
 
これには驚いた視聴者も多く、「うわぁ、お金かけられて羨ましい!」「さすが芸能人だね」「ネイルってそんなにお金かかるものなの!?」「私のネイル代の10倍はかかってるのね。驚愕」といった声が数多く上がっていました。

1万円が基準? 世間の女性がネイルにかける金額

では、世間の女性たちはネイルにどのくらいお金をかけているのでしょうか? あるネットの質問サイトでは、20代の主婦がネイル代について質問をしています。その女性はなるべく手ごろな値段でネイルをできるお店に通っているそうで、毎月のネイル代は5,000円ほどだとか。ただ、同じ店に来店した年配女性に話を聞いたところ、年配女性の20代の娘は月に1万円以上かけていることが発覚。質問者は「20代の女性って、ネイルに結構お金かけてる人が多いの?」と驚いたようです。
 
ネイル代についてはネット上に様々な声が上がっており、「主婦ですが、月に1回ジェルネイルに通っていて、1万円前後。デザインなどによって値段は多少上下します」「27歳ですが、大体1万円はかけますよ」と、1万円を基準にしている人の声が多く見られました。中には「セルフネイルするのが楽しいので100円ショップで材料を買って格安で済ませてる」という人も。
 
また、ネイルサロンにお金をかける理由として、「仕事中にキーボードを打つ指先が可愛いとテンションが上がるから、お金をかける価値があると思う」「自分ではできないデザインや取り扱いの少ないパーツがあるお店だと高くても行ってしまう」「手に年齢が出てくるから、せめて爪だけでも綺麗にしておきたい。ネイルサロンに定期的に行っていると所帯じみた感じがしない」と、様々な意見が見られました。
 
さすがに一般の人でネイル代が10万円を超える人はあまりいないようですが、多くの女性がネイルを美しく保ちたいと考えているようです。金額設定によってデザインやサービス内容がどのように違うのか、色々なサロンを試してみるのも面白いかもしれませんね。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

ネイリストの仕事に就くための情報まとめ

ネイリストも憧れる!? 有名ネイルアーティストのデザインをチェック!

ネイリストによってデザインやテクニックが大きく異なるネイルアート。ネイリストという範囲に留まらず、芸能人のネイルや雑誌などで使われるネイルデザインを担当する“ネイルアーティスト”として活躍する人も多くいます。

通信講座でネイリストを目指す! そのメリット・デメリットや格安通信講座まで!

美容師とは違って、ネイリストになるため必須となる資格などはありません。とはいえお客様にネイルアートを施すために高い技術が求められますし、ポリッシュやジェルネイルなどネイルには様々な種類があるのでそれを上手く使うための知識も必要です。

ネイリストという職業――なるには・資格・検定・求人 etc

人の指先を美しく彩るネイルの専門家・ネイリストといえば、今や女性にとってはお馴染みの職業ですよね。その仕事内容はジェルネイルやポリッシュなどを用いてネイルアートを施したり、爪をケアしたりと奥が深いもの。ここではネイリストになる方法や必要な資格、求人情報などへのリンクをまとめています。

ネイリスト検定のモデルはこんな人にやってもらいたい! モデルの条件と注意点とは?

ネイリスト検定において、爪を施術するためのモデル選びはとても大切。上級の検定試験では、モデル探しで妥協したために不合格になるということもありえます。そのため、ネイリストとしてステップアップしていくには、良いモデルを見つけてその協力を得ることが必要不可欠です。

資格なしでネイリストとして働く方法&資格取得のメリットとは

美容業界には「美容師」や「ネイリスト」、「エステティシャン」などさまざまな職種があり、資格の数も豊富。ですがネイリストには特に資格がなくても働けるサロンが多数あって、実際に「資格なし」で働いている女性も多いようす。中には主婦と両立して働いている人もいるそうですよ。

減点される身なりは避けよう! ネイリスト検定に向いた服装や髪型

どんな試験でも試験官や他の受験者から見られることになるので、その身なりについては悩みどころですよね。特に“美”に関わる業界で、受験者やモデルも女性が多いネイリスト検定。そこではきれいに見られたい、オシャレに見られたいという気持ちで試験に臨まれる方も多いはず。

ネイリストの資格の代表格! 日本ネイリスト検定試験センターの「ネイリスト技能検定試験」に迫る!

多くの女性が憧れるネイリスト。もちろんなるには資格が必要でしょ? と思っている人が多いかもしれませんが、実は資格が何もなくてもネイルアーティストにはなれるのです。 しかし、ネイルサロンなどへ就職する時には、条件に資格取得者を掲げているところがほとんど。そのため、ネイリストの勉強をするのと同時に、資格に挑戦する人が多いようです。