美容院ではトラブルがつきもの!美容師によくあるクレーム

美容院ではトラブルがつきもの!美容師によくあるクレーム

Kevin Dooley / Terror (from Flickr, CC BY 2.0)

接客業において、避けては通れないのがお客様からの「クレーム」。もしその原因がお店のほうにある場合は、誠意をもって対応しなければなりません。しかし、中には常識的にはありえないと感じる、言いがかりのようなクレームをつけられてしまうケースも…。

 

美容業界でも、様々な理由でクレームが発生します。これまで一度も失敗したことがない、お客様に文句を言われたことがないという美容師はいないのではないでしょうか。ここではサロンでよくあるクレームと、クレームを防ぐための注意点を見ていきましょう!

切りすぎ注意! カットのクレーム

カット後の髪が短すぎる!

サロンへのクレームで一番多いのは、カット後の髪が短すぎるというクレームではないでしょうか。長すぎるという場合には、もう一度切りなおせば済む話ですが、短く切りすぎてしまった髪はまた生えてくるまで待たなくてはなりません。きちんと確認しながらカットしていけば、切りすぎることを防げるようにも思えますが、施術の時間は限られているもの。時間内にぴったりの長さにカットするためには、相当な技術が必要です。

軽くされすぎてしまった

髪の量を減らす場合は、スキバサミを使ってザクザクと切っていきますが、この時の「減らし具合」で失敗が起こりやすいようです。髪の長さについては、何センチくらいと数字ではっきり表すこともできるため齟齬が生じにくいですが、髪の量を表現するのは難しいもの。クライアントの要求も「ちょっと軽くしてください」など、ざっくりした表現になってしまい、意思の疎通のズレが起こりやすいようです。

 

Regan Walsh / mead-fueled anger (from Flickr, CC BY 2.0)

個人差があって難しいカラー・パーマのクレーム

ヘアカラーが染まりすぎてしまった

カットと並んで多い、ヘアカラーに関するクレーム。色が明るくなりすぎてしまったり、染まり方にムラが出てしまったり、わずかな時間で色が落ちてしまったり…カラーのトラブルにも様々な理由があるようです。ここで難しいのは、お客様の髪質の問題。ヘアカラーは事前にチャートで色を確認できますが、髪質によって実際の染まり方は異なります。ヘアカラーに失敗すると、再度の染め直しで髪が痛んでしまうため、返金を求められるケースも…。

パーマの強弱について

キレイなウェーブをかけたかったのにパーマが強すぎてしまったり、全然ウェーブがかからなかったりと、パーマでの失敗も多いようです。パーマは、髪の毛に相当な負担がかかるもの。施術前からすでに髪が痛んでいると、チリチリになってしまうことも…。同じ施術を行っても、全ての人が同じ仕上がりになるわけではないのが難しいところです。

 

chris m. / if your hair is relaxed, white people are relaxed. if your hair is nappy, they're not happy. (from Flickr, CC BY 2.0)

美容師のせい…? イメージどおりにならなかったというクレーム

「写真のアイドルみたいにならなかった」「小顔になるようにしてといったのにならなかった」「ぜんぜん似合わないから返金して!」といったような、思い描いていた姿になれなかったというクレームはとても多いようです。カット・カラー・パーマといった施術での失敗は、サロン側の非がはっきりしている場合もありますが、イメージとのズレという問題は対応が難しいところ。美容師側からすれば、注文どおりに施術したのに…という心境ですよね。

お客様とサロンの板ばさみ!? 美容師を悩ませるクレーム

サロンで販売しているシャンプーやトリートメントなどの美容用品も、サロンの大事な収入源。美容師やアシスタントは施術だけでなく、美容用品の販売も求められ、サロンによっては厳しいノルマが課せられているところもあるそうです。その営業をしつこいと感じたお客様からクレームが入ることは多いよう。美容師はサロンと大切なお客様との間で、板ばさみになってしまいます。

 

また、担当美容師の性別に文句を言われたり、「カットが下手だった」というどうしようもないクレームが入ってしまうことも…。他のサロンに行ってくれ! と言いたくなるかもしれませんが、クレームで心配なのは返金よりも、むしろサロンの悪評が立ってしまうこと。現在はSNSなどで情報がどんどん広がっていく時代なので、理不尽なクレームにもていねいに対応しなければなりませんね。

 

クレームを防ぐにはお客様とのコミュニケーションが重要!

施術に関する失敗は即クレームにつながり、返金を求められることもあります。お客様にとっては取り返しのつかないことなので、当たり前ですよね。失敗の原因は、単純に美容師の技術不足ということもありますが、むしろお客様とのコミュニケーション不足が引き金となることが多いようです。

 

トラブルを避けるため、髪にダメージを与えるカラーやパーマを行う際には、起こりうる失敗の可能性をあらかじめきちんと説明しましょう。お客様の髪質によっては、施術を行わないという判断も必要になるかもしれません。また、事前の打ち合わせをしっかり行っておけば、イメージと仕上がりのズレを防ぐこともできるのでオススメです!

 

切りすぎやクレームを防ぐ美容師の「カウンセリング」

お客様との間にクレームが発生する理由は様々なよう。完全にクレームを防ぐことは難しいかもしれませんが、少しでも減らすためにはカット前にお客様の要望を聞き取る「カウンセリング」が非常に重要です。それではどのようにカウンセリングを行うのが有効なのでしょうか。

 

まず「思ってたデザインと違う!」といった技術的なクレームをなるべく防ぐには、カウンセリングを細かく行うことが重要。「どれ位の長さにしたいのか」「髪のボリュームを増やしたいのか、抑えたいのか」などの大まかなイメージから、最終的なヘアスタイルの完成形までしっかり聞き取ることが重要です。できれば言葉だけでなく、ヘアカタログなどを使って視覚的にお客様とイメージを共有するのがおススメ。中には初来店でヘアスタイルを「おまかせ」と注文するお客様もいますが、クレームを防ぐため出来る限り髪型の希望を聞き出しておきましょう。

 

また髪型に関するカウンセリングをした後には、しっかりと施術内容の説明を行うこと。お客様にその後どんな流れで施術が進むのか事前に伝えたほうが、施術中にトラブルが生じる可能性が少なくなるでしょう。説明時には専門用語をなるべく使わないように注意して、誰もが分かるような言葉に置き換えることが大切です。

 

そのほか、施術にかかる時間と料金についての説明も行っておきたいところ。施術が終わった後に「想定してた値段と違う!」とクレームになることもあるので、とくに初来店のお客様にはお店のシステムについて丁寧に説明しておきたいですね。

切りすぎた時は何て謝罪? 美容師のクレーム対応法

もし実際にお客様の髪を切りすぎてしまい、クレームを受けたらどんな風に対処すれば良いのでしょうか。まず大切なのは“その場ですぐに謝罪すること”。お客様からミスを指摘された際にあいまいな反応を見せると、相手に与える印象がさらに悪くなってしまうことも。謝罪の気持ちが伝わるようなリアクションを心掛けましょう。

 

また謝罪をする際には、「なぜそうなったのか」という理由や経緯をきちんと説明するのがおススメです。ただ謝罪を繰り返すよりも、誠意をもって対応しているという印象を伝えられるはず。

 

もし自分に権限があるなら施術料金を無料にしたり、シャンプーやリンスをお詫びの品として渡すのも一つの手。必要ならオーナーや店長に対応を代わってもらったりと、臨機応変に動いてトラブルを最小限に抑えましょう。

   

美容師の仕事は、お客様をキレイにすること。お客様は、こんなヘアスタイルになりたいという希望を持ってサロンにやってきます。しかし、なりたい姿と仕上がりがかけ離れてしまうと、クレームのきっかけに。コミュニケーションをしっかりと行い、ていねいな施術を心掛けましょう。中には理不尽なクレームもありますが、それに負けず美容師としてレベルアップしていけるといいですね。

美容師になるための情報まとめ

美容師の仕事内容や一日の流れって?

美容師は華やかでかっこいいというイメージがありますが、過酷なスケジュールで働いているのも事実です。そんな美容師の一日のスケジュールをご紹介いたします。

美容師のスタイリストの実態!気になる給料ややりがいって?

サロンの中でたくさんのお客様から指名を受けて笑顔で生き生きと働くスタイリストは、アシスタントたちにとっての憧れの存在。そんなスタイリストになるには、一体どうすれば良いのでしょうか

意外と知らない、美容師のお休み事情

多くのサロンが定休日を月曜休みとしていますが、なぜ美容師は月曜に休みをとるようになったのか、その歴史や原因についてご紹介します。

美容師のお給料が安いってホント!?役職別に給料・年収の実態を知ろう!

今回は美容師の給料・年収について紹介していきます。スタイリストやアシスタントなど、役職別の給料についても紹介していくので、「キャリアアップのモチベーションが出ない…」という人はぜひ読んでみてくださいね。

美容師に向いている人ってどんな人?

美容師に向いている人は、どのような人でしょうか。今回は、美容師に向いている人はどのようなタイプの人かをご紹介いたします。

共感必至! 意外と多い“美容師・美容室あるある”

“美容室あるある”について取り上げていきます。美容室でのやりとりがTwitterで話題になったことや、多くの人が経験した“美容室あるある”をご紹介。「美容室で戸惑うことが多い」という人は要チェックです。

集客や指名を増やすためには、ファッションも重要!? オシャレに気を遣って美容師力をアップさせよう!

美容師を目指している皆さんは、将来的に技術や接客のスキルを上げることはもちろん、オシャレな美容師であることを目指している人も多いと思います。「美」を扱う美容師という職業であれば、自分自身の見た目に気を遣うのは当然のことですよね。

美容師になるには?必要な条件を知ろう!

美を扱う仕事というのはいつの時代もあこがれの職業。その中でも特に人気なのが美容師です。しかし、美容師という職業は美容室に勤務するだけではなれません。美容師として仕事をしていくためには、美容師としての免許が必要なのです。

美容師を目指す人へ!最初のステップは美容専門学校を選ぶことから始めましょう

“美容師”と言えば、華やかな世界で活躍しているイメージが強いですよね。その世界に憧れて「誰かをキレイにしてあげたい!」という思いから、美容師を目指す人も多いはず。

美容師資格は取得しやすい?「美容師国家試験」の内容や合格基準を大公開!!

毎年2万5千人以上もの人が受験する“美容師国家試験”。この中の多くの人が、美容師国家試験を受けて、4月からそれぞれのサロンで働き始めています。しかし、実際に全員が全員受験するわけでも、合格するわけでもありません。

美容師になるための最終ステップ「美容師国家試験」について、一から学んじゃおう!

美容師になるために絶対に必要なのが“国家資格”です。美容学校での勉強や、サロンで仕事をいくら頑張ったとしても、国家資格がなければいつまでもアシスタント止まりになってしまいます。

美容師試験に合格したらすぐに美容師免許の申請スタート!初申請の方法やポイントとは?

美容師になるにはスキルやセンスを磨くことも大切ですが、まずは美容師の国家試験に合格することが大切です。厳しい練習や勉強の末に試験に合格できれば、晴れてアナタも美容師に。意気込むのは良いですが、美容師免許の申請はお済みですか?

あなたもワンランク上の美容師を目指しませんか?スキルアップの道をご紹介!

美容師にはカットの技術だけでなく、お客様により喜んでいただくためのさまざまなスキルセットが求められます。そこで今回は「今後、美容師としてどうスキルアップしていけばいいの?」と壁にぶつかっている方に、スキルアップしていくための具体的な方法などをご紹介します。

30代からでも遅くない! ブランクから復帰して美容師になる方法とは?

今回はブランクから復帰して美容師になる方法をご紹介。技術や知識を取り戻す方法、ブランクがあっても働きやすいサロンなどを紹介していきます。最近は子育てをしながら職場復帰して美容師として活躍している人も多いようなので是非参考にしてみてください。

美容師の魅力・やりがいって何?

見た目も華やかで、おしゃれなイメージの美容師。美容師にとっての魅力、やりがいとは何でしょうか?今回は「美容師の魅力」についてご紹介します。

美容師の裏側の本音に関して

現役美容師の本音とはどのように思っているのでしょうか。今回は、現役美容師達の仕事の大変さと本音や裏側について紹介します。

美容師になって良かったこと、大変なことって?

憧れの美容師。美容師になるとどのようなことが待ち受けているのでしょうか?今回は「美容師になって良かったこと」「美容師になって大変なこと」などをご紹介します。

美容院ではトラブルがつきもの!美容師によくあるクレーム

美容業界では、様々な理由でクレームが発生します。これまで一度も失敗したことがない、お客様に文句を言われたことがないという美容師はいないのではないでしょうか。ここではサロンでよくあるクレームと、クレームを防ぐための注意点を見ていきましょう!

美容師辞めたい。辞める、続けるの判断ポイントとは!?

美容師の仕事時間はお客様の予約状況に左右されることがあるので、確かに忙しい日はランチを取る時間もないほどです。もちろん営業中は座って休むこともできません。また、アシスタント時代はお店の営業前や営業後に技術練習があり、朝早くから終電近くまで

未経験者歓迎の美容師求人一覧

美容師になりたい方の中には「資格を持っていても実際に業務をこなしたことはない」という方がほとんど。しかし、全国の美容師求人は増えており、中でも未経験を積極的に採用するものが多いです

土日休みOKの美容師求人一覧

通常、忙しい美容室では土日祝日が休日にあたることは少ないものの、希望休制度やバースデイ休暇など休暇制度が充実しているところが多いです。

研修制度ありの美容師求人一覧

【研修制度あり】美容師、美容室の求人・転職・募集の一覧ページ。美容師の求人情報探しなら【美プロ】。

歩合ありの美容師求人一覧

【歩合あり】美容師、美容室の求人・転職・募集の一覧ページ。美容師の求人情報探しなら【美プロ】。

美容師にとっておすすめの就職時期って?

美容師の就職活動や転職活動をするに当たって気になることの一つが“時期”です。いつ就職するのがサロンにとって嬉しいのか、いつ活動を始めるのが有利なのか、どうせなら有利に仕事を決めたいですよね。

美容師の履歴書の書き方!手書きと印刷どちらがいいの?

面接で必ず必要になるのが履歴書です。あまり履歴書を書いたことがない方、転職は初めてなんだけど職歴書って何を書いたらいいの?とお困りの方など必見です。ここでは美容師の履歴書の書き方について見ていきましょう。

美容師の職務経歴書を書くときのポイント!

履歴書とは別に、自分の今までの経験を記入して作成するのが“職務経歴書”です。採用担当者が一番に知りたいことは「どんなサロンでどんな働き方をしていたか」ということ。自分の今までの経験を上手く伝える為に、どんな書き方をするのが良いのでしょうか?

美容師の面接対策って?準備する方法を教えます。

美容師になるために、避けて通れないのが面接です。面接ではさまざまな質問を受けることになります。その質問の中には、「どう答えて良いのか分からない」というような難しい質問も含まれるので、前もって準備しておくことが大切です。

美容師の面接で大事な「志望動機」新卒・経験者など立場ごとに例文も紹介!

美容師の面接では「技術」はもちろんですが、「やる気」や「コミュニケーション力」を重視しているサロンが多いです。特に新卒・未経験から入社する場合には、たとえ技術が伴わなくとも積極的に学ぶ意欲があることをアピールできれば採用に繋がりやすくなるでしょう。「絶対にこのサロンで働きたい!」という思いを志望動機で伝えていくことが重要になります。志望動機は、その美容師の人間性を表します。

美容師面接での逆質問!なにをすれば評価が上がるの?

書類選考が通ったあとには、やっと面接本番です。緊張が続く質問の時間が終わって、最後に逆質問タイム。「それでは逆に何か質問はありますか?」という面接官の一言に、一体何を聞けばいいのだろう・・・と悩んでしまったことがある人も多いはず。

美容師の面接で聞かれる質問50!よく聞かれる質問は

何を聞かれるのか、何を話せばいいのか不安な面接。「質問に答えられなかったらどうしよう」「パニックになって頭が真っ白になりそう」など、何を聞かれるのか分からず、何の準備もしないまま面接に臨んだらしどろもどろな受け答えになってしまうかもしれません

美容師の求人・転職情報を探す

美容師の関連求人