美容スペシャリストな自分になるために

2016年5月17日更新

ネイリスト

憧れのネイリストになるために! 自分にピッタリのスクールの選び方


女性に人気のネイルのお仕事。「将来はネイリストとして働きたい」「今は他の仕事をやっているけれど、やっぱりネイルの仕事がしたい!」と、幅広い年代の女性が憧れる職業ですよね。また、特別な資格が必要ないというのも人気の理由です。
 
でも、爪やネイルに関する知識や技術があったり、検定や資格を取得していれば、就職時や開業時にも役立ちます。そのために専門学校やスクールへの入学を考えている人が多いと思いますが、みなさん選び方は知っていますか? 入学した後に「自分の思っていた内容と違った…」なんてことにならないために、スクール選びのポイントを知っておきましょう。

まずは何をしたいのかを考えてみよう!

学校やスクール選びを始める前に、まずは自分が何をしたいのか、どうしていきたいのかをじっくり考えてみましょう。そして、今後やっていきたいことを基準にしながら、自分に合ったスクールを探していきます。具体的な部分まで考えていた方がスクールも選びやすくなりますよ。
 
例えば、就職や転職のために必要な資格があるため、コンテストで入賞できるようにネイルアートの技術を極めていきたいためなど。それとも、セルフネイルができるようになれればよいのか、などなど。サロン就職を目指す人は就職したいと思っているお店の求人などを見て、求められるスキルや検定の確認をしておくとより良いでしょう。
 

メインはやっぱり授業内容!

やりたいことが決まったらさっそくスクール選び開始。選ぶ時の最も大きなポイントは“授業の内容”ですが、ここでは大きく3つに分けてご紹介します。

セルフネイルコース

初心者のためのセルフネイルコースでは、ネイルケアやカラーなどの基礎的な知識と技術を学ぶことができます。セルフネイルコースの中でも、ネイル全般の基礎知識を学べるものや、ジェルネイルに特化した内容のものも。トータルの授業時間は30~50時間程度で、安いところであれば数万円の費用で受講可能。また、認定校であればネイリスト検定3級の試験のための勉強や対策も含まれています。

ネイリスト養成コース

こちらはプロのネイリストを目指す人のためのコース。専門学校の場合はネイリスト専門のコースと美容コースの中でネイルの勉強をする方法が代表的です。全日制で2年の就学が一般的であり、学費の相場は200万円程度。一方ネイルスクールに通う場合は、同じプロでも、授業内容や取得できる検定や資格の種類によって授業時間と費用が変わってきます。授業時間の合計は200~300時間で、数十万円程度の費用で済むコースもありますが、ほとんどのコースが100万円以上かかるようです。

特化型コース

ネイリスト検定1級に合格したい! ジェルネイルの技術を極めたい! など、特定の目標を持っている人にオススメのコース。中にはネイリストの講師やコンテストへの入賞を目指す人のためのコースなど、高い技術を育成するコースも用意されています。こちらは特定の分野や内容を勉強するので、30~60時間程度と授業時間も限定されており、費用も数万円から、高くても30万円ほどです。
 

授業内容以外のポイントも要確認!

学費

上述したように、学校によっては100万円以上の費用が発生します。ここで大切なのが、トータルの金額だけでなく、内訳まで確認しておくこと。授業料や講習代のほかに、授業で必要になるテキスト代や材料費が含まれているかということも確認しておきましょう。また、支払い方法もポイントのひとつ。スクールによっては月謝制や分割払いができるコースもあるので、「費用が高くて一度に全額はムリ…」という人にオススメです。

トータル授業時間/授業の日程

専門学校の場合はほとんどが全日制ですが、スクールにはクラス制とフリー授業の2つの種類があります。事前に決められた曜日や時間帯に受講するクラス制では、同じ先生や同じ生徒同士で勉強を進めていきます。対してフリー授業は、自分の都合の良い時間に受講できます。授業ごとに先生や生徒が変わるので、いろんな先生の指導を受けることができます。しかし生徒によって授業で行う練習内容が異なるので、フリーの場合は少人数クラスがオススメ。自分の生活スタイルや働き方に合わせると、学びやすいかもしれませんね。

認定校かどうか

検定合格や資格取得を目指すコースや授業に試験対策が含まれている場合には、試験を実施する団体から認定を受けているかどうかをチェックを忘れずに。できる限り認定を受けた学校やスクールを選ぶようにしましょう。
 

体験入学や併設サロンを利用してみる

情報を集めるだけではなく、学校やスクールの雰囲気にも触れてみましょう。体験入学やオープンスクールも良いですが、学内サロンや併設サロンを利用してみるのもオススメ。生徒がどんな風に働いているのか、どんなデザインをしているのかなどを実際に見ることができます。
 


 
 
学校やスクールを選ぶ時にはなるべく多くの情報や資料を集めるとともに、体験入学や併設サロンを利用しながら比較してみましょう。こうすることで、スクールやコースの特徴や違いがハッキリします。自分が納得のいく勉強や練習をするために、ぜひピッタリのコースを見つけてくださいね。

ネイリストの関連求人

ネイリストになるための情報まとめ

ネイリストも憧れる!? 有名ネイルアーティストのデザインをチェック!

ネイリストによってデザインやテクニックが大きく異なるネイルアート。ネイリストという範囲に留まらず、芸能人のネイルや雑誌などで使われるネイルデザインを担当する“ネイルアーティスト”として活躍する人も多くいます。

通信講座でネイリストを目指す! そのメリット・デメリットや格安通信講座まで!

美容師とは違って、ネイリストになるため必須となる資格などはありません。とはいえお客様にネイルアートを施すために高い技術が求められますし、ポリッシュやジェルネイルなどネイルには様々な種類があるのでそれを上手く使うための知識も必要です。

ネイリストという職業――なるには・資格・検定・求人 etc

人の指先を美しく彩るネイルの専門家・ネイリストといえば、今や女性にとってはお馴染みの職業ですよね。その仕事内容はジェルネイルやポリッシュなどを用いてネイルアートを施したり、爪をケアしたりと奥が深いもの。ここではネイリストになる方法や必要な資格、求人情報などへのリンクをまとめています。

ネイリスト検定のモデルはこんな人にやってもらいたい! モデルの条件と注意点とは?

ネイリスト検定において、爪を施術するためのモデル選びはとても大切。上級の検定試験では、モデル探しで妥協したために不合格になるということもありえます。そのため、ネイリストとしてステップアップしていくには、良いモデルを見つけてその協力を得ることが必要不可欠です。

資格なしでネイリストとして働く方法&資格取得のメリットとは

美容業界には「美容師」や「ネイリスト」、「エステティシャン」などさまざまな職種があり、資格の数も豊富。ですがネイリストには特に資格がなくても働けるサロンが多数あって、実際に「資格なし」で働いている女性も多いようす。中には主婦と両立して働いている人もいるそうですよ。

減点される身なりは避けよう! ネイリスト検定に向いた服装や髪型

どんな試験でも試験官や他の受験者から見られることになるので、その身なりについては悩みどころですよね。特に“美”に関わる業界で、受験者やモデルも女性が多いネイリスト検定。そこではきれいに見られたい、オシャレに見られたいという気持ちで試験に臨まれる方も多いはず。

通信講座でネイリストを目指す! そのメリット・デメリットや格安通信講座まで!

美容師とは違って、ネイリストになるため必須となる資格などはありません。とはいえお客様にネイルアートを施すために高い技術が求められますし、ポリッシュやジェルネイルなどネイルには様々な種類があるのでそれを上手く使うための知識も必要です。

ネイリストの資格の代表格! 日本ネイリスト検定試験センターの「ネイリスト技能検定試験」に迫る!

多くの女性が憧れるネイリスト。もちろんなるには資格が必要でしょ? と思っている人が多いかもしれませんが、実は資格が何もなくてもネイルアーティストにはなれるのです。 しかし、ネイルサロンなどへ就職する時には、条件に資格取得者を掲げているところがほとんど。そのため、ネイリストの勉強をするのと同時に、資格に挑戦する人が多いようです。

10周年サンクスキャンペーン、総額1000万円プレゼント